フレデリック・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド (初代ダファリン侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
初代ダファリン=エヴァ侯爵
フレデリック・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド
Frederick Hamilton-Temple-Blackwood,1st Marquess of Dufferin and Ava
Lord Dufferin.jpg
生年月日 1826年6月21日
出生地 トスカーナ州トスカーナ大公国フィレンツェ
没年月日 1902年2月12日 (満75歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスダウン州クランデボイ英語版
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 自由党
称号 聖パトリック勲爵士(KP)、バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、スター・オブ・インディア勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCSI) 聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)、インド帝国勲章ナイト・グランド・コマンダー(GCIE)、枢密顧問官(PC)
配偶者 ハリオット英語版
サイン Lord Dufferin Signature.svg

在任期間 1884年12月13日 - 1888年12月10日[1]
女帝 ヴィクトリア

在任期間 1872年6月25日 - 1878年11月25日[2]
女王 ヴィクトリア

内閣 第一次グラッドストン内閣
在任期間 1868年12月12日 - 1872年8月9日

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1850年1月22日 - 1902年2月12日[3]
テンプレートを表示

初代ダファリン=エヴァ侯爵フレデリック・テンプル・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド: Frederick Temple Hamilton-Temple-Blackwood, 1st Marquess of Dufferin and Ava, KP, GCB, GCSI, GCMG, GCIE, PC1826年6月21日 - 1902年2月12日)は、イギリスの政治家、外交官、貴族。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1826年6月21日トスカーナ大公国(現イタリア共和国トスカーナ州)首都フィレンツェに生まれる。父はアイルランド貴族の第4代ダファリン=クランボイ男爵[注釈 1]プリーセ・ブラックウッド英語版。母はその夫人ヘレン英語版(旧姓シェリダン)[5][6]

イートン・カレッジを経て1844年オックスフォード大学クライスト・チャーチに入学した[7]。在学中の1841年7月に第5代ダファリン・アンド・クランボイ男爵位を継承した[5]

政界へ[編集]

1850年1月に新たに連合王国貴族の「カウンティ・オヴ・ダウンにおけるクランデボイのクランデボイ男爵Baron Clandeboye, of Clandeboye, in the county of Down)」に叙され[5][8]貴族院議員に列する[3]

1854年から1858年にかけて王室の侍従英語版を務める[5]。1856年のクリミア戦争のパリ講和会議に出席した[9]1860年から1861年にかけてはオスマン=トルコ帝国レバノンで起きた虐殺事件英語版に関する調査を行う「シリア特別委員」を務めた[5]

1864年から1866年にかけては第二次パーマストン子爵内閣のインド担当省政務次官英語版、ついで陸軍省政務次官英語版を務めた[5][6]

1868年から1872年にかけては第一次グラッドストン内閣のランカスター公領大臣主計長官英語版を務めた。また1871年には教育についての王立委員会の委員長を務める[5][6]

総督・外交官として[編集]

ダファリン卿がインド副王在職中に建てた総督官邸。現在はラーシュトラパティ・ニワス英語版と呼ばれ、インド高等学術研究所英語版が使用している

ランカスター公領担当大臣辞職を機に外交官に転じる[10]

1872年から1878年にかけてはカナダの総督を務めた[6]。1879年から1881年にかけては在ロシア大使英語版、1881年から1884年にかけては在オスマン帝国大使英語版を務めた。英仏の半植民地エジプトウラービー革命で揺れる中の1882年には「エジプト特別委員」に任じられた[5]。エジプト問題討議のためにトルコ(エジプトの形式的な宗主国)・コンスタンティノープルで開催された会議に出席し、首相グラッドストンの指示に従って親英仏的なエジプト副王タウフィークを擁護し、トルコ軍ないし列強諸国の軍隊のエジプト派遣を訴えてウラービー革命を抑え込もうと図った[11]

