フロリモン=クロード・ド・メルシー=アルジャントー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フロリモン=クロード・ド・メルシー=アルジャントー
Florimont-Claude de Mercy-Argenteau
Florimont-Claude Mercy-Argenteau.jpg
フロリモン=クロード・ド・メルシー=アルジャントーの肖像画、1757年作。
フランス駐在オーストリア大使ドイツ語版
任期
1766年 – 1790年
君主 マリア・テレジア
ヨーゼフ2世
レオポルト2世
前任者 ゲオルク・アダム・フォン・シュターレンベルク英語版
後任者 フランツ・パウル・フォン・ブルーメンドルフ(Franz Paul von Blumendorf
ロシア駐在オーストリア大使ドイツ語版
任期
1761年6月15日 – 1763年10月6日
君主 マリア・テレジア
前任者 ニコラウス・エステルハージ
後任者 ヨーゼフ・マリア・カール・フォン・ロプコヴィッツ(Joseph Maria Karl von Lobkowitz
サルデーニャ王国駐在オーストリア大使ドイツ語版
任期
1754年6月14日 – 1760年12月18日
君主 マリア・テレジア
前任者 ゲオルク・バレ(Georg Barré
後任者 ヨハン・ジギスムント・フリードリヒ・フォン・ケーフェンヒュラー=メッチュドイツ語版
個人情報
生誕 1727年4月20日
リエージュ司教領リエージュ
死没 1794年8月25日
グレートブリテン王国 グレートブリテン王国ロンドン

メルシー=アルジャントー伯爵フロリモン=クロードフランス語: Florimond Claude, comte de Mercy-Argenteau1727年4月20日 - 1794年8月25日)は、ハプスブルク帝国の外交官。

生涯[編集]

メルシー=アルジャントー伯爵アントワーヌ(1692年 - 1767年)の息子として生まれた[1]。オーストリアの外交官になり、パリヴェンツェル・アントン・フォン・カウニッツ侯爵の部下として経験を積んだ[1]。その後、トリノサンクトペテルブルク、パリ(1766年以降)駐在オーストリア大使を相次いで務めた[1]。パリ駐在大使としては最初に仏墺同盟英語版の強化を図り、1770年にフランス王国王太子ルイとハプスブルク皇女マリー・アントワネットの間で政略結婚がなされたことで結実した[1]。さらに1774年に王太子ルイがルイ16世としてフランス国王に即位すると、メルシー=アルジャントー伯はフランス宮廷で絶大な影響力を誇るようになった[1]フランス革命が勃発すると、彼はまずエティエンヌ=シャルル・ド・ロメニー・ド・ブリエンヌを、続いてジャック・ネッケルを支持した[1]。1792年、オーストリア領ネーデルラント駐在特命公使に就任した[1]。フランス革命への対策については、最初は中道政策を支持したが、後にフランスへの宣戦布告を支持した[1]。1794年7月、イギリス駐在オーストリア大使に任命されたが、ロンドンに到着した数日後に死去した[1]

評価[編集]

ブリタニカ百科事典第11版はメルシー=アルジャントー伯爵が経験のおかげでオーストリア領ネーデルラントの「かなり成功した統治者」だったとした[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Wikisource-logo.svg Mitchell, John Malcolm (1911). "Mercy-Argenteau, Florimond Claude, Comte de" . In Chisholm, Hugh. Encyclopædia Britannica (in English). 18 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 159–160.
外交職
先代:
ゲオルク・バレ
サルデーニャ王国駐在オーストリア大使ドイツ語版
1754年 – 1760年
次代:
ヨハン・ジギスムント・フリードリヒ・フォン・ケーフェンヒュラー=メッチュドイツ語版
先代:
ニコラウス・エステルハージ
ロシア駐在オーストリア大使ドイツ語版
1761年 – 1763年
次代:
ヨーゼフ・マリア・カール・フォン・ロプコヴィッツ
先代:
ゲオルク・アダム・フォン・シュターレンベルク英語版
フランス駐在オーストリア大使ドイツ語版
1766年 – 1790年
次代:
フランツ・パウル・フォン・ブルーメンドルフ