フロック・オブ・シーガルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ア・フロック・オブ・シーガルズ
A Flock Of Seagulls
Mike Score.jpg
リード・ボーカルのマイク・スコア英語版(2011年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド リヴァプール
ジャンル シンセポップ[1][2]
ニューロマンティック
ニュー・ウェイヴ[1][2]
活動期間 1979年 - 1986年
1988年 -
レーベル JiveI.R.S.英語版、Cocteau
共同作業者 ビル・ネルソン
公式サイト www.aflockofseagulls.org
メンバー マイク・スコア英語版
ケヴィン・ランキン
パンドゥ
ゴード・デップ
旧メンバー 過去のメンバー一覧

ア・フロック・オブ・シーガルズA Flock Of Seagulls)は、イギリスニュー・ウェイヴシンセポップニューロマンティック・バンド。1982年のスマッシュヒット「I Ran (So Far Away)英語版[3]」などのミュージック・ビデオMTVで盛んにプレイされ、折からの第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗って世界的に知名度を上げた。

来歴[編集]

1980年 – 1986年: 結成〜成功〜挫折[編集]

フロック・オブ・シーガルズは1980年マイク・スコア英語版ボーカルキーボード)が中心となってリヴァプールで結成された[1]。マイクは美容師で、デビュー後はガルウィングのような奇抜なヘアスタイル(後年マイクは冗談で「ウルヴァリンにパクられた」と語っている)が話題となった[4][5]。結成時のメンバーは、ウィリー・ウー(ギター)、フランク・モーズリー(ベース)、そしてマイクの兄アリ・スコア(ドラムス)。「カモメの群れ」を意味するバンド名の由来はストラングラーズの曲「Toiler on the Sea」と小説『かもめのジョナサン[6]

ギターのウーはすぐにバンドを去り、ティーンエイジャーポール・レイノルズ英語版が加入した。兄弟げんかのせいでマーク・エドモンドソンがごく短期間代役としてドラムスを叩いたこともあった[7]。来るべきレコード会社からのオファーに備えて彼らは、日々マイクのヘアサロン2階でレッスンしては[8]クラブでの演奏に繰り出した。

1981年5月、バンドはBBCラジオ1で翌週のジョン・ピールの番組向けにセッションをレコーディングした[9]。そしてミドルセックスにあったCheckmount Limitedのマネジメントの下ジャイヴ・レコードからシングルリリースすることも決定した。ファーストシングル「(It's Not Me) Talking英語版」と、セカンド「Telecommunication英語版」はいずれもビル・ネルソンがプロデュースし、「Telecommunication」はクラブチャートでヒットを記録した[10]。 サードリリースはEPの「Modern Love is Automatic」で、7インチと12インチそれぞれ複数のバージョンが存在した。12インチはすぐに「Telecommunication」とのダブルA面バージョンもリイシュー英語版され、これがアメリカ初進出のレコードとなった[8]

商業的なピークとなった1982年、元ゴングマイク・ハウレットがプロデュースした4thシングル「I Ran (So Far Away)英語版」は、オーストラリアで1位、アメリカとニュージーランドでトップ10を記録する大ヒットとなった。続くシングル「Space Age Love Song英語版」もヒットし、両曲を収録したファーストアルバムテレコミュニケイション英語版 」はアメリカとニュージーランドでゴールドディスク、カナダでプラチナディスクを獲得した[11][12][13][14]第25回英語版(1983年)のグラミー賞ではアルバム収録曲「D.N.A.英語版」が最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得した。 セカンドアルバム「リッスン英語版」から先行リリースされたシングル「Wishing (If I Had a Photograph of You)英語版」は母国イギリスで初のトップ10ヒットとなった[15]

