フルヴィオ・ヴェルニッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フルヴィオ・ヴェルニッツィ(Fulvio Vernizzi、1914年7月3日[1] - 2005年2月18日)は、イタリア指揮者[2]

ブッセートの生まれ。1930年にパルマ音楽院に入学し、ジュゼッペ・アレッサンドロにヴァイオリン、ジョヴァンニ・ダマートにトランペット、アキーレ・ロンゴに音楽学、ジョルジョ・フェデリコ・ゲディーニに作曲を学び、音楽院在学中より、自ら合奏団を結成して音楽活動を行った。1938年にディプロマを得て卒業し、1939年にファシスト党の全国余暇事業団のコンサートに参加している。1945年にパルマ王立歌劇場でヴァイオリニストのジャンニーノ・カルピと共演して改めて指揮者としてデビューを飾る。1953年からトリノ・イタリア放送交響楽団を指揮するようになり、ミラノ・イタリア放送交響楽団も振るようになった。1972年からはトリノ王立歌劇場の芸術監督に就任。1977年から再三来日するようになり、1982年から1984年まで京都市交響楽団の常任指揮者を務めた。1987年にスイス・イタリア語放送管弦楽団に客演して以降は表舞台から遠ざかった。

トリノにて没。

脚注[編集]

  1. ^ Basso, Alberto; Bassi, Ennio (1991). Il nuovo Teatro regio di Torino. Cassa di risparmio di Torino. p. 158. OCLC 860212411. 
  2. ^ FULVIO VERNIZZI TESTIMONIANZE SULLA VITA E SULLA MUSICA”. 2017年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月18日閲覧。

参考文献[編集]