フルフリルメチルスルフィド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フルフリルメチルスルフィド
Furfuryl Methyl Sulfide[1]
識別情報
CAS登録番号 1438-91-1
特性
化学式 C6H8OS
モル質量 128.19 g mol−1
外観 薄い黄色の液体
沸点

65℃(2kPa)

危険性
引火点 63℃
関連する物質
関連する異性体 C6H8OSを参照
関連物質 フルフリルメチルジスルフィド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルフリルメチルスルフィド: Furfuryl Methyl Sulfide)は、有機硫黄化合物の一種。フランメチル基スルフィド結合した構造を採る。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する[1]

用途[編集]

希釈すると、淹れたてのコーヒーに類似した香りを生じる。実際のコーヒーから発生するフラン-2-イルメタンチオールなどに比べて安定しているため、フルフリルメチルジスルフィド4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオールなどと組み合わせて、コーヒー飲料や菓子類などの淹れたて感賦与剤として利用される。

安全性[編集]

引火点は63℃で、ジスルフィド結合を持つ類似物質のフルフリルメチルジスルフィドに比べて低い。日本の消防法では危険物第4類第2石油類に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b フルフリルメチルスルフィド(東京化成工業)