メモリアルデーの週末1983年5月28日、フロック・オブ・シーガルズはザ・クラッシュメン・アット・ワークストレイ・キャッツらとUSフェスティバルに参加した[16]。同年「リッスン」からはデビューシングル「(It's Not Me) Talking」の再録バージョンを含む3曲のシングルがリリースされたがマイナーヒットに終わった。がっかりした彼らは異星人侵略などのSF的なテーマから方向転換し、より現実味があり人間的な感情に訴える作品としてサードアルバム「The Story of a Young Heart英語版」を完成させた。しかしシングル「The More You Live, the More You Love英語版」のパワープレイも功を奏さず、アルバムのセールスは多くの国で前作より落ち込む結果となった。また続く2枚のシングル「Never Again (The Dancer)」と「Remember David[17]」はチャート入りさえ果たせなかった。セールス低迷に喘ぎながらもツアーを続けるさ中、レイノルズが脱退し元クラシックス・ヌヴォー英語版のゲイリー・ステッドマンに交代した[1]。サウンドのテコ入れとしてキーボードのクリス・クリサフィスも加入した[1]。両名とも4thアルバム「ドリーム・カム・トゥルー英語版」のレコーディングを待たずして、事前のツアーが終わるとバンドを去ってしまった。アルバムはイギリスでは1985年、アメリカや日本など他国では1986年にリリースされたが、低迷に拍車が掛かりチャート・ランク圏外となってしまう。この結果バンドは実質的な解散状態に陥ってしまった。

1988年 - 現在: 再結成後[編集]

サードアルバムリリース後フィラデルフィアに拠点を移していたマイク・スコアは、仲たがいしてボストンに移住した兄や、ホームシックでイギリスに戻ってしまったモーズリーを呼び戻すのではなく、地元のミュージシャンでバンドをリニューアルすることにした。1988年再結成時のメンバーは、ギターのエド・バーナーとデイヴ・メアーズ、ベースのマイク・ラドクリフ、キーボードのマイク・レイルトン、ドラムスのカヤ・プライアーとヨンテ・ウィルキンス[18]。後にギタリストのマイケル・マークォート英語版がドラマーとして参加した[19][20]。ただし1989年シングルの「Magic」がリリースされる頃にはメンバーは減り5人編成となっていた(スコア、バーナー、ラドクリフ、レイルトン、プライアー)。 1994年のメンバー変更では、スコアとバーナーにドラムスのA.J.マツェッティとベースのディーン・プシェットが加わった。このカルテットでレコーディングした1996年の5thアルバム「The Light at the End of the World英語版」は前作に続きチャート入りを逃した。 1998年、バーナー、マツェッティ、プシェットがバンドを去り、ジョー・ロドリゲス、ダリル・サンズ、ロブ・ライトが加入した。1999年バンドはマドンナの「マイ・プレイグラウンド」をカバーし、2000年のトリビュート・アルバム「Virgin Voices: A Tribute to Madonna - Volume Two」[21]と2006年のトリビュート・アルバム「The World's Greatest 80s Tribute to Madonna」[22]に収録された。2003年にはバンド創設メンバーの、スコア兄弟、レイノルズ、モーズリーがVH1のテレビ番組Bands Reunited英語版出演のため一夜限りの再結成。番組では「I Ran (So Far Away)」と「Space Age Love Song」を披露した。2004年も再度オリジナルメンバーが集結しツアーを行った。ツアーはその後マイク・スコアと新メンバー(ロドリゲス、新規加入のパンドゥ(ベース)とマイケル・ブラーム(ドラムス))に引き継がれた。翌年はこの新メンバーでテレビ番組Hit Me Baby, One More Time英語版のアメリカ版に出演し、「I Ran (So Far Away)」とライアン・カブレラ英語版の「On The Way Down英語版」を演奏した[23]

