フーワイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
フーワイ
欧字表記 Hooh Why
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2006年2月25日(9歳)
Cloud Hopping
Magic Merger
母の父 Corporate Report
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州
生産 ゲイル・ギー
馬主 ダービーデイズファーム社
&マーク・ホフマン
調教師 ドンナ・デュピュイ(アメリカ)
競走成績
生涯成績 54戦12勝
テンプレートを表示

フーワイ (Hooh Why) はアメリカ合衆国で生産された競走馬である。

経歴[編集]

2008年7月26日アーリントンパーク競馬場で行われた競走馬デビュー戦を制して初勝利を挙げ、その後は一般競走を2走して4着と2着になった。10月にはカナダに遠征し、ウッドバイン競馬場で行われた遠征初戦の一般競走を制して2勝目を挙げ、その後もウッドバイン競馬場で2走して3着と2着となった。さらに帰国後の12月27日にもレースに出走して3着となり、2歳時は7走して2勝を挙げた。

3歳となっての初戦は2009年1月24日サンシャインミリオンズオークスに出走したがベルテーヌにアタマ差で敗れて2着、続く重賞及びG1競走初挑戦となったサンタアニタオークスではスターダムバウンドに敗れて3着となるなど惜敗が続いたが、4月4日アッシュランドステークスではコーリー・ラナリーが初騎乗し9頭中8番人気という低評価ながら、当時G1競走5連勝中で圧倒的1番人気に支持されていたスターダムバウンドを3着に抑えて逃げ切り勝ちを収め、重賞及びG1競走初勝利を挙げた[1][2]。その後、ダブルデルタステークスで3着になった後、カナダに遠征して5月17日のレースを制した。しかし、その後は勝ちきれないレースが続いた。

古馬になってからは8勝を挙げ、2013年6月30日のレースを最後に引退した。

血統表[編集]

フーワイ血統ミスタープロスペクター系 / Damascus 4×5=9.38%(母内)、Nasrullah 5×5=6.25% (血統表の出典)

Cloud Hopping
1997 栗毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Skimble
1989 栗毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Nimble Folly Cyane
Instant Sin

Magic Merger
1995 鹿毛
Corporate Report
1988 栗毛
Private Account Damascus
Numbered Account
Ten Cents a Kiss Key to the Mint
Justakiss
Wicked Ways
1987 鹿毛
Devil's Bag Halo
Ballade
Lien Never Bend
Sunny Dame F-No.9-a
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

血統背景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のラナリー、デュピュイ厩舎、馬主にとっても同競走初勝利となった。
  2. ^ アシュランドS、伏兵フーワイが制す 2009年4月5日。