ブザービーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブザービーター(buzzer beater)はバスケットボールアイスホッケー用語の一つで、ピリオドや試合の終了直前にシュートを放たれ、ボール・パックがプレーフィールド内にある間に残り時間が0となり、ゴールに入るショットのことを指す。まるでゴールによってブザーが鳴らされたように感じられることからこの呼名がある。

概要[編集]

バスケットボール[編集]

バスケットボールにおいては、サッカー等におけるロスタイムの概念がない。実際の試合では、各ピリオド開始からのランニングタイム(ファウル等で時計が一時停止する時間を除いた正味の試合時間)が10分を経過し、各ピリオドの残り時間が0.0秒となると、テーブルオフィシャルズからピリオドの終了を告げるブザー等のシグナル音が発せられる[1][2]、その瞬間にボールデッドとなりピリオドが終了する[3]。最終ピリオドでも同様で、同点で延長ピリオドが行われない限りその瞬間に試合が終了する。

ただし、ピリオド終了直前(すなわちブザーが鳴る前)にゴールに向かってボールが放たれ、ボールが空中にある瞬間にブザーが鳴った場合、そのボールは空中にある間有効であり、それがバスケットを通過してゴールとなった場合はその得点は有効とされるルールがある[2][4]。このため、プレーヤーはピリオドの終了時、つまり時間切れの瞬間には自分がどんな位置にいても(仮にそれが相手コートのバスケット下など、バスケットから遠く離れた位置であっても)とにかくシュートすることが多く、ブザーが鳴りながらボールがバスケットに吸い込まれるシーンが見られる。これが「ブザービーター」である。 試合が拮抗している時など、試合終了時のブザービーターが決まるか否かで試合結果が左右されることも多く、バスケットボールにおいて印象的となるプレーの一つである。

アイスホッケー[編集]

アイスホッケーの場合は、ピリオドは最終プレーと同時に終了するため、試合終了間際にゴールテンダーが攻撃参加する、もしくはゴールテンダーをフィールドプレーヤーに替えて(いわゆる『エンプティ』)6人攻撃を仕掛けると、ディフェンス陣内からのクリアパックがそのまま流れてゴールマウスに吸い込まれることがある。その場合でも得点は記録され、ピリオド最終タイムである19:59の得点として記録される。

それ以外でもゴール前での競り合いがピリオド内終盤で行われて、ショットと同時にピリオドが終了しブザービーターになることがある。

ブザービーターに由来する作品など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIBA公式ルール9.8。残り時間0.0秒の表示はバックボード後方のゲームクロックでも行われることがあるが、ブザーとタイミングがずれた場合はゲームクロックの表示を優先させる。
  2. ^ a b 試合終了時以外にも、24秒ルール(ショットクロックの項を参照)を告げる際にもブザー等が発せられる。この場合も24秒直前のシュートは有効となる。
  3. ^ FIBA公式ルール10.3
  4. ^ FIBA公式ルール10.4

参考資料[編集]