2011年6月、レイノルズとモーズリーはリヴァプールのCroxteth Park英語版で開催された音楽イベント「Croxteth Country Park Free Music Festival」にフロック・オブ・シーガルズの名で参加した[24][25]。 2013年2月、スコアはYouTubeのアカウントでソロ活動の準備中であると明かし、同月シングル「All I Wanna Do」を[26]、翌年1月にもシングル「Somebody Like You」をリリースした[27]。2013年7月、デイリーニューズの取材に対しスコアは、ツアーの機材を満載した車が盗難に遭い、7万ドル相当の機材とスコアのソロ・アルバム「Zeebratta英語版」用の曲を保存したHDDが失われたことを明かした[28]。これによる遅延はあったものの、何とか自宅のデータで復旧し2014年3月にアルバムをリリースすることができた。2016年にドラムスがブラームからケヴィン・ランキンに交代。2017年にはギターのロドリゲスがカナダのSpoons英語版から移籍したゴード・デップに交代した。 2018年5月3日、オリジナルメンバー4人による6thアルバム「Ascension英語版」の制作が発表された[29]。オリジナルメンバーとしては実に34年振りとなるこのアルバムは、6月以降CD版及びMP3ダウンロード版が相次いでリリースされた。プラハ・フィルハーモニー管弦楽団と共演した既存曲のオーケストラ・バージョン11曲と新曲「Ascension」が収録されている[30]。6月6日には「Space Age Love Song」のミュージック・ビデオがYouTubeでプレミア公開され[31]、2日後に同曲5バージョン入りのEPがダウンロード販売された[32]。12月には「I Ran (So Far Away)」もシングルとしてリリースされた。 2019年7月、引き続きオリジナルメンバー4人の名義でアルバム「Inflight – The Extended Essentials」がリリースされた。新規録音された往年のヒット10曲のエクステンデッド・バージョンが収録され、インストゥルメンタル・バージョンと、「Wishing (If I Had a Photograph of You)」の各種リミックス、ダウンロード専用のボーナス曲を追加したボックス・セットも同時リリースされた[33]

遺産[編集]

後世においてフロック・オブ・シーガルズは、マイク・スコアに象徴されるヘアスタイルやファッションの特異性も手伝ってキワモノ扱いされがちである。パロディの対象になることも多々あり(「パロディ」の項参照)、ニュー・ミュージカル・エクスプレスは「1980年代当時と違って今皆が知っているのはマイク・スコアのおかしな髪型と、それが「パルプ・フィクション」でネタにされた[34]ことだ」と語っている[35]ガーディアンのアルフレッド・ヒックリングは2007年の記事で、同じリヴァプール出身のミュージシャンであるオーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダークフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドに対して、フロック・オブ・シーガルズやチャイナ・クライシスを「ひどい」と貶している[36]

一方で彼らがニュー・ウェイヴの先駆者かつ時代を代表する存在として評価されているのも事実である。レイノルズの高度なギタープレイや、シンセサイザーが織りなすサウンド面での評価も高い[37]。彼らがデビュー作にしてエイリアン襲来を仄めかすSFテーマのコンセプト・アルバムを成功に導いたことも特筆に値する[38]ビルボード誌のロバート・クリストガウは彼らが正統派のニュー・ウェイヴファンから否定的に見られることを理解しつつも、陽気で機械的なボーカルと歌詞、それが歌う対照的で不気味な世界の破滅、人間味のあるドラムスとギターによるポスト・パンク的なロック・サウンドといった独自性を称賛している[39][40]。彼らはまたJive、VH1 Classic、Legacy Recordingsが企画した'80sミュージシャンのコンピレーションCDシリーズ「We Are the 80's」において、バングルスリック・スプリングフィールドラヴァーボーイらと並んでラインナップに選出されている[41]

残念ながら「I Ran (So Far Away)」のビッグ・ヒットとそれに続くセールス急降下のため、所謂一発屋としての印象が強くなってしまった[42][43][44]。もちろん歴史的なヒット曲あってこその現象で卑しむべきものではないが、後年VH1のインタビューに対しマイク・スコアは「どのライブでも例外なく皆「「I Ran (So Far Away)」」を聞きたがるからうんざりする」と語った[45]。「俺たちのベスト・ナンバーはあの曲じゃない」とも語っている[45]。しかし「I Ran (So Far Away)」のミュージック・ビデオは低予算ながら大成功を収め、MTVでヘヴィー・ローテーションされた。ビデオ・ミュージック世代のアイコンとして今でも人々の記憶に残っている[46]

メンバー構成[編集]

メンバー[編集]

時系列[編集]


ラインナップ[編集]

