ブギーマン (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブギーマン
Boogeyman
監督 スティーヴン・ケイ
脚本 エリック・クリプキ
ジュリエット・スノーデン
スタイルズ・ホワイト
原案 エリック・クリプキ
製作 サム・ライミ
ロブ・タパート
製作総指揮 ゲイリー・ブライマン
ジョー・ドレイク
スティーヴ・ヘイン
ネイサン・カヘイン
カーステン・ロレンツ
出演者 バリー・ワトソン
エミリー・デシャネル
音楽 ジョセフ・ロドゥカ
撮影 ボビー・ブコウスキー
編集 ジョン・アクセルラッド
製作会社 ゴースト・ハウス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 角川ヘラルド・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年2月4日
日本の旗 2006年6月3日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $46,752,382[2]
世界の旗$67,192,859[2]
次作 ブギーマン2 憑依
テンプレートを表示

ブギーマン』(原題:Boogeyman)は、2005年制作のアメリカ合衆国ホラー映画サム・ライミ製作。

映画『ハロウィン』シリーズと同じく、ブギーマンを題材としているが、『ハロウィン』シリーズとは関連はなく、ブギーマンも同作のブギーマンとは無関係である。

続編『ブギーマン2 憑依』、『ブギーマン3』も製作された。

あらすじ[編集]

ティムは仕事もプライベートも順調な一見普通の青年だが、あるトラウマを抱えていた。

それは彼が8歳の時のある夜、父親が自室のクローゼットから現れた影のような化け物・ブギーマンに襲われ、行方不明となったというものだった。

それ以来、ティムはいつかブギーマンが今度は自分を連れ去りにやってくるのではないかと脅えながら生きてきた。

ある日、彼に母メアリーの死の報せが届き、ティムは久々に帰郷する事になった。

母の葬儀を済ませたティムは、トラウマの原因となった生家のクローゼットに久々に足を踏み入れるが、そこで怪現象に遭遇する。

さらに恋人のジェシカまでもが行方不明となり、ティムは自分と同じようにブギーマンが存在することを知る不思議な少女フラニーや、幼なじみのケイトの協力を得てブギーマンと対峙する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]