ブライアン・ブレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブライアン・ブレイド
生誕 (1970-07-25) 1970年7月25日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州
担当楽器 ドラムパーカッションギターボーカル
レーベル Nonesuch, Columbia, Verve, Blue Note, Warner Bros.
公式サイト brianblade.com

ブライアン・ブレイドBrian Blade , 1970年7月25日 - )はアメリカジャズミュージシャン、セッションミュージシャンシンガーソングライターバンドリーダー、作曲家。担当楽器はドラムパーカッションギターボーカル

来歴[編集]

アメリカ合衆国ルイジアナ州生まれ。幼いころはスティービー・ワンダーアル・グリーンを聞き、ゴスペル音楽に触れ合って育つ。小学校に入ったころから様々な打楽器をたたくようになり、9歳から13歳の頃にはオーケストラでヴァイオリンも演奏していた。その後、兄の影響でドラムを演奏するようになる。高校に入りジョン・コルトレーンチャーリー・パーカーマイルス・デイヴィスアート・ブレイキーセロニアス・モンクエルヴィン・ジョーンズジョニ・ミッチェル等を聞き始める。18歳になりロヨラ大学に通うためにニューオーリンズに移住。そこでエリス・マルサリス等のニューオーリンズに住む有名ミュージシャン達とセッションを交わした。
そのあとジョシュア・レッドマンケニー・ギャレット英語版のサイドマンとしてデビュー。ジャズシーンの精鋭のみならず、ジョニ・ミッチェルボブ・ディランダニエル・ラノワらロック界の大御所のレコーディングにも参加した。

1997年、ジェフ・パーカー、ジョン・カワード、クリストファー・トーマス、マイロン・ウォルデンメルヴィン・バトラーを集めて「ザ・フェロウシップ」バンドを結成し、バンド名を冠したアルバム『ブライアン・ブレイド・フェロウシップ』(1998年)を発表した。2000年にギタリストはジェフ・パーカーからカート・ローゼンウィンケルに交代した。

2000年に入ってウェイン・ショーターの新アコースティックカルテットにダニーロ・ペレス英語版ジョン・パティトゥッチと共に加入した。

2009年にはシンガーソングライターとしてのアルバム『ママ・ローザ』をリリースした。この中ではアコースティックギター持ってブルースやフォーク調のシンプルな曲を歌っている。2009年頃からダニエル・ラノワとのロックバンドブラック・ダブを結成し、ワールドツアーを行い、同時期にワールドツアー中だった、チック・コリアジョン・マクラフリンのファイブ・ピーズ・バンドにも参加してアジアツアーの成功および同バンドで第52回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム)を獲得した。

自身のバンド「ザ・フェロウシップ」、ウェイン・ショーターのアコースティックカルテット、「ブラック・ダブ」他、様々なミュージシャンのレコーディングに参加したり、ライヴサポートを続けながら、2010年の後半にはチック・コリア、クリスチャン・マクブライドとのトリオでツアーを行うなど日々新しい音楽の息吹を求め、最も多忙なジャズミュージシャンのひとりとして世界を飛び回っている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • 『ブライアン・ブレイド・フェロウシップ』 - Brian Blade Fellowship (Blue Note) 1998年
  • 『パーセプチュアル』 - Perceptual(1999年録音)(Blue Note) 2000年
  • 『シーズン・オブ・チェンジズ』 - Season of Changes (Verve) 2008年
  • 『ママ・ローザ』 - Mama Rosa (Verve Forecast) 2009年
  • 『ランドマークス』 - Landmarks (Blue Note) 2014年
  • 『チルドレン・オブ・ザ・ライト』 - Children of the Light (Mack Avenue) 2015年
  • 『ボディ・アンド・シャドウ』 - Body and Shadow (Blue Note) 2017年

ブラック・ダブの作品[編集]

(ブライアン・ブレイド、ダニエル・ラノワダリル・ジョンソン英語版トリクシー・ウィートリー英語版

共同名義作品[編集]

ウォルフガング・ムースピール英語版およびマーク・ジョンソンとのトリオ

  • Real Book Stories (Quinton) 2001年
  • Air, Love, and Vitamins (Quinton) 2004年

ウォルフガング・ムースピールとのデュオ

  • Friendly Travelers (Material) 2007年
  • Friendly Travelers Live (Material) 2008年

ロン・マイルスおよびビル・フリゼールとのトリオ

  • 『クイヴァー:三人主義』 - Quiver (Enja) 2012年

ジョン・パティトゥッチおよびダニーロ・ペレス英語版とのトリオ

  • 『チルドレン・オブ・ザ・ライト』 - Children of the Light (Mack Avenue) 2015年

サイドマン作品[編集]

