ブッゲ・ヴェッセルトフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・スコフィールドとともに、2006年にドイツで開かれたメルス・ニュー・ジャズ・フェスティバル英語版にて

イェンス・クリスチャン・ブッゲ・ヴェッセルトフト (Bugge Wesseltoft 1964年2月1日-)はノルウェーのジャズ音楽家・ピアニスト・作曲家・プロデューサー。

人物[編集]

ノルウェーポルスグルン英語版出身。 父はジャズ・ギター奏者エリク・ヴェッセルトフト。[1]

キャリア[編集]

Skienの高校卒業。16歳まではパンクバンドをやっていたが、父の影響を受けてジャズに進んだ。ブラスバンドやダンス楽団にて活動したのち、1983年に19歳でプロになった。1984年にオスローの父の元に引っ越した。

その後、ノルウェーのロック・ポップの分野で活躍していたが、ジャズが関心事だった。音楽の勉強を学校でするつもりだったが、仕事で忙しかったため、正規の音楽教育は諦めた。

1980年代末までU and Z、Et Cetera、Oslo Groove Companyなどのポップ、ロック、ジャズのバンドに参加した。ピアノの腕前によって次代の天才と見なされた。

クヌート・リースネス英語版1989年に共演。

アリルド・アンデルセン英語版と契約し、Vossajazzでアルバム『Sagn』 (1990) 『Arv』 (1993)を発表。

ヤン・ガルバレクのアルバム『I Took Up the Runes』 (1990)に参加。[1]

1990年初頭にノルウェーのジャズシーンに衝撃を与える。

ECMレコードと契約。フューチャージャズないしはニュージャズと呼ばれたスタイルで演奏する。その後ツアーでジャズロックを演奏し、自身のJazzlandレーベルで一連の録音を行う。

この時期ギタリストのテリエ・リピダルヨン・エベルソン英語版、実験的ジャズ・ヴォーカリストのシゼル・アンデルセン英語版などと共演。

1999年、ビリー・コブハムと『Billy Cobham presents Nordic - Off Color』を録音し、ツアーを行った。

シゼル・アンデルセン英語版との共演歴は長く、『Exile』(1994)をリリース。

1993年自身のアルバム『A Little War Story』をVossajazzに録音。

1996年に自身のバンドNew Conception Of Jazzを組織、アルバム『New Conception Of Jazz』を発表。スペルマン賞英語版を受賞した。[2]

1990年代に作品がノルウェーのテクノ・ダンス音楽シーンで支持された。

クラブシーンとのつながりは2000年の『Jazzland Remixed』アルバムにつながり、若い世代に大評判となった。

電子音楽に参入したことでアコースティックにこだわらなくなり、ジャンルの壁を越えてヒップホップの要素も取り入れた。

1998年『Sharing』ではDJやスクラッチを多用して、シーンに衝撃を与えた。[2]

『Existence』という曲がフィリップ・アレル英語版の映画『Extension du domaine de la lutte』(1994年のミシェル・ウエルベックの小説を映画化作品)に使われた。

2013年9月のノルウェーのKristiansandのThe Punkt Festivalでのピアノ・ソロ演奏は称賛された。[3]

受賞歴[編集]

  • 1996: Smugetprisen
  • 1996: スペルマン賞英語版ジャズ部門: New Conception of Jazz
  • 1997: コングスベルグジャズ賞英語版
  • 1998: スペルマン賞英語版ジャズ部門:Duplex Ride(シゼル・アンデルセンとの)
  • 1999 : Gammleng-prisen in the class Jazz
  • 2002: Spellemannprisen in Open class: Out here, In there
  • 2004: Buddyprisen, awarded by The Norwegian Jazz Forum[1]

盤歴[編集]

ソロ[編集]

ソロ・ピアノ
  • 1997: It's Snowing On My Piano(2013年再発)
  • 2007: Im
  • 2009: Playing
  • 2011: Songs
  • 2014: Ok World
New Conception of Jazzシリーズ
  • 1996: New Conception of Jazz
  • 1998: New Conception of Jazz: Sharing
  • 2001: New Conception of Jazz: Moving
  • 2003: New Conception of Jazz Live
  • 2004: New Conception of Jazz: Film Ing[2]

