フードテーマパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
新横浜ラーメン博物館

フードテーマパーク(Food Theme Park)は、一つの料理食べ物のジャンルに特化して、その専門店を集めた屋内型施設である。専門店の集め方には、全国からそのジャンルの有名店を集める場合と、出店地域に限定する場合とがある。

概要[編集]

新横浜ラーメン博物館などに端を発するテーマパークの形態で、単に専門店を集めただけの施設は「フードコンプレックス」と呼ばれるが、統一感のあるコンセプトにより通常の店舗では味わえない雰囲気を持っており、テーマパークと言われる所以である。

昭和ノスタルジーと極めて親和性が高く、昭和ノスタルジーの流行と軌を一にして発展したと言っても過言でない。この中で、横町をイメージしてあえて狭くした通路、ガラス戸・駄菓子の陳列棚・ホーロー看板白黒テレビなどの小道具、セピア色から連想された茶色がかった照明、「大正レトロ」などの独特の丸みのある飾りフォントなどが、フードテーマパークの定番デザインとして定着していった。(もちろん茶色い照明や丸いフォントなどは実際の昭和30年代の再現でもなんでもなく、全ては記号化されたノスタルジーである。)

フードテーマパーク自体は新横浜ラーメン博物館などが1994年頃から営業しているが、2000年以降は全国的に数が増え、テーマにする料理もラーメン餃子プリンパンと多様化している。

また、施設内の店舗はしばしば入れ替えが行われる。卒業(撤退)はテナント側の都合によるもののほか、人気投票に基づくものもある。

ナムコ・ナンジャタウン(現:ナンジャタウン)を手がけているナムコバンダイナムコゲームス)にはこれらの開発専門チーム「チームナンジャ」が設けられており、最盛期には多くのフードテーマパーク施設の開発に協力していた。

1990年代にマイカルグループが全国のマイカルタウンで展開していた海のルネッサンス、ドレミファタウングルメコート、粋族館などは、ファンタジー色が強く、他のフードテーマパークとは一線を画していた。

全国の主な施設[編集]

ラーメン[編集]

中華系[編集]

スイーツ系[編集]

その他[編集]

閉店した施設[編集]

()内の日付は閉鎖日

  • 2001年
    • ドレミファタウングルメコート - 北海道小樽市(閉鎖日不明)
  • 2006年
    • ラーメン城下町 - 熊本県熊本市(2006年3月31日)
    • 宇都宮餃子共和国 - 栃木県宇都宮市(2006年6月30日)
  • 2007年
  • 2008年
    • 泉ヶ丘ラーメン劇場 - 大阪府堺市(2008年2月28日)
    • 仙台ラーメン国技場 - 宮城県仙台市(2008年2月29日)
    • 函館湯の川温泉らーめんブギ - 北海道函館市(2008年3月31日)
    • 明石ラーメン波止場 - 兵庫県明石市(2008年8月31日)
  • 2009年
  • 2010年
    • 福岡デザートフォレスト - 福岡県福岡市 (2010年1月10日)
    • 浪花餃子スタジアム - 大阪府大阪市(2010年1月11日)
    • 大阪デザートフォレスト - 大阪府守口市 (2010年2月)
    • 名古屋デザートフォレスト - 愛知県名古屋市 (2010年3月31日)
    • 台場小香港 - 東京都港区(2010年3月31日)
  • 2011年
    • 立川中華街 - 東京都立川市(中国各地域の料理店や中華食材などの物販店などを1フロアに集め、旧正月のイベントなども行っていた。2011年3月31日をもって閉鎖。現在では通常の食堂街になっている。)
    • 札幌スープカレー横丁 - 北海道札幌市中央区(2011年7月31日)
  • 2020年
  • 閉鎖時期が不明な施設

関連項目[編集]