1884年から1888年にかけてはイギリス領インド帝国の総督(副王)を務めた。在任中、内政面では小作人の土地占有権を保護する立法を行った。外交面ではフランスとの接近を図るビルマティーボーを危険視し、ビルマ侵攻を行った。ビルマ首都マンダレーを占領してティーボー王を捕虜にし、ビルマをインド帝国に併合した[10]。またシムラーに新しい総督官邸を建立させた[12]

1888年から1891年にかけては在イタリア大使英語版、1891年から1896年にかけては在フランス大使を務めた[5][6][13][14]。フランス大使時代にはフランス政府とタイ仏領インドシナをめぐる植民地利権交渉にあたった[9]

晩年・死去[編集]

1897年から1900年までロンドン・アンド・グローブ・フィナンス・コーポレーション(London and Globe Finance Corporation)の議長を務めた。1902年2月12日にアイルランドクランデボイ英語版で死去。75歳だった[5]

栄典[編集]

インド総督時代のダファリン卿
ベルファスト・シティホール英語版前のダファリン卿の像

爵位・準男爵位[編集]

1841年7月21日に父プリーセ・ブラックウッド英語版の死去により以下の爵位・準男爵位を継承した[5][6]

1850年1月22日に以下の爵位を新規に叙された[8][15]

  • ダウン州におけるクランデボイの初代クランデボイ男爵 (1st Baron Clandeboye, of Clandeboye in the County of Down)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1871年11月13日に以下の爵位を新規に叙された。[16][15]

  • ダウン州における初代ダファリン伯爵 (1st Earl of Dufferin, in the County of Down)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ダウン州におけるクランデボイの初代クランデボイ子爵 (1st Viscount Clandeboye, of Clandeboye in the County of Down)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

1888年11月17日に以下の爵位を新規に叙される。[17][15]

  • ダウン州=ビルマにおける初代ダファリン=エヴァ侯爵 (1st Marquess of Dufferin and Ava, in the County of Down and Burma aforesaid)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ビルマ保護領における初代エヴァ伯爵 (1st Earl of Ava, in the Province of Burma)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1862年に陸軍将校の娘ハリオット・ローワン=ハミルトン英語版と結婚。彼女との間に以下の7子を儲ける[5]

  • 第1子(長女)ヘレン・ハーマイオニー(Helen Hermione)(1863年-1941年
  • 第2子(長男)アーチバルド・ジェームズ・レオフリック(Archibald James Leofric)(1863年-1900年) : 父に先立って死去
  • 第3子(次男)テレンス・ジョン英語版1866年-1919年) : 第2代ダファリン=エヴァ侯爵
  • 第4子(次女)ハーマイオニー・キャサリン・ヘレン(Hermione Catherine Helen)(1869年-1960年
  • 第5子(三男)イアン・バジル・ガウェイン(Ian Basil Gawaine)(1870年-1917年
  • 第6子(三女)ヴィクトリア・アレクサンドリナ(Victoria Alexandrina)(1873年-1968年
  • 第7子(四男)フレデリック英語版1875年-1930年) : 第3代ダファリン=エヴァ侯爵

