フループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フループ
Fruupp
出身地 北アイルランドの旗 北アイルランド ベルファスト
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1971年 - 1976年
レーベル ドーン・レコード
旧メンバー ヴィンセント・マッカースカー
ピーター・ファレリー
スティーヴン・ヒューストン
マーティン・フォイ
ジョン・メイソン

フループ (Fruupp)は、北アイルランドベルファストで結成された1970年代に活躍したプログレッシブ・ロックバンドだが、グレートブリテンでファンを獲得していた。学生たちに支持され、ジェネシスクイーンキング・クリムゾンなどのバンドの前座を担当したことで知られている。

来歴[編集]

1971年初頭、ギタリストのヴィンセント・マッカースカーによってベルファストで結成。他のメンバーは、主にクラシックを学んできたピーター・ファレリー(ベースとリード・ボーカル)、スティーヴン・ヒューストン(キーボードとオーボエ)、マーティン・フォイ(ドラムとパーカッション)。活動開始から2年後、彼らはデモテープを作成し、アンダーグラウンド音楽とプログレッシブ・ロックのレーベル「ドーン・レコード」で作品を発表するために「パイ・レコード」と署名した[1]。1973年から1975年の間に、グループは4枚のスタジオ・アルバムと3枚のシングルをリリースした。イギリスとヨーロッパ本土で数百のコンサートで演奏し、イングランドやアイルランドでのライブを観客席から録音した音源が存在していたにもかかわらず、ライブ・アルバムは発表されなかった[2][3]。1975年12月6日にアイルズベリーにあるクラブ「Friars」にて行われたコンサートは、ライブ・アルバム『Live at Friars Aylesbury』のために録音されたが、ロンドンのペッカムで共有されたミュージシャンのフラットでマスターテープが完全に破壊されてしまった。

1975年1月、スティーヴン・ヒューストンはバンドを脱退し、キリスト教の牧師となった。 替わりにジョン・メイソンが加入したフループは、キング・クリムゾンやフォリナーの創設メンバーとして知られるマルチ奏者イアン・マクドナルドのプロデュースで最後のアルバム『当世仮面舞踏会』(1975年)を録音した。 バンドは1976年、5枚目のアルバム『Doctor Wilde's Twilight Adventure』に取り組んでいたが、パンクニュー・ウェイヴの台頭とともに売り上げを落としていき、その年の終わりに解散した[4]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『知られざる伝説』 - Future Legends (1973年)
  • 『七不思議』 - Seven Secrets (1974年)
  • 『太陽の王子』 - The Prince of Heaven's Eyes (1974年)
  • 『当世仮面舞踏会』 - Modern Masquerades (1975年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Songs for a Thought (1992年)
  • It's All Up Now: Anthology (2004年)

シングル[編集]

  • "The Prince of Darkness" (1974年)
  • "Prince of Heaven" (1974年)
  • "Janet Planet" (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ Collins, Paul. “Fruupp – Biography & History”. AllMusic. 2016年12月13日閲覧。
  2. ^ Fruupp Tribute Site”. 2018年5月16日閲覧。
  3. ^ Fruupp Live”. 2018年5月16日閲覧。
  4. ^ Charles, Paul (2009年1月). “The Fruupp Story – Part 4: Modern Masquerades”. Paul Charles Books. 2016年12月12日閲覧。