フレドリック・ジェイムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレドリック・ジェイムスン(Fredric Jameson、1934年4月14日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の思想家・フランス文学研究者であり、マルクス主義文芸批評を展開している。イェール大学アウエルバッハの指導を受け学位を取得した後に、いくつかの大学を経て、現在はデューク大学で講義をおこなっている。

主にデリダなどのポストモダニズム的な論調を示す現代思想、ないし「フォト・リアリズム」や「批判的地域主義」といったポストモダンアートを徹底的に批判していることで知られる[要出典]。初期著作ではジャン=ポール・サルトルの再評価を行なうが、近年ではアドルノホルクハイマーの影響も深く、しばしばベンヤミンの批評との類似性が指摘される。しかし、一貫して流れている思想はカール・マルクスの影響である。柄谷行人の『日本近代文学の起源』が英訳された際に、序文を書いた。

著作[編集]

単著[編集]

  • Sartre: the Origins of a Style, (Yale University Press, 1961).
    三宅芳夫・太田晋・谷岡健彦・松本徹臣・水溜真由美・近藤弘幸訳『サルトル――回帰する唯物論』(論創社, 1999年)
  • Marxism and Form: Twentieth-century Dialectical Theories of Literature, (Princeton University Press, 1971).
    荒川幾男ほか訳『弁証法的批評の冒険――マルクス主義と形式』(晶文社, 1980年)
  • The Prison-house of Language: A Critical Account of Structuralism and Russian Formalis, (Princeton University Press, 1972).
    川口喬一訳『言語の牢獄――構造主義とロシア・フォルマリズム』(法政大学出版局, 1988年)
  • Fables of Aggression: Wyndham Lewis, the Modernist as Fascist, (University of California Press, 1979).
  • The Political Unconscious: Narrative as a Socially Symbolic Act, (Cornell University Press, 1981).
    大橋洋一・木村茂雄・太田耕人訳『政治的無意識――社会的象徴行為としての物語』(平凡社, 1989年)
  • The Ideologies of Theory: Essays 1971-1986, 2 vols., (Routledge, 1988). ; 1 vol. edition with additional essays, (Verso. 2009).
    鈴木聡篠崎実後藤和彦訳『のちに生まれる者へ――ポストモダニズム批判への途1971-1986』(紀伊國屋書店, 1993年)
  • Signatures of the Visible, (Routledge, 1990).
    椎名美智・武田ちあき・末廣幹訳『目に見えるものの署名――ジェイムソン映画論』(法政大学出版局, 2015年)
  • Late Marxism: Adorno, or, the Persistence of the Dialectic, (Verso, 1990).
    加藤雅之・大河内昌・箭川修・齋藤靖訳『アドルノ――後期マルクス主義と弁証法』(論創社, 2013年)
  • Postmodernism, or, the Cultural Logic of Late Capitalism, (Verso, 1991).
  • The Geopolitical Aesthetic: Cinema and Space in the World System, (Indiana University Press, 1992).
  • The Seeds of Time, (Columbia University Press, 1994).
    松浦俊輔・小野木明恵訳『時間の種子――ポストモダンと冷戦以後のユートピア』(青土社, 1998年)
  • Brecht and Method, (Verso, 1998).
  • The Cultural Turn: Selected Writings on the Postmodern, 1983-1998, (Verso, 1998).
    合庭惇河野真太郎・秦邦生訳『カルチュラル・ターン』(作品社, 2006年)
  • A Singular Modernity: Essay on the Ontology of the Present, (Verso, 2002).
    久我和巳・斉藤悦子・滝沢正彦訳『近代という不思議――現在の存在論についての試論』(こぶし書房, 2005年)
  • Archaeologies of the Future: the desire called utopia andother science fictions, (Verso, 2007).
    秦邦生訳『未来の考古学 第一部 ユートピアという名の欲望』(作品社, 2011年)
    秦邦生・河野真太郎・大貫隆史訳『未来の考古学 第二部 思想の達しうる限り』(作品社, 2012年)
  • The Modernist papers, (Verso, 2007).
  • Valences of the dialectic, (Verso, 2009).
  • The Hegel Variations: on the Phenomenology of spirit, (Verso, 2010).
    長原豊訳『ヘーゲル変奏――『精神の現象学』をめぐる11章』(青土社, 2011年)
  • Representing Capital: a commentary on volume one, (Verso, 2011).
    野尻英一訳『21世紀に、資本論をいかによむべきか?』(作品社, 2015年)
  • The Antinomies of Realism, (Verso, 2013).
  • The Ancients and the Postmoderns: On the Historicity of Forms, (London & New York: Verso. 2015).
  • An American Utopia: Dual Power and the Universal Army, Ed. Slavoj Žižek, (London and New York: Verso. 2016).
    田尻芳樹・小澤央訳『アメリカのユートピア ―― 二重権力と国民皆兵制』(書肆心水, 2018)
  • Raymond Chandler: The Detections of Totality, (London and New York: Verso, 2016).

共著[編集]

  • Nationalism, Colonialism, and Literature, with Terry Eagleton and Edward W. Said, (University of Minnesota Press, 1990).
    増渕正史・安藤勝夫・大友義勝訳『民族主義・植民地主義と文学』(法政大学出版局, 1996年)

共編著[編集]

  • The Cultures of Globalization, co-edited with Masao Miyoshi, (Duke University Press, 1998).

二次文献[編集]

  • The Jameson Reader, Ed. Michael Hardt and Kathi Weeks, (Oxford: Blackwell, 2000).
  • Jameson on Jameson: Conversations on Cultural Marxism, Ed. Ian Buchananm, (Durham, NC: Duke University Press. 2007).

関連項目[編集]