フレッシュ・クリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレッシュ・クリーム
クリームスタジオ・アルバム
リリース
録音 1966年7月 - 10月、ロンドン、ライリック・スタジオ、ライミューズ・スタジオ
ジャンル ブルースロック, サイケデリック・ロック, アシッドロック
時間
レーベル イギリスの旗 リアクション・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトコ・レコード
プロデュース ロバート・スティグウッド[1]
クリーム 年表
フレッシュ・クリーム
(1966)
カラフル・クリーム
(1967)
エリック・クラプトン 年表
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン
(1966)
フレッシュ・クリーム
(1966)
カラフル・クリーム
(1967)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 4/5stars [2]
BBC Music (favourable) [3]
Sputnikmusic 5/5stars [4]

フレッシュ・クリーム』 (Fresh Cream) は、イギリスロックバンド、クリームによるデビューアルバム。本作は音楽プロデューサー、ロバート・スティグウッドの独立レーベル、リアクション・レコードの最初のアルバムであり、1966年12月9日にステレオとモノラルの両バージョンがリリースされ、同時にシングル「アイ・フィール・フリー」もリリースされた[1]アメリカではアトコ・レコードから1ヶ月後の1967年1月にステレオ、モノラルの両バージョンがリリースされた[5]。その後何年にもわたって、CDではステレオバージョンしかリリースされていなかったが、2013年後半にイギリス盤モノラルバージョンがデラックスセットの一部として初めて日本でのみリリースされた[6]

本作はイギリスのアルバムチャートで最高6位、アメリカのアルバムチャートで最高39位を記録した[7]

2003年、本作はローリングストーン誌の『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500英語版』で101位にランクされた[8]

収録曲[編集]

イギリス盤オリジナル[編集]

特記無い場合はリードヴォーカル:ジャック・ブルース

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「エヌ・エス・ユー (N.S.U.)」 Jack Bruce
2. 「スリーピィ・タイム (Sleepy Time Time)」 Bruce, Janet Godfrey
3. 「ドリーミング (Dreaming)」 Bruce
4. 「スウィート・ワイン (Sweet Wine)」 Ginger Baker, Godfrey
5. 「スプーンフル (Spoonful)」 Willie Dixon
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「猫とリス (Cat's Squirrel)」(instrumental) Traditional, arr. Cream
2. 「フォー・アンティル・レイト (Four Until Late)」(Lead vocals: Eric Clapton) Robert Johnson, arr. Eric Clapton
3. 「ローリン・アンド・タンブリン (Rollin' and Tumblin')」 Traditional
4. 「アイム・ソー・グラッド (I'm So Glad)」 Skip James
5. 「いやな奴 (Toad)」(Instrumental) Baker

アメリカ盤オリジナル[編集]

A面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「アイ・フィール・フリー (I Feel Free)」 Bruce, Pete Brown
2. 「エヌ・エス・ユー (N.S.U.)」 Bruce
3. 「スリーピィ・タイム (Sleepy Time Time)」 Bruce, Godfrey
4. 「ドリーミング (Dreaming)」 Bruce
5. 「スウィート・ワイン (Sweet Wine)」 Baker, Godfrey
B面
# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「猫とリス (Cat's Squirrel)」(instrumental) Traditional, arr. S. Splurge
2. 「フォー・アンティル・レイト (Four Until Late)」(Lead vocals: Eric Clapton) Robert Johnson, arr. Eric Clapton
3. 「ローリン・アンド・タンブリン (Rollin' and Tumblin')」 McKinley Morganfield
4. 「アイム・ソー・グラッド (I'm So Glad)」 Skip James
5. 「いやな奴 (Toad)」(Instrumental) Baker

アメリカ盤後期[編集]

アメリカでは後にRSO/ポリドールからリリースされたが、その際にイギリス盤と同じ曲順に、A面1曲目に「アイ・フィール・フリー」が追加された。

スウェーデン盤[編集]

