フル・モンティ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フル・モンティ
作曲 デヴィッド・ヤズベック英語版
作詞 デヴィッド・ヤズベック
脚本 テレンス・マクナリー英語版
原作 映画『フル・モンティ
上演 2000年 ブロードウェイ
2002年 ウェストエンド
2009年 リバイバル公演

フル・モンティ』(The Full Monty)は、2000年初演のミュージカル。原作は1997年イギリスコメディ映画フル・モンティ』。

第55回トニー賞英語版において9部門でノミネートされた(受賞はならず)他、ドラマ・デスク・アワード作曲賞英語版を受賞するなど高い評価を得ている。

初演[編集]

サンディエゴオールド・グローブ・シアター英語版2000年6月1日から7月9日まで上演された[1]後、ブロードウェイユージン・オニール・シアター英語版で2000年10月26日から2002年9月1日まで上演された。公演数は770回。

キャスト[編集]

  • ジェリー・ルコウスキ - パトリック・ウィルソン
  • ノア(ホース)・T・シモンズ - アンドレ・デ・シールズ
  • デイヴ・ブカティンスキー - ジョン・エリソン・コンリー
  • マルコム・マグレガー - ジェイソン・ダニエリー
  • ハロルド・ニコルズ - マーカス・ネヴィル
  • ジャネット・ブルマイスター - キャスリーン・フリーマン(2001年に死去、代役はジェーン・コネル)

スタッフ[編集]

  • 脚本:テレンス・マクナリー英語版
  • 作詞・作曲:デヴィッド・ヤズベック英語版
  • 演出:ジャック・オブライエン英語版
  • 振付:ジェリー・ミッチェル英語版

ロンドン公演[編集]

ウェストエンドプリンス・オブ・ウールズ・シアター英語版で2002年3月12日から同年11月23日まで上演された[2]。同公演は2002年の Evening Standard Theatre Awards で最優秀ミュージカル賞を受賞した[3]

再演[編集]

2009年6月から7月までニュージャージー州ミルバーンで再演[4]、同年11月からはロンドンでも再演された[5]

日本版[編集]

2014年1月31日から2月16日まで東京国際フォーラムホールCで上演。演出・翻訳・訳詞は福田雄一、主演は本作が初舞台となる山田孝之

キャスト[編集]

ストリップに挑戦する男たち
  • ジェリー・ルコウスキー - 山田孝之: バツイチの冴えない男。
  • マルコム・マクレガー - 中村倫也: 痩せの虚弱体質。頭が弱い。
  • イーサン・ジラード - ムロツヨシ巨根の奇人。
  • デイブ・ブカティンスキー - 勝矢: デブ・コンプレックス男。
  • ハロルド・ニコルズ - 鈴木綜馬: 見栄っぱりの元上司。
  • ノア“ホース”・T・シモンズ - ブラザートム: 初老の黒人。
男たちを見守る女たち
  • ジョージー・ブカティンスキー - 大和田美帆: デイブの妻。男性ストリップに夢中。
  • パム・ルコウスキー - 佐藤仁美: ジェリーの元妻。結婚を意識している恋人がいる。
  • ジャネット・バーマイスター - 浦嶋りんこ: ピアノ弾き。
  • モリー・マクレガー - 浦嶋りんこ: マルコムの母親。車椅子。
  • ヴィッキー・ニコルズ - 保坂知寿: ハロルドの妻。
その他
  • ネイサン・ルコウスキー - 福田響志: ジェリーとパムの息子。

スタッフ[編集]

  • 脚本:テレンス・マクナリー
  • 作曲・作詞:デヴィッド・ヤズベック
  • 演出・翻訳・訳詞:福田雄一
  • 振付:上島雪夫
  • 音楽監督・指揮:上垣聡
  • 美術:二村周作
  • 照明:高見和義
  • 音響:実吉英一
  • 衣裳:神波憲人
  • ヘアメイク:池田真希
  • 演出助手:伴眞里子
  • 舞台監督:津江健太
  • 制作:ドラマチック・デパートメント
  • 主催:フジテレビジョン/キョードー東京
  • 企画制作:フジテレビジョン

参考文献[編集]