フレデリック・H・バテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フレデリック・ハワード・バテル(Frederick Howard Buttel, 1948年10月15日2005年1月14日)は、アメリカ合衆国農村社会学者。ウィスコンシン大学マディソン校の教授を務める。環境社会学への貢献においても有名。

経歴[編集]

バテルは北西部イリノイ州の酪農農家に生まれた。父は農民、母は学校の教師だった。バテルはウィスコンシン大学マディソン校で1972年に社会学の修士号を取得する。エール大学では、林業と環境学の修士号を取得し、そしてまた母校に戻り、社会学の博士号を取得する。彼はミシガン州立大学コーネル大学で生物学と社会学の教鞭をとった。また、専門誌"Research in Rural Sociology and Development"の編集者であり、専門誌"Society & Natural Resources"の共同編集者を務めている。バテルの研究領域は4つの領域に集中している。農村社会学環境社会学、農業の技術的変化、環境と農業に関する国家的・世界的な行動主義。

著書[編集]

  • Rural Sociology of the Advanced Societies (1980)
  • Labor and the Environment (1984)
  • The Sociology of Agriculture (1990) (河村能夫, 立川雅司[訳]『農業の社会学: アメリカにおける形成と展開』ミネルヴァ書房, 2013年 ISBN 978-4623066865)
  • Toward a New Political Economy of Agriculture (1991)
  • Hungry for Profit: The Agribusiness Threat to Farmers, Food, and the Environment (2000)
  • Environment and Global Modernity (2000)
  • Environment, Energy, and Society: A New Synthesis (2001)
  • Sociological Theory and Environment (2002)
  • New Directions in the Sociology of Global Development, Volume 11 (2005)
  • Governing Environmental Flows: Global Challenges to Social Theory (2006)