フローレン・ジェルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フローレン・ジェルー
Geroux at Pimlico 2016.png
2016年
基本情報
国籍 フランスの旗 フランスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フランスの旗 フランスアルジャンタン
生年月日 (1986-07-16) 1986年7月16日(33歳)
騎手情報
初免許年 2004年フランスの旗 フランス
免許区分 平地競走
経歴
所属 2004年 - 2007年 フランス
2007年 - アメリカ合衆国
テンプレートを表示

フローレン・ジェルーFlorent Geroux1986年7月16日 - )はアメリカ合衆国騎手である。フランスアルジャンタン出身。

来歴[編集]

1986年フランスアルジャンタンにて誕生。父ドミニクは元騎手調教師であった。2004年フランスロンシャン競馬場で初勝利を挙げる[1]

2007年アメリカ合衆国へ拠点を移し[1]、3年後の2010年にパッカーアップステークス(GIII)を制して重賞初制覇[2]2014年にはブリーダーズカップ・スプリントを人気薄のワークオールウィークで制し、初のGI勝利を果たしている[3]2015年にはザピッツァマン(The Pizza Man)でアーリントンミリオンを制し、ブリーダーズカップではキャッチアグリンプス(Catch a Glimpse)でジュヴェナイルフィリーズターフ、モンゴリアンサタデー(Mongolian Saturday)でターフスプリントの2レースを制した。その翌年の2016年には自己最多の217勝を挙げるなど、アメリカにおけるトップジョッキーの1人となった[4]

ジェルーの名声を一躍高めたのは2017年エクリプス賞年度代表馬ガンランナーであった。同馬とのコンビではブリーダーズカップ・クラシックペガサスワールドカップなどGI6勝を含む重賞10勝を挙げた[1]

2018年5月23日にアメリカ合衆国の市民権を取得した[5]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.121】フローレン・ジェルー(PART-2). UMA-JiN(2017年4月20日付). 2018年11月2日閲覧
  2. ^ 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.80】フローレン・ジェルー. UMA-JiN(2017年4月20日付). 2018年11月2日閲覧
  3. ^ Alicia Wincze Hughes. Geroux Gets Next Classic Chance With Quip. Bloodhorse(May 17. 2018). 2018年11月2日閲覧
  4. ^ James Willoughb. Florent Geroux: the ebb and flow of a top rider in the U.S.. Thoroughbred Racing Commentary(Feburuary 1, 2018). 2018年11月2日閲覧
  5. ^ Jennie Rees. Jockey Florent Geroux spends first July 4th as American citizen at Ellis Park. Courier & Press(July 4, 2018). 2018年11月2日閲覧

関連項目[編集]