ブギー (音楽ジャンル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブギー (音楽ジャンル)
様式的起源 Post-Disco
Funk
New wave
Contemporary R&B
Jazz
Electronic music
文化的起源 1970年代後期
使用楽器 Vocal, Synthesizer, keyboards, bass guitar, bass synthesizer, sampler, sequencer, percussion(Latin percussion, drums, drum machine)
派生ジャンル Nu-discoCity pop
サブジャンル
Electro (Electro-funk)
融合ジャンル
House
テンプレートを表示

ブギー(英語:Boogie)(ポスト・ディスコ[1][2][3]エレクトロ・ファンクとも呼ばれる)[3]は、ポスト・ディスコと関連するエレクトロニック・ダンス・ミュージックであるR&Bのジャンル。1970年代後期から1980年代中期にかけて、まずアメリカで出現した。ボーカルやその他のエフェクトに重点を置き、生楽器と電子楽器を組み合わせたサウンドが特徴である。後にエレクトロ・ファンクや、ハウスへと派生した。[4][5][6][7][8]

概要[編集]

ブギーはポスト・ディスコの例にならって、一般的にディスコ音楽の「伝統的な」[9]リズムである4つ打ちのビートを使っていない。 代わりに2番目と4番目のビートに強いアクセントがあり、テンポは通常110-116BPMのミドルテンポである。[2] ニュー・ウェイヴ音楽の技術やプロモーション的側面からの影響や、そのサブジャンルであるシンセポップからの影響を除き、ブギーはR&Bに根ざしたジャンルで[10]、サウンド面は主にファンクから引き出している。 全く異なる音楽ジャンルからの影響として、ジャズからの影響もある。[6] 一般的なブギーの曲の特徴は、ミドルテンポの使用、スラップ・ベースエレクトリックベース<80s初期~>、シンセベース<80s中期~>)、大きなハンドクラップ音、メロディカルなコード、そして特にシンセサイザーの使用などである。[4][5][11][12]

この言葉はイギリスのDJノーマン・ジェイ(en)とDez Parkesによって作られ、アフリカ系アメリカ人起源の1980年代初期のダンスミュージックの特定のジャンルを指す言葉としてeBayで使われていた。[4]

出典[編集]

  1. ^ DJ Spinna: The Boogie Back: Post Disco Club Jams (by Andrew Martin)”. Popmatters. 2011年12月18日閲覧。
  2. ^ a b Reynolds, Simon (2011年5月3日). “Name it on the 'boogie' – the genre tag that won't sit still (2011)”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/music/musicblog/2011/may/03/simon-reynolds-boogie-genre-term 2011年9月14日閲覧。 
  3. ^ a b Electro Funk Roots: The Building Blocks of Boogie (history)”. electrofunkroots.co.uk. 2009年8月11日閲覧。
  4. ^ a b c Serwer, Jesse (2009) XLR8R: Jesse Serwer in an interview with Dam-Funk. Retrieved on 2-2-2010.
  5. ^ a b Explore music...Genre: Post-disco”. Allmusic. 2009年4月11日閲覧。
  6. ^ a b Depuydt, Francis. “Boogie, Funk & Modern Soul from the 80s”. Danceclassics.net. 2009年8月11日閲覧。
  7. ^ Archived copy”. 2009年12月26日閲覧。
  8. ^ “Beatport launches nu disco / indie dance genre page” (プレスリリース), Beatport, (2008年7月30日), http://www.beatportal.com/feed/item/beatport-launches-nu-disco-indie-dance-genre-page/ 2008年8月8日閲覧, "Beatport is launching a new landing page, dedicated solely to the genres of "nu disco" and "indie dance". ... Nu Disco is everything that springs from the late ′70s and early ′80s (electronic) disco, boogie, cosmic, Balearic and Italo disco continuum..." 
  9. ^ Shapiro, Peter. (2000) Modulations: a History of Electronic Music: Throbbing Words on Sound, London: Distributed Art Publishers, 1-891024-06-X, p. 40
  10. ^ Various Artists—Disco Discharge: Disco Boogie”. Rovi Corp.. 2014年4月16日閲覧。
  11. ^ "Back to the Future: Dam-Funk in Wax Poetics" by Danny Holloway”. Stones Throw. 2011年8月24日閲覧。
  12. ^ Cateforis, Theo (2011). Are We Not New Wave?: Modern Pop at the Turn of the 1980s. The University of Michigan Press. p. 10. ISBN 9780472034703