1990年代
  • ケニー・ギャレット英語版の作品に参加, 『ブラック・ホープ』 - Black Hope (Warner Bros.) 1992年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『ムード・スウィング』 - Moodswing(1994年録音)(Warner Bros.) 1994年
  • ブラッド・メルドーの作品に参加, 『イントロデューシング』 - Introducing Brad Mehldau(1995年録音)(Warner Bros.) 1995年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『スピリット・オブ・ザ・モーメント:ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - Spirit of the Moment Live at Village Vanguard(1995年録音)(Warner Bros.) 1995年
  • ケニー・ギャレットの作品に参加, 『トリオロジー』 - Triology (Warner Bros.) 1995年
  • ケニー・ギャレットの作品に参加, 『追求(PURSUANCE):コルトレーンに捧ぐ』 - Pursuance: Music of John Coltrane (Warner Bros.) 1996年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『フリーダム・イン・ザ・グルーヴ』 - Freedom in the Groove (Warner Bros.) 1996年
  • ボブ・ディランの作品に参加, 『タイム・アウト・オブ・マインド』 - Time Out of Mind(1996年~録音)(Columbia) 1997年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『タイムレス・テイルズ』 - Timeless Tales (For Changing Times) (Warner Bros.) 1998年
  • マーク・ターナー英語版の作品に参加, In This World(1998年録音)(Warner Bros.) 1998年
  • ジョニ・ミッチェルの作品に参加, 『テイミング・ザ・タイガー』 - Taming the Tiger(1997年録音)(Reprise) 1998年
  • マーク・ターナーの作品に参加, Ballad Session(1999年録音)(Warner Bros.) 2000年
2000年代
  • ジョー・ヘンリー英語版の作品に参加, Scar(2000年録音)(Mammoth) 2001年
  • ジョン・パティトゥッチの作品に参加, Communion(2001年録音)(Concord) 2001年
  • ノラ・ジョーンズの作品に参加, 『ノラ・ジョーンズ』 - Come Away with Me(2001年録音)(Blue Note) 2002年
  • ウェイン・ショーターの作品に参加, 『フットプリンツ〜ベスト・ライヴ!』 - Footprints Live!(2001年録音)(Verve) 2002年
  • チャーリー・ヘイデンの作品に参加, 『アメリカン・ドリームス』 - American Dreams(2002年録音)(Verve) 2002年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『エラスティック』 - Elastic (Warner Bros.) 2002年
  • ジョニ・ミッチェルの作品に参加, 『トラヴェローグ』 - Travelogue(2002年録音)(Nonesuch) 2002年
  • ウォルフガング・ムースピール英語版の作品に参加, Real Book Stories (Quinton) 2003年
  • ジョン・パティトゥッチの作品に参加, Songs, Stories & Spirituals (Concord) 2003年
  • ウェイン・ショーターの作品に参加, 『アレグリア』 - Alegría (Verve) 2003年
  • ウェイン・ショーターの作品に参加, 『ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー』 - Beyond the Sound Barrier(2002年~2004年録音)(Verve) 2005年
  • ノラ・ジョーンズの作品に参加, 『フィールズ・ライク・ホーム』 - Feels Like Home(2003年~録音)(Blue Note) 2004年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『モメンタム』 - Momentum (Nonesuch) 2005年
  • ジョン・パティトゥッチの作品に参加, 『ライン・バイ・ライン』 - Line by Line (JVC Victor/Concord) 2006年
  • サム・ヤエル英語版・トリオの作品に参加, 『トゥルース・アンド・ビューティ』 - Truth and Beauty (ewe) 2006年
  • ジョニ・ミッチェルの作品に参加, 『シャイン』 - Shine (Hear Music/Universal) 2007年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『バック・イースト』 - Back East (Nonesuch) 2007年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『コンパス』 - Compass(2008年録音)(Nonesuch) 2009年
  • ジョン・パティトゥッチの作品に参加, Remembrance (Concord) 2009年
2010年代
  • ウェイン・ショーターの作品に参加, 『ウィズアウト・ア・ネット』 - Without a Net(2010年~録音)(Blue Note) 2013年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『ウォーキング・シャドウズ』 - Walking Shadows(2012年9月録音)(Nonesuch) 2013年
  • アイアン・アンド・ワインの作品に参加, Ghost on Ghost (4AD/Nonesuch) 2013年
  • チック・コリア・トリオの作品に参加, 『トリロジー』 - Trilogy (Concord) 2013年(第57回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム))
  • ジョン・パティトゥッチの作品に参加, Viva Hermeto! (Borandá) 2014年
  • アントニオ・サンチェス英語版の作品に参加, Birdman (Milan) 2014年
  • ビリー・チャイルズの作品に参加, Map to the treasure: Reimagining Laura Nyro (Sony) 2014年
  • ジェニー・シェインマン英語版の作品に参加, The Littlest Prisoner (Sony) 2014年
  • サラ・マクラクランの作品に参加, Shine On (Verve) 2014年
  • ウォルフガング・ムースピールの作品に参加, Driftwood (ECM) 2014年
  • ジョー・ジャクソンの作品に参加, Fast Forward (Caroline) 2015年
  • ジョエル・ハリソン英語版 5の作品に参加, Spirit House (Whirlwind) 2015年
  • ウォルフガング・ムースピールの作品に参加, Rising Grace (ECM) 2016年
  • ノラ・ジョーンズの作品に参加, 『デイ・ブレイクス』 - Day Breaks (Blue Note) 2016年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『スティル・ドリーミング』 - ‎Still Dreaming(2017年4月録音)(Nonesuch) 2018年
  • ウェイン・ショーターの作品に参加, 『エマノン』 - Emanon (Blue Note) 2018年

参考文献[編集]