ブライアン・ダーシー・ジェームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブライアン・ダーシー・ジェームズ
Brian d'Arcy James
ブライアン・ダーシー・ジェームズ Brian d'Arcy James
2018年撮影
生年月日 (1968-06-29) 1968年6月29日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州サギノー
職業 俳優
活動期間 1993年 -
公式サイト http://briandarcyjames.com/
主な作品
スポットライト 世紀のスクープ
SMASH
13の理由
テンプレートを表示

ブライアン・ダーシー・ジェームズBrian d'Arcy James1968年6月29日 - )は、アメリカ合衆国俳優

来歴[編集]

ミシガン州サギノー出身[1]ノースウェスタン大学卒業。

1993年に舞台で俳優デビュー、ブロードウェイのミュージカル『タイタニック』や『ペテン師と詐欺師』などで高い評価を得た。2009年にミュージカル『シュレック』(Shrek the Musical)でドラマ・デスク・アワードミュージカル男優賞を受賞した[2][3]。2000年代から映画・テレビドラマに進出、映画『スポットライト 世紀のスクープ』やテレビドラマ『SMASH』、『13の理由』の主役ハンナ・ベイカーの父親アンディ・ベイカー役などで知られる[4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2002 マンデー・ナイト・センセーション
Monday night mayhem
アル・マイケルズ テレビ映画、クレジットなし
2008 オー!マイ・ゴースト
Ghost Town
アイリッシュ・エディ
2012 ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女
Game Change
テッド・フランク テレビ映画
2013 アドミッション -親たちの入学試験-
Admission
ビリー・フリン
2014 ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度
Time Out of Mind
マーク
2015 スポットライト 世紀のスクープ
Spotlight
マティ・キャロル
シスターズ
Sisters
ジェリー
2017 ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
Rebel in the Rye
ジルー
モリーズ・ゲーム
Molly's Game
ブラッド
ザ・シークレットマン
Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
ロバート・カンケル
2018 1922
1922
ジョーンズ保安官
ファースト・マン
First Man
ジョセフ・A・ウォーカー
2019 X-MEN: ダーク・フェニックス
Dark Phoenix
アメリカ合衆国大統領 カメオ出演
ザ・キッチン
The Kitchen
ジム・ブレナン
スキャンダル
Bombshell
ブライアン・ウィルソン クレジットなし
2020 ウエスト・サイド・ストーリー
West Side Story
クラプキ巡査 ポストプロダクション

テレビドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2012 キャシーのbig C いま私にできること
The Big C
ティム 3エピソード
2012-2013 SMASH
Smash
フランク・ヒューストン 18エピソード
2013 グッド・ワイフ
The Good Wife
ノーラン刑事 1エピソード
2017-2018 13の理由
13 Reasons Why
アンディ・ベイカー 16エピソード
2020 ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白
The Comey Rule
マーク・ジュリアーノ ミニシリーズ

脚注[編集]