ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブッシュウィック・アベニュー
-アバディーン・ストリート駅
Bushwick Avenue
– Aberdeen Street
NYCS-bull-trans-L.svg
ニューヨーク市地下鉄
Bushwick Aberdeen vc.jpg
駅ホーム
駅情報
住所 Bushwick Avenue & Aberdeen Street
Brooklyn, NY 11207
ブルックリン区
地区 ブッシュウィック英語版
座標 北緯40度40分58秒 西経73度54分19秒 / 北緯40.682851度 西経73.905158度 / 40.682851; -73.905158座標: 北緯40度40分58秒 西経73度54分19秒 / 北緯40.682851度 西経73.905158度 / 40.682851; -73.905158
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTカナーシー線
運行系統       L Stops all times (終日)
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1928年7月14日(90年前) (1928-07-14
利用状況
乗客数 (2015)598,393[1]増加 6.2%
順位 399位(422駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 ウィルソン・アベニュー駅: L Stops all times
南側の隣駅 ブロードウェイ・ジャンクション駅: L Stops all times

ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅(Bushwick Avenue – Aberdeen Street)はブルックリン区ブッシュウィック英語版にあるニューヨーク市地下鉄BMTカナーシー線の駅で、終日L系統が停車する。

歴史[編集]

ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅は1928年7月14日にカナーシー線が当時高架区間の西端だったブロードウェイ・ジャンクション駅からモントローズ・アベニュー駅まで延伸されたのに合わせて開業した[2]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札、駅員詰所、メトロカード自動券売機
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-L.svg 8番街駅行き
NYCS-bull-trans-L.svg 次の停車駅:ウィルソン・アベニュー駅
南行線 NYCS-bull-trans-L.svg カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅行き →
NYCS-bull-trans-L.svg 次の停車駅:ブロードウェイ・ジャンクション駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
通りに面したエントランス
ホーム壁のモザイク

ブッシュウィック・アベニュー-アバディーン・ストリート駅は相対式ホーム2面2線の地下駅である[3]。 2本のホームはわずかにカーブを描いており、ホーム北端では南行ホームの方が高い位置にある。これは、南隣のウィルソン・アベニュー駅で北行線が地上、南行線が高架上に上がるためである[3]

小さな駅舎がブッシュウィック・アベニュー北側のアバディーン・ストリート - デ・セールス・ストリート間に設けられている[3]。駅舎は高さ3.4メートル(11フィート)の格天井になっていて、吊り下げ式の照明や派手な鉄工品があり[3]、パーチメントブラウンのタイルがみられる[3]。柱は白タイルで覆われ、モザイクで"Bushwick Aberdeen"と書かれている[3]。精巧な磁器タイルのモザイクでタン、桃色、モーブ、ブラウンの帯が引かれ、その中央に黄色、クリーム色、緑色、バラ色がかったベージュ、スレートブルー、藍色や黒葡萄色のタイルが配されている[3]メザニンには明るい水色のタイルが貼られ、一部はパーチメントブラウンのタイルで置き換えられている[3][4]

 脚注[編集]

[ヘルプ]