フワンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
フワンテ
全国
エテボース - フワンテ(#425) - フワライド
シンオウ
エテボース - フワンテ(#065) - フワライド
基礎データ
英語名 Drifloon
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 フワライド
世代 第4世代
ポケモン学
分類 ふうせんポケモン
タイプ ゴースト / ひこう
高さ 0.4m
重さ 1.2kg
特性 ゆうばく / かるわざ
かくれ特性 ねつぼうそう
テンプレートを表示

フワンテは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

顔の付いた色の風船のような姿をしたポケモン。紐のような手を掴んだ子供をあの世へ連れて行こうとするが、体重は1.2kgと軽いため逆に引っ張られ振り回されてしまうという。口元は×状にテープを張られているように見えるが、偽物らしく、一応口を開けられるようだ。

ゲームでのフワンテ [編集]

ダイヤモンド・パール』より登場。金曜日にのみ「たにまのはつでんしょ」の前に現れ、話しかけることで戦闘となる。『ハートゴールド・ソウルシルバー』では出現しないが、エンジュシティのジムリーダー・マツバとの再戦後にGTSでフワライドを交換してもらい、タマゴを孵すことで入手が可能である。

「HP」「すばやさ」がやや高い。レベル28でフワライドに進化する。特性の一つ「かるわざ」を持つのはフワンテとフワライドのみである。

外伝作品でのフワンテ [編集]

時の探検隊・闇の探検隊』では「空間の洞窟」「ゼロの島(東部・西部・南部)」および隠しダンジョン「天空の階段」に出現するが、「天空の階段」以外では倒しても仲間にはならない。

ポケモンレンジャー バトナージ』では「かざんのどうくつ」に出現する。溶岩で途切れた道を渡るためにはフワンテのポケアシスト「ふゆういどう」が必要である。

アニメでのフワンテ [編集]

ダイヤモンド&パール』(以下DP)第28話「フワンテと北風の使い!」でジョーイ一家のポケモンとして初登場。4匹登場している。

第76話「レストラン七つ星!タッグバトルでフルコース!!」では、「レストラン七つ星」のチナツが使用。チアキのキリンリキと共に、ヒカリポッチャマハルカバシャーモ相手にタッグバトルをしたが、「炎と水のフュージョン」の前に敗れ去った。

第93話「踊るジムリーダー!メリッサ登場!!」ではヨスガシティジムリーダーのメリッサが使用した。このフワンテは彼女がタマゴから大切に育てたもので、「さいみんじゅつ」が使える[1]サトシブイゼルを戦闘不能にした上に、続いて繰り出されたヒコザルを「さいみんじゅつ」で眠らせる。その後ピカチュウの「10まんボルト」を受けるが、直後にフワライドへと進化する。

ANA作品「ピカチュウたんけんクラブ」には野生のフワンテとフワライドが登場。フワンテは多数いるが、フワライドは2匹のみである。ピカチュウ達やニャース達の移動手段として、パチリスを筆頭に勝手に乗られたが、嫌そうな様子は全く見せていない。

なお、声優はフワンテごとにまちまちであることが多い。

映画でのフワンテ [編集]

映画『ディアルガVSパルキアVSダークライ』でフワライドと共に空を飛んでいた。気球に乗っていたロケット団ムサシが捕まえようとしたが失敗し、フワンテ達のかぜおこしでに気球ごと吹き飛ばされた。

ポケモンカードでのフワンテ [編集]

超タイプのたねポケモン。2008年11月現在、以下のものが存在する。

  • ポケモンカードゲームDP
    • ランダム構築スターター スタンダードデッキ - 拡張パック「時空の創造 ダイヤモンドコレクション」「時空の創造 パールコレクション」にも収録されている。また明治製菓「ポケモンチョコスナック」のおまけカードにはイラストの異なるものが収録された。
    • 拡張パック 破空の激闘 - 通常のフワンテとは別に、色違いのフワンテが描かれたカードも収録されている。
    • エントリーパック'08
    • 対戦スターターパック「ヒードランVSレジギガス
  • ポケモンカードゲームDPt

その他におけるフワンテ [編集]

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームでは「さいみんじゅつ」はタマゴわざとなっており、レベルアップでは覚えない。

関連項目 [編集]