脚注[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

  1. ^ 官報の『ロンドン・ガゼット』はBaron Dufferin and Claneboyeとしている[4]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.101
  2. ^ 秦(2001) p.567
  3. ^ a b UK Parliament. “Mr Frederick Blackwood” (英語). HANSARD 1803–2005. 2013年12月24日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 15281. p. 889. 1800年8月2日。2013年12月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “Frederick Temple Hamilton-Temple-Blackwood, 1st Marquess of Dufferin and Ava” (英語). thepeerage.com. 2013年12月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1916). “DUFFERIN, DUFFERIN AND CLANEBOYE OF BALLYLEIDY AND KILLYLEAGH, and DUFFERIN AND AVA” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 4 (2 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd.. pp. 494-495. https://archive.org/stream/completepeerageo04coka#page/494/mode/2up 2013年12月26日閲覧。. 
  7. ^ a b c d e "Dufferin and Ava, Marquis of. (DFRN891M)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  8. ^ a b The London Gazette: no. 21058. p. 84. 1850年1月11日。2013年12月25日閲覧。
  9. ^ a b 中西(1997) p.152
  10. ^ a b 浜渦(1999) p.140
  11. ^ 坂井(1967) p.99
  12. ^ 浜渦(1999) p.227
  13. ^ The London Gazette: no. 25888. p. 7414. 1888年12月28日。2013年12月25日閲覧。
  14. ^ The London Gazette: no. 26243. p. 133. 1892年1月8日。2013年12月25日閲覧。
  15. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Dufferin and Ava, Marquess of (UK, 1888-1988)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年5月5日閲覧。
  16. ^ The London Gazette: no. 23793. p. 4554. 1871年11月7日。2013年12月25日閲覧。
  17. ^ The London Gazette: no. 25874. p. 6145. 1888年11月13日。2013年12月25日閲覧。
  18. ^ The London Gazette: no. 22521. p. 2537. 1861年6月18日。2013年12月25日閲覧。
  19. ^ The London Gazette: no. 24330. p. 3185. 1876年5月26日。2013年12月25日閲覧。
  20. ^ The London Gazette: no. 25242. p. 3089. 1883年6月15日。2013年12月25日閲覧。
  21. ^ Blackwood; Frederick Temple Hamilton-Temple (1826 - 1902); 1st Marquess of Dufferin and Ava” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2013年12月25日閲覧。

参考文献[編集]

公職
先代:
第3代ウッドハウス男爵
イギリスの旗 インド担当省政務次官英語版
1864年 - 1866年
次代:
ジェームズ・スタンスフェルド英語版
先代:
ハーティントン侯爵
イギリスの旗 陸軍省政務次官英語版
1866年
次代:
第4代ロングフォード伯爵英語版
先代:
トーマス・エドワード・タイラー英語版
イギリスの旗 ランカスター公領大臣
1868年1872年
次代:
ヒュー・チルダース
先代:
サー・スティーブン・ケーブ英語版
イギリスの旗 主計長官英語版
1868年1872年
官職
先代:
初代リスガー男爵英語版
カナダの旗 カナダ総督
1872年 - 1878年
次代:
第9代アーガイル公爵
先代:
初代リポン侯爵
イギリス領インド帝国の旗 インド副王兼総督
1884年 - 1888年
次代:
第5代ランズダウン侯爵
外交職
先代:
オーガスタス・ロフタス卿英語版
イギリスの旗 駐ロシア大使英語版
1879年1881年
次代:
サー・エドワード・トーントン英語版
先代:
サー・ヘンリー・レイヤード
イギリスの旗 駐トルコ大使英語版
1881年1884年
次代:
サー・エドワード・トーントン英語版
先代:
サー・ジョン・サヴィル英語版
イギリスの旗 駐イタリア大使英語版
1888年1892年
次代:
第3代ヴィヴィアン男爵英語版
先代:
初代リットン伯爵
イギリスの旗 駐フランス大使
1891年1896年
次代:
サー・エドムンド・モンソン准男爵英語版
学職
先代:
アーサー・バルフォア
セント・アンドルーズ大学学長英語版
1889年1892年
次代:
第3代ビュート侯爵英語版
先代:
第6代バルフォア・オブ・バーレイ卿英語版
エジンバラ大学学長英語版
1899年1902年
次代:
サー・ロバート・フィンレー英語版
名誉職
先代:
第4代ロンドンデリー侯爵英語版
Down arms.png ダウン総督英語版
1864年1902年
次代:
第6代ロンドンデリー侯爵英語版
先代:
ウィリアム・ヘンリー・スミス
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1892年1895年
次代:
第3代ソールズベリー侯爵
イギリスの爵位
新設 初代ダファリン=エヴァ侯爵
1888年1902年
次代:
テレンス・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド英語版
初代ダファリン伯爵
1871年1902年
アイルランドの爵位
先代:
プリーセ・ブラックウッド英語版
第5代ダファリン=クランボイ男爵
1841年1902年
次代:
テレンス・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド英語版