フーカスグリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
フーカスグリーン
Hooker's green
 
16進表記 #49796B
RGB (73, 121, 107)
CMYK (73, 36, 59, 15)
HSV (163°, 39.7%, 47.5%)
マンセル値 /
表示されている色は一例です

フーカスグリーン(英;Hooker's green)は、グリーン系に属する色名。色名があらわすとおり画家のHooker(ウィリアム・フッカー (植物画家))が由来となっている[1][注釈 1]フーカースグリーンフーカーズグリーンフッカーズグリーンフッカースグリーンフーカズグリーンの表記も使われる。


概要[編集]

この色は、植物画を描くために開発された色である[2]。特に中世は教養としてボタニカルアートが盛んで、その技術は植物の記録や、本への記載のために利用された。その過程のひとつとして世に出ている。かつてはプルシアンブルーガンボージの混色が利用されたが、ガンボージの毒性、耐久性のある顔料の開発進み、今日では絵の具メーカーなどはそれぞれ各社の調合レシピに則った製品が売られている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 年代は殆ど被るがウィリアム・ジャクソン・フッカーとはまったくの別人

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 植物画(ボタニカルアート)
  • サップグリーン
  • リーフグリーン