1980 1980 1980 1980
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • アリ・スコア – ドラムス
  • ウィリー・ウー – リード・ギター
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • ウィリー・ウー – リード・ギター
  • マーク・エドモンドソン – ドラムス
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • ウィリー・ウー – リード・ギター
  • アリ・スコア – ドラムス
1980–84
(一時的な再結成: 2003, 2004, 2018, 2019)
1984–85 1985–86 1986–88
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • アリ・スコア – ドラムス
  • ポール・レイノルズ英語版 – リード・ギター
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • アリ・スコア – ドラムス
  • クリス・クリサフィス – キーボード
  • ゲイリー・ステッドマン – リード・ギター
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • フランク・モーズリー – ベース
  • アリ・スコア – ドラムス

解散

1988–89 1989 1989–94 1994–98
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • エド・バーナー – リード・ギター
  • デイヴ・メアーズ – リード・ギター
  • カヤ・プライアー – ドラムス, パーカッション
  • マイク・ラドクリフ – ベース
  • マイク・レイルトン – キーボード
  • ヨンテ・ウィルキンス – ドラムス
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • エド・バーナー – リード・ギター
  • デイヴ・メアーズ – リード・ギター
  • カヤ・プライアー – ドラムス, パーカッション
  • マイク・ラドクリフ – ベース
  • マイク・レイルトン – キーボード
  • ヨンテ・ウィルキンス – ドラムス
  • マイケル・マークォート英語版 – ドラムス
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • エド・バーナー – リード・ギター
  • カヤ・プライアー – ドラムス, パーカッション
  • マイク・ラドクリフ – ベース
  • マイク・レイルトン – キーボード
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • エド・バーナー – リード・ギター
  • A.J.マツェッティ – ドラムス
  • ディーン・プシェット – ベース
1998–2004 2004–2016 2016–2017 2017–現在
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • ジョー・ロドリゲス – リード・ギター
  • ダリル・サンズ – ドラムス
  • アルバート・クルーズ - ドラムス
  • ロブ・ライト – ベース
  • ロビー・ハンソン - ベース
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • ジョー・ロドリゲス – リード・ギター
  • マイケル・ブラーム – ドラムス
  • アルバート・クルーズ - ドラムス (2006まで)
  • パンドゥ – ベース
  • ロビー・ハンソン - ベース (2006まで)
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • ジョー・ロドリゲス – リード・ギター
  • パンドゥ – ベース
  • ケヴィン・ランキン – ドラムス
  • マイク・スコア – リード・ボーカル, キーボード
  • パンドゥ – ベース
  • ケヴィン・ランキン – ドラムス
  • ゴード・デップ – リード・ギター

ディスコグラフィ[編集]

  • テレコミュニケイション英語版』 - A Flock of Seagulls (1982年)
  • リッスン英語版』 - Listen (1983年)
  • The Story of a Young Heart英語版』 - The Story of a Young Heart (1984年)
  • ドリーム・カム・トゥルー英語版』 - Dream Come True (1986年)
  • The Light at the End of the World英語版』 - The Light at the End of the World (1995年)
  • Ascension英語版』 - Ascension (2018年)

グラミー賞[編集]

第25回英語版(1983年)のグラミー賞でファーストアルバム「テレコミュニケイション英語版」収録曲「D.N.A.英語版」が最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得した。翌年は最優秀短編ミュージック・ビデオ賞にノミネートされている[47][48]

パロディ[編集]

