フレゴリの錯覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

フレゴリの錯覚(フレゴリのさっかく、Fregoli delusion)とは、誰を見ても、それを特定の人物と見なしてしまう現象。全くの見知らぬ他人を、よく見知った人物と取り違えてしまう現象を言う。錯覚という名で知られているが妄想の一種である。1927年、フランスの精神科医 P.CourbonとG.Failによって報告された。早変わりとモノマネを得意としたイタリアの喜劇俳優、レオポルド・フレゴリ(1867-1936)の名にちなむ。

ドラマ[編集]

医療ドラマ「トップナイフ」第ニ話に軸索損傷と動脈瘤で起こった珍しい病気として取り上げられている。

関連項目[編集]