ブジョーノフスク (大型ミサイル艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
R-30
ブジョーノフスク
艦歴
R-30
Р-30
竣工 1983年 スレドネ=ネーフスキイ造船工場
所属 Naval Ensign of the Soviet Union.svg ソ連海軍バルト艦隊
Naval Ensign of Russia.svg ロシア海軍バルト艦隊
転属 1998年5月
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア海軍カスピ小艦隊
ブジョーノフスク
Буденновск
改称 2005年5月13日
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア海軍カスピ小艦隊
除籍 -
要目
艦種 大型ミサイル艇
艦型 206MR号計画「ヴィーフリ」型
工場番号 252
排水量 基準排水量 230 t
満載排水量 257 t
全長 38.6 m
全幅 7.6 m(艇体幅)
12.5 m(水中翼間)
喫水 2.1 m(艇体高)
3.26 m(水中翼高)
機関 3倍膨張式ディーゼルエンジンM-504 3 基 15000 馬力
推進 2推進
電源 ディーゼル発電機3 基 200 kWt
速力 最大速度 42.3 kn
巡航速度 14 kn
航続距離 1450 /14 kn
600 浬/37 kn
行動期間 5 日間
乗員 士官 5 名
水兵 24 名
武装 艦対艦ミサイルP-15M「テルミート」発射機 2 基
76 mm単装両用AK-176 1 基(弾数300 発)
30 mm6砲身機関砲AK-630 2 基(弾数1000 発)
個艦防空用艦対空ミサイル9K34「ストリラー3M」発射機 1 基(弾体16 発)
レーダー 水上索敵レーダー「ガルプーン」 1 基
射撃管制レーダーMR-123/176「ヴィーンペル」 1 基
航法レーダー「ドン」 1 基

ブジョーノフスク(ロシア語:Буденновскブジョーナフスク)は、ロシア連邦大型ミサイル艇(Большой ракетный катер)である。艦名は、南ロシアスターヴロポリ地方にある都市の名に因む。

概要[編集]

ブジョーノフスクは、ソ連時代に206MR号計画「ヴィーフリ」型大型ミサイル艇の最終艇となる12番艇として建造された。建造時の名称はR-30(Р-30エール・トリーッツァチ)で、スレドネ=ネーフスキイ造船工場で起工された。1983年には竣工し、二重赤旗受賞バルト艦隊に配属された。

ソ連が崩壊すると、R-30はロシア海軍に編入された。1998年5月にはカスピ小艦隊に移籍された。2005年5月13日には、管轄内にある都市の名に因みブジョーノフスクと改称された。2007年現在、現役に留まっていると見られている。