後世のメディアにおけるフロック・オブ・シーガルズあるいはマイク・スコアの髪型を題材にしたパロディ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Erlewine, Stephen Thomas. “A Flock of Seagulls – Artist Biography”. オールミュージック. 2014年8月27日閲覧。
  2. ^ a b Larkin, Colin (2011). “A Flock of Seagulls”. Encyclopedia of Popular Music英語版 (5th ed.). Omnibus Press英語版. ISBN 0-85-712595-8. https://books.google.com/books?id=_NNmFiUnSmUC&pg=PA1909&dq=%22new+wave+electro+pop%22 
  3. ^ 後年別バージョンのリリースやコンピレーション・アルバムへの収録にあたり単に「I Ran」とだけ表記される場合がある。
  4. ^ Cross, Charles R. (2001年8月30日). “Never mind the hair bands, here's a Flock of Seagulls!”. Salon. 2013年11月6日閲覧。
  5. ^ A Flock of Seagulls frontman Mike Score no longer has his famous hair but can still be expected to put on a show at the Rewind Festival - Daily Record”. Daily Record (Scotland)英語版. 2019年11月29日閲覧。
  6. ^ Bird Jr., Walter (26 April 2017). "Mike Score still flying with Flock of Seagulls". Worcester Magazine英語版. 2018年6月6日閲覧
  7. ^ A Flock of Seagulls – Biography”. アメーバ・ミュージック. 2016年6月15日閲覧。
  8. ^ a b Thompson, Dave (2000). Alternative Rock. ハル・レナード・コーポレーション. pp. 141–42. ISBN 978-0-8793-0607-6. https://books.google.com/books?id=ZHP-r9-eqdAC&pg=PA141 
  9. ^ BBC – Radio 1 – Keeping It Peel – 06/05/1980 A Flock of Seagulls”. BBC Radio 1英語版. 2018年6月12日閲覧。
  10. ^ ファーストのみビル・ネルソンのインディーズ・レーベルCocteau Recordsからのリリースとなった
  11. ^ Greene, Andy (8 August 2012). “Where Are They Now? 1982's Biggest Pop Acts – A Flock of Seagulls”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/pictures/where-are-they-now-1982s-biggest-pop-acts-20120808/a-flock-of-seagulls-0758690 2015年3月22日閲覧。. 
  12. ^ Recording Industry Association of America”. RIAA. 2019年12月1日閲覧。
  13. ^ OFFICIAL TOP 40 ALBUMS”. Official NZ Music Charts. 2019年5月23日閲覧。
  14. ^ Gold/Platinum”. musicCanada. 2019年5月23日閲覧。
  15. ^ A Flock of Seagulls”. Official Charts Company英語版. 2013年11月6日閲覧。
  16. ^ Wener, Ben (2012年8月31日). “The Forgotten Festival: Remembering US '82 and '83 as Steve Wozniak's dream bash turns 30”. Orange County Register英語版. https://www.ocregister.com/2012/08/31/the-forgotten-festival-remembering-us-82-and-83-as-steve-wozniaks-dream-bash-turns-30/ 2018年6月7日閲覧。 
  17. ^ ヨーロッパの一部の国のみでリリース。
  18. ^ Takiff, Jonathan (1988年11月18日). “Local Seagulls Join The Flock”. Philadelphia Daily News英語版. http://articles.philly.com/1988-11-18/news/26246682_1_seagulls-ed-berner-culture-club 2016年6月15日閲覧。 
  19. ^ Strong, Martin C.. “A Flock of Seagulls”. 2016年6月15日閲覧。
  20. ^ Venable, Malcolm (2009年10月13日). “Low-key musician doesn’t need to be a big rock star”. The Virginian-Pilot英語版. http://hamptonroads.com/2009/10/lowkey-musician-doesn%E2%80%99t-need-be-big-rock-star 2016年6月15日閲覧。 
  21. ^ アルバムには他にオフラ・ハザジグ・ジグ・スパトニックなどが参加した。
  22. ^ アルバムには他にデッド・オア・アライヴバウ・ワウ・ワウヘヴン17ベルリンなどが参加した。
  23. ^ 同じ日に出演した5組のアーティストから観客が勝者を選出し、選ばれたアーティストの名義で2万ドルのチャリティー募金が行われる企画となっていた。この日の勝者はアレステッド・ディベロップメントだった
  24. ^ 80's Band A Flock of Seagulls top Croxteth Free Music Festival lineup”. LLTV (2011年6月25日). 2019年8月22日閲覧。
  25. ^ Wright, Jade (2011年6月10日). “Jade Wright recommends . . .Croxteth Park Free Music Festival”. Liverpool Echo英語版. https://www.liverpoolecho.co.uk/whats-on/music/jade-wright-recommends---3372111 2019年8月22日閲覧。 
