ブギーナイト・フィーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブギーナイト・フィーバー
キャプテンストライダムシングル
初出アルバム『ベストロリー
B面 北京原人
Shangri-La
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ディスコ
ロック
J-Pop
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
作詞・作曲 キャプテンストライダム(作詞)
永友聖也
プロデュース CHOKKAKU(#1)
キャプテンストライダム
チャート最高順位
キャプテンストライダム シングル 年表
人間ナニモノ!?
2008年
ブギーナイト・フィーバー
2009年
テンプレートを表示

ブギーナイト・フィーバー」は、キャプテンストライダムの11thシングル。2009年5月20日発売。

解説[編集]

“ディスコ・イヤー”と銘打った2009年第一弾シングルで、アート・ディレクターは信藤三雄[2]。キャプテンストライダムのシングル作品としては前作より約1年ぶりの発表。

表題曲はサウンドプロデューサーにCHOKKAKUを迎えた[3]

初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。初回盤はDVD付きで、「ブギーナイト・フィーバー」のPVとメイキングが収録される。PVには亀田史郎リリー・フランキーちわきまゆみらが出演している[4]

翌年に活動終了したこともあり、これら3曲はオリジナルアルバムには収録されていない。ただし翌年に発売されたベストアルバム『ベストロリー』にはすべて収められている[注釈 1]。またこの作品以降にシングルを発売していないため、キャプテンストライダムの最後のシングル作品となった。

発売された翌月より、本作を引っ提げたワンマンツアー『CTSR DISCO JOURNEY SUMMER』が全国8都市で敢行された[3]

収録曲[編集]

  1. ブギーナイト・フィーバー (4:27)
    (作詞:キャプテンストライダム 作曲:永友聖也 編曲:CHOKKAKU、キャプテンストライダム)
    J SPORTSプロ野球中継「J SPORTS STADIUM 2009」テーマソング
    テーマは「ディスコ」で、歌詞はメンバー3人で持ち寄せたフレーズをコラージュさせて作られた[5]
  2. 北京原人 (4:08)
    (作詞・作曲:梅田啓介 編曲:キャプテンストライダム)
    梅田啓介(Ba)の初単独作詞作曲のファンク・ディスコチューン。一発録音された[5]
  3. Shangri-La (4:09)
    (作詞:電気グルーヴ 作曲:電気グルーヴ, BEBU SILVETTI 編曲:キャプテンストライダム)
    電気グルーヴのカバー曲。2008年に行われた『明日に向かって踊れ!』ツアー終了後にレコーディングされた[5]
    発売に先駆け、本曲の着うたが先行配信された[2]

DVD(初回生産限定盤のみ)[編集]

  • Making of "ブギーナイト・フィーバー"
  • ブギーナイト・フィーバー (Video Clip)

収録アルバム[編集]

ブギーナイト・フィーバー

北京原人

Shangri-La

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ #2、#3は初回ボーナスディスクのみ

出典[編集]