フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃

フリードリヒドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。

1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。

フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。

1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。

子女[編集]

フリードリヒと妻シャルロッテは12人の子女をもうけた。

先代:
エルンスト・フリードリヒ3世
ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公
1780年 - 1826年
次代:
-
先代:
-
ザクセン=アルテンブルク公
1826年 - 1834年
次代:
ヨーゼフ