1966年にスウェーデンのみでリリースされた盤は、ジャック・ブルース/ピート・ブラウン作の「包装紙」、レイ・スミス/トニー・コルトン作の「コーヒー・ソング」が追加された全12曲収録のものであった。盤とジャケットはドイツで製作され、スウェーデンのみに輸出された。ドイツオリジナル盤はイギリス盤と同じく10曲が収録されていた。バンドは「コーヒー・ソング」のリリースを望まなかったが、モノ・バージョンが作成され「包装紙」とカップリングでシングルとしてリリースされた。この時点でステレオ・バージョンをリリースする計画は無かったが、スウェーデン盤ではステレオミックスが使用された。これは1966年8月上旬のセッションで作成され、大部分のトラックが右側、ギターソロのみが左側にオーバーダビングされた。このミックスはすぐに破棄され、後に新たなステレオミックスが作成された。

ジャケットデザインとレコード番号 (623 031) はドイツ盤と同一であったが、バックカバーは3種類が存在する。1つは12曲が正しく表記されたもの、もう一つは10曲しか表記されていないもの、最後は10曲盤に12曲表記を印刷した紙が貼られたものである。

A面
# タイトル 作詞・作曲
1. 「エヌ・エス・ユー (N.S.U.)」 Jack Bruce
2. 「スリーピィ・タイム (Sleepy Time Time)」 Bruce, Janet Godfrey
3. 「ドリーミング (Dreaming)」 Bruce
4. 「スウィート・ワイン (Sweet Wine)」 Ginger Baker, Godfrey
5. 「スプーンフル (Spoonful)」 Willie Dixon
6. 「包装紙 (Wrapping Paper)」 Bruce, Brown
B面
# タイトル 作詞・作曲
1. 「猫とリス (Cat's Squirrel)」(instrumental) Traditional, arr. Cream
2. 「フォー・アンティル・レイト (Four Until Late)」(Lead vocals: Eric Clapton) Robert Johnson, arr. Eric Clapton
3. 「コーヒー・ソング (The Coffee Song)」 Ray Smith, Tony Colton
4. 「ローリン・アンド・タンブリン (Rollin' and Tumblin)」 Traditional
5. 「アイム・ソー・グラッド (I'm So Glad)」 Skip James
6. 「いやな奴 (Toad)」(Instrumental) Baker

パーソナル[編集]

クリーム

制作

  • ロバート・スティグウッド - プロデューサー
  • ジョン・ティンパリー - エンジニア[9]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c Clapton, Eric (2007). “Cream”. Clapton: The Autobiography (1st ed.). United States: Broadway Books. pp. 73-79. ISBN 978-0-385-51851-2. 
  2. ^ Erlewine, Stephen Thomas. "Cream: Fresh Cream > Review" - オールミュージック. 2011年9月27日閲覧。.
  3. ^ Smith, Sid (2007年4月17日). “Cream Fresh Cream Review"”. BBC Music. 2011年9月27日閲覧。
  4. ^ Cream Fresh Cream”. Sputnikmusic (2006年4月2日). 2011年9月27日閲覧。
  5. ^ RSO Album Discography, Part 1: The RSO Story & Pre-RSO Releases”. bsnpubs.com (2007年1月22日). 2100年9月27日閲覧。
  6. ^ Fresh Cream (Stereo & Mono) +12 [Cardboard Sleeve (mini LP)] [Platinum SHM-CD] [Limited Release] Cream CD Album”. CDJapan (2013年12月18日). 2014年6月13日閲覧。
  7. ^ The Illustrated Cream Discography”. Rate Your Music. 2014年6月13日閲覧。
  8. ^ “The 500 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone (Special Issue): 101 | Fresh Cream - Cream. (November 2003). ISSN 0035-791X. http://www.rollingstone.com/music/lists/500-greatest-albums-of-all-time-19691231/fresh-cream-cream-19691231 2100年9月27日閲覧。. 
  9. ^ Fresh Cream (1966)”. JackBruce.com. 2011年9月27日閲覧。