フーベルタス・フォン・ボニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フーベルタス・フォン・ボニン
Hubertus von Bonin
生誕 1911年8月3日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ブランデンブルク州
ポツダム
死没 (1943-12-15) 1943年12月15日(32歳没)
ヴィーツェプスク
ハラドーク付近
所属組織 Balkenkreuz.svgドイツ空軍
軍歴 1938年 - 1943年
最終階級 中佐
テンプレートを表示

フーベルタス・フォン・ボニンHubertus von Bonin1911年8月3日 - 1943年12月15日)はドイツ空軍軍人第二次世界大戦で77機を撃墜したエース・パイロットであり、その戦功から騎士鉄十字章を授与された。

経歴[編集]

1911年8月3日ポツダムドイツ空軍のボギスラフ・フォン・ボニン大佐の息子として生まれた。1938年の秋、コンドル軍団に参加し、第88戦闘飛行隊第3中隊に配属された。12月5日ヴェルナー・メルダースに代わり中隊長となった。フォン・ボニンはスペイン内戦で4機を撃墜し、剣付スペイン十字章金章を授与された。1939年6月にドイツへ帰還すると、同月28日に第26戦闘航空団(JG 26)第5中隊の中隊長に任命された。1940年1月1日第54戦闘航空団(JG 54)第I飛行隊の飛行隊長となり、部隊を率いて西部戦線で戦った。5月11日、第二次世界大戦の初戦果を記録し、9月中旬までにイギリスの戦闘機と爆撃機を8機撃墜した。1941年7月1日、第4戦闘機学校に転属した。10月10日東部戦線第52戦闘航空団(JG 52)第III飛行隊の飛行隊長となった。1942年5月、東部予備戦闘飛行隊の司令となり、同月22日まで指揮した。11月17日、30機撃墜を達成し、12月21日、51機撃墜の功により騎士鉄十字章を授与された。1943年5月3日、60機撃墜を達成した。7月6日、JG 54の戦闘航空団司令に任命された[1]

12月15日ヴィーツェプスク付近でソ連のP-39に撃墜され戦死した[2]。享年32歳。死後、名誉特進により中佐に昇進した。総撃墜数77機の内訳は、4機がスペイン内戦、9機が西部戦線、64機が東部戦線で記録したものだった。

ボニンには二人の兄弟がいた。兄のユルゲン=オスカー・フォン・ボニンは輸送航空団の機上偵察員だったが戦死した。弟のエッカート=ヴィルヘルム・フォン・ボニンは第1夜間戦闘航空団第II飛行隊の飛行隊長を務めたエース・パイロットで、大戦を生き抜いた。

叙勲[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Obermaier 1989, p. 91.
  2. ^ Weal 2001, p. 107.
  3. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 51.
  4. ^ Fellgiebel 2000, p. 139.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) [1986] (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Weal, John (1998). Focke-Wulf Fw 190 Aces of the Russian Front. London, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-85532-518-0. 
  • Weal, John (2001). Jagdgeschwader 54 'Grünherz'. Oxford, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-286-9. 
  • Weal, John (2004). Jagdgeschwader 52: The Experten (Aviation Elite Units). London, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-786-4. 
軍職
先代:
ハンネス・トラウトロフト大佐
第54戦闘航空団「グリュンヘルツ」の戦闘航空団司令
1943年7月6日1943年12月15日
次代:
アントーン・マダー中佐