  26. ^ Waller, Paul (2013年1月24日). “Flock-of-Seagulls/Mike-Score”. Penny Black Music. 2018年6月7日閲覧。
  27. ^ A Flock of Seagulls' Mike Score Releases New Single 'Somebody Like You'”. Broadway Worldwide英語版 (2014年1月29日). 2018年6月12日閲覧。
  28. ^ Associated Press (2013年7月23日). “Flock of Seagulls Tour Van Stolen With Instruments, New Album Inside”. Billboard. 2018年6月7日閲覧。
  29. ^ Cummings-Grady, Mackenzie (2018年5月3日). “A Flock of Seagulls Announces New Album 'Ascension'”. Billboard. 2018年5月27日閲覧。
  30. ^ Fully Reunited, A Flock of Seagulls Readying New LP 'Ascension,' with the Prague Philharmonic Orchestra”. Rock Cellar Magazine (2018年5月7日). 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月2日閲覧。
  31. ^ "Magnet Exclusive: Premiere of A Flock of Seagulls' "Space Age Love Song" Video". Magnet英語版. 6 June 2018. 2018年6月7日閲覧
  32. ^ Gray, Julia (2018年6月7日). “A Flock Of Seagulls' Original Lineup Remade Their Best Song for First Recording in 34 Years”. ステレオガム. 2018年6月8日閲覧。
  33. ^ A Flock Of Seagulls "Inflight (The Extended Essentials)"”. A Flock Of Seagulls. 2019年12月1日閲覧。
  34. ^ パロディ」を参照。
  35. ^ “252-281: The '80s”. 501 Lost Songs (NME): 53. (2011). 
  36. ^ Hickling, Alfred (2007年3月19日). “The Electric Hills”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/stage/2007/mar/19/theatre1 2013年11月5日閲覧。 
  37. ^ Carpenter, Megan M. (2010年). “Space Age Love Song: The Mix Tape in a Digital Universe”. Works.bepress.com. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月6日閲覧。
  38. ^ Duxbury, Janell R. (1988). Shakespeare Meets the Backbeat: Literary Allusion in Rock Music. Taylor & Francis 
  39. ^ Christgau, Robert (1982年11月30日). “A Flock of Seagulls”. ヴィレッジ・ヴォイス. http://www.robertchristgau.com/xg/cg/cgv7-83.php 2014年8月6日閲覧。 
  40. ^ Christgau, Robert (1983年7月26日). “A Flock of Seagulls: Listen”. ヴィレッジ・ヴォイス. http://www.robertchristgau.com/xg/cg/cgv11b-82.php 2014年8月6日閲覧。 
  41. ^ Paoletta, Michael (22 July 2006). "Making The Brand: An '80s Revival". ビルボード. Vol. 118 no. 29. p. 13. ISSN 0006-2510
  42. ^ Top 100 80s One-Hit Wonders”. List Challenges. 2019年12月1日閲覧。
  43. ^ VH1's Greatest One-Hit Wonders of the 80's”. IMDB. 2019年12月1日閲覧。
  44. ^ List of one-hit wonders in the United States英語版
  45. ^ a b 10 artists who hate their biggest hit - BBC Music”. BBC Music. 2019年12月1日閲覧。
  46. ^ Janosik, MaryAnn (2006). The Greenwood Encyclopedia of Rock History: The video generation, 1981-1990. Greenwood Press英語版. ISBN 978-0-3133-2943-2. https://books.google.com/books?id=eSIKAQAAMAAJ 
  47. ^ A Flock of Seagulls – Awards”. AllMusic. 2013年11月6日閲覧。
  48. ^ Artist: Flock of Seagulls”. Grammy.com. 2019年4月27日閲覧。
  49. ^ 20 Years Ago, ‘The Wedding Singer’ Forced 80s Nostalgia Down Our Throats”. Vice. 2019年12月1日閲覧。
  50. ^ 厳密にはフロック・オブ・シーガルズをもじったパロディではないが、単なるサウンドトラック使用ではなく、複数の関連性を持つ作品であるためここに挙げた。
  51. ^ X-Men Apocalypse: 36 Easter Eggs, In-Jokes & References You Need To See”. What Culture. 2019年12月1日閲覧。
  52. ^ X-Men Apocalypse: 36 Easter Eggs, In-Jokes & References You Need To See”. エンパイア. 2019年12月1日閲覧。
  53. ^ X-Men Movies - Revisiting some of our favorite songs from the '80s.”. Facebook. 2019年12月1日閲覧。

関連項目[編集]