フリーヴェフィスケン級哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フリーヴェフィスケン級哨戒艇
Danish HDMS Viben (P562) cropped.jpg
P562「ヴィベン」。対水上・対潜戦型に属する。
基本情報
種別 哨戒艇/ミサイル艇
就役期間 1989年〜現在
要目
基準排水量 320 t
満載排水量 480 t
全長 54 メートル (177 ft)
最大幅 9メートル (30 ft)
吃水 2.5メートル (8.2 ft)
機関方式 CODAG方式
MTU 16V396 TB94
 ディーゼルエンジン×2基
GM LM500
 ガスタービンエンジン×1基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 ディーゼル: 計5,667bhp
ガスタービン: 5,453 shp
速力 30 ノット (56 km/h)
航続距離 3,860海里 (18kt巡航時)
乗員 20〜30名
搭載艇 複合艇×1隻
テンプレートを表示

フリーヴェフィスケン級哨戒艇デンマーク語: Patruljefartøjer af FLYVEFISKEN-klassen)はデンマーク海軍哨戒艇スタンフレックス300型(SF-300 class)とも称される。全14隻が建造されたが、のちに3隻はリトアニアに売却された。

概要[編集]

本級は、大規模にスタンダード・フレックス・コンセプトを適用されたことで知られている。スタンフレックス・コンセプトとは、各種の装備をモジュール化して搭載することによってその柔軟性を高めようというもので、全長3メートル×全幅3.5メートル×全高2.5メートルのコンテナのなかに各用途の装備を搭載し、コンテナ単位で艦艇に搭載することになる。本級以外にこのコンセプトを適用されたものとしてはニールス・ユール級コルベットセティス級哨戒艦が知られている。ただし、これらは就役期間中に行なわれる見通しだった近代化改修を見込んでの適用であったのに対し、本級においては、より積極的に、コンテナを積み替えることで容易に任務の切り替えを実現することを目的としていた。コンテナ交換は48時間で行うことができるように設計されているが、実際の運用においては、当初計画されたような頻繁な積み替えは行なわれず、各艇の役割は固定されている。

本級においては、艦首側に1ヶ所、後甲板に3ヶ所のスタンフレックス・モジュール設置位置が設定されている。このうち、艦首側のものはオート・メラーラ 76mm単装速射砲モジュールの定位置となっているのに対し、後甲板のものは各艇の任務に応じて異なる構成になっている。構成には下記の3種類がある。

  • 洋上監視・海洋汚染管理
  • 対水上・対潜戦型
  • 機雷戦・対機雷戦型

兵装・電装要目[編集]

対水上・対潜戦型 機雷戦型
兵装 オート・メラーラ 76mm単装速射砲×1基
Mk.48 mod.3 VLS×1基
(6セル:シースパロー用)
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基 機雷処分具×1基
324mm短魚雷連装発射管×2基 機雷×60個
C4I 海軍戦術情報システム
9LV Mk.3戦術情報処理装置リンク 11
9LV 200 射撃指揮装置
レーダー TRS-3D 3次元レーダー AWS-6 対空捜索レーダー
古野電気製 航法レーダー
ソナー CTS-36船底装備式
TMS-2640サーモン 可変深度式

同型艇[編集]

シリーズ # 艦名 進水 就役 任務 退役 その後
1 P550 フリーヴェフィスケン
HDMS Flyvefisken
1986年4月 1989年12月 機雷戦・
対機雷戦
2008年5月 リトアニア海軍にて「ゼマイティス」(P11 Žemaitis)として再就役
P551 ヘイジェン
HDMS Hajen
1989年8月 1990年8月 2009年1月 リトアニア海軍にて「ズキヤ」(P12 Dzūkas)として再就役
P552 ハヴカッテン
HDMS Havkatten
1990年1月 1990年11月 2012年1月 リトアニア海軍にて「」(P15 Sėlis)として再就役
P553 ラクセン
HDMS Laxen
1990年5月 1991年3月 2010年10月
P554 マクレレン
HDMS Makrelen
1991年1月 1991年10月
P555 ストレン
HDMS Støren
1991年9月 1992年4月
P556 スヴェートフィスケン
HDMS Sværdfisken
1991年9月 1992年2月 2006年8月
2 P557 グレンテン
HDMS Glenten
1992年 1992年2月 対水上・
対潜戦型
2010年10月 ポルトガル海軍にて「モンデゴ」(P 592 Mondego)として再就役
P558 グリッベン
HDMS Gribben
1992年 1993年7月 洋上監視・
海洋汚染管理
リトアニア海軍にてスペアパーツ艇
P559 ロメン
HDMS Lommen
1993年 1994年1月 2010年1月 リトアニア海軍にて「アウステイティス」(P14 Aukstaitis)として再就役
P560 ラヴネン
HDMS Ravnen
1994年 1994年10月 対水上・
対潜戦型
2010年10月 ポルトガル海軍にて「ドゥエロ」(P 591 Douro)として再就役
P561 スカデン
HDMS Skaden
1994年 1995年4月 ポルトガル海軍にて「グアディアナ」(P 593 Guadiana)として再就役
P562 ヴィベン
HDMS Viben
1995年 1996年1月 ポルトガル海軍にて「タホ」(P 590 Tejo)として再就役
3 P563 スルヴェン
HDMS Søløven
1995年 1996年5月 洋上監視・
海洋汚染管理
就役中