デュオ[編集]

シゼル・アンデルセン
  • 1994: Nightsong
  • 1998: Duplex Ride
  • 2002: Out Here, in There

参加作品[編集]

ヤン・ガルバレク
  • 1990: I Took Up the Runes (ECM Records)
アリルド・アンデルセン英語版
  • 1990: Sagn (Kirkelig Kulturverksted), commissioned work for Vossajazz
  • 1993: Arb (Kirkelig Kulturverksted)
シゼル・アンデルセン英語版
その他
  • 1991: Live at Rockefeller英語版 - Jazzpunkensembletとの共演
  • 1993: Tid - トーレ・ブルンボルグ英語版との共演
  • 1996: Nordic ビリー・コブハムとの共演
  • 1997: Thirteen Rounds with Jazzpunkensemblet
  • 1997: Bitt - アウドゥン・クレイヴ英語版との共演
  • 1998: Rites- ヤン・ガルバレクとの共演
  • 1998: Électronique Noire (Jazzland, EmArcy) -Eivind Aarsetとの共演
  • 1999: Friday Sessions - Jazzland Sessionsとの共演
  • 1999: Saturday Sessions - Jazzland Sessionsとの共演
  • 1999: Sunday Sessions - Jazzland Sessionsとの共演
  • 1999: Billy Cobham presents Nordic - Off Color Billy Cobhamとの共演
  • 2005: Cool Side of the PillowMichy Manoとの共演
  • 2005: The Cloud Making Machine Laurent Garnier との共演
  • 2007: Public Outburst Laurent Garnierとの共演
  • 2010: "Arabesque" Cæcilie Norby & ラルス・ダニエルソン|との共演
  • 2011: Duo - ヘンリク・シュワルツフランス語版との共演
  • 2012: Last Spring - ヘニング・クラッゲルード英語版との共演


ゲスト[編集]

  • 2001: ヨン・エベルソン Dreams That Went Astray
  • 2001: ビーディー・ベル英語版Home
  • 2001:エリック・トラファズ英語版 RevisitÈ
  • 2003: ビーディー・ベル英語版 Cewbeagappic
  • 2005: ビーディー・ベル英語版 Closer
  • 2006: マンゴリアン・ジェットセット英語版"Beauty Came To Us In Stone"

デュオ[編集]

ヤン・ガルバレク
  • 1998: Rites (ECM Records)
テリエ・リピダル
  • 2003: Vossabrygg (ECM Records), commissioned work for Vossajazz
ラルス・ダニエルソン英語版& ニルス・ペッター・モルヴェル
  • 2011: Beginner's Guide to Scandinavia (3CD, Nascente)

参考[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c Halvorsen, Tore (2009-02-13). “Bugge Wesseltoft Extended Biography” (Norwegian). Norsk Biografisk Leksikon. Kunnskapsforlaget. http://nbl.snl.no/Bugge_Wesseltoft/utdypning 2013年10月8日閲覧。. 
  2. ^ a b c Kelman, John. “Bugge Wesseltoft: New Conception of Jazz Box Review”. All About Jazz date=2009-03-04. 2013年10月8日閲覧。
  3. ^ Kelman, John (2013年12月13日). “John Kelman's Best Live Shows of 2013”. All About Jazz. 2013年12月14日閲覧。
受賞
先代:
Vigleik Storaas Trio
スペルマン賞英語版ジャズ部門受賞者
1996
次代:
Vigleik Storaas Trio
先代:
Nils Petter Molvær
Kongsberg Jazz Award受賞者
1997
次代:
Sidsel Endresen
先代:
Nils Petter Molvær
Recipient of the Open class Spellemannprisen
1998
次代:
Krøyt
先代:
Nils Petter Molvær
Recipient of the Jazz Gammleng-prisen
1999
次代:
Kristin Asbjørnsen
先代:
Anja Garbarek
Recipient of the Open class Spellemannprisen
2002
次代:
Niko Valkeapää
先代:
Petter Pettersson
Buddyprisen受賞者
2004
次代:
Arve Henriksen