ブライアン・マギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブライアン・マギー
基本情報
本名 ブライアン・マギー
階級 スーパーミドル級
身長 183cm
リーチ 188m
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1975-06-09) 1975年6月9日(44歳)
出身地 リスバーン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 42
勝ち 36
KO勝ち 25
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 ボクシング
ヨーロッパボクシング選手権
1998 ミンスク ミドル級
コモンウェルスゲームズ
1998 クアラルンプール ミドル級

ブライアン・マギーBrian Magee1975年6月9日 - )は、イギリスの元プロボクサーリスバーン出身。元WBA世界スーパーミドル級王者。

来歴[編集]

アマチュア時代に1998年ヨーロッパアマチュアボクシング選手権ミドル級で銀メダル、1998年コモンウェルスゲームズでは同じくミドル級で銅メダルを獲得している。

1999年3月3日、プロデビュー。2回TKO勝ち。

2001年1月29日、ニール・リンフォードとIBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座決定戦で対戦し、12回大差判定勝ち。王座獲得に成功した。

2001年12月10日、IBO世界スーパーミドル級王者ラモン・アルトゥロ・ブリテェズと対戦し、初回KO勝ちで王座獲得に成功した。

同王座を7度防衛してきたが、2004年6月26日、ロビン・リードと対戦し12回僅差判定負けを喫し、8度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2005年7月16日、ビタリ・ツィブコと、EBU欧州スーパーミドル級王座決定戦を行い、2-1の僅差判定負けでタイトル獲得ならず。

2006年5月26日、BBBofC英国スーパーミドル級並びにコモンウェルスイギリス連邦スーパーミドル級王者カール・フローチと対戦。判定上は僅差で逆転圏内にあったが、11回1分21秒KO負けを喫しBBBofC英国王座の獲得、同時にコモンウェルスイギリス連邦王座の獲得に失敗した。

2007年8月25日、BBBofC英国ライトヘビー級王者トニー・オアキィーと対戦。12回引き分けに終わり王座獲得ならず。

2008年12月13日、BBBofC英国スーパーミドル級王座決定戦でスティーブ・マグワイアと対戦し、無敗の相手を8回KOで沈め、王座獲得に成功した。

2010年1月30日、EBU欧州スーパーミドル級王座決定戦を、マドゥス・ラーセンと対戦し、7回TKO勝ちで王座獲得した。

2010年9月11日、ダブリンのナショナル・スタジアムでロマン・アラミアンと対戦し、アラミアンの8回終了時棄権によりEBU王座の初防衛に成功した。

2011年3月19日、世界初挑戦。IBF世界スーパーミドル級王者ルシアン・ブーテと対戦。10回TKO負け。王座獲得ならず[1]

2011年7月30日、ジェイミー・バルボサとWBA世界スーパーミドル級暫定王座決定戦を行い、12回大差判定勝ち。王座獲得に成功した[2]

2012年2月18日、デンマークブロンビーブロンビー・ハーレンでルーディ・マークンセンと対戦し、5回KO勝ち。初防衛に成功した。

2012年9月、当初は同年7月7日に正規王者カロリー・バルザイとの王座統一戦に合意しマギー陣営が興行権を得たが、バルザイが契約書へのサインを拒否したことで実現しなかった[3]

WBAは王座統一戦の早期実現を求め、同年9月22日に王座統一戦を行うことで王座統一戦の延期を認めたが[4]、王座統一戦が行われる気配もなく、王座統一戦の実現の目処が立たないことから、バルザイからWBA世界スーパーミドル級王座を剥奪[5]、同年10月30日にインドネシアジャカルタで行われたWBA総会でWBAコンベンションが行われ、マギーの正規王座認定と2012年12月8日にデンマークヘアニンユスケ・バンク・ボクセンで元WBA・WBC世界スーパーミドル級スーパー王者[要出典]ミッケル・ケスラーと2度目の防衛戦を行うことが決定した。

2012年12月8日、WBAコンベンションの決定に基づき、デンマークヘアニンのユスケ・バンク・ボクセンで元WBA・WBC世界スーパーミドル級スーパー王者[要出典]ミッケル・ケスラーと対戦し、3回24秒TKO負けを喫し2度目の防衛に失敗、王座を失った[6]。ドーピング検査で覚せい剤の一種であるオキシロフリンとβメチルフェネチルアミンの陽性反応を示し6ヶ月の出場停止処分が下され、その試合で引退した[7]

獲得タイトル[編集]

  • IBOインターコンチネンタルスーパーミドル級王座
  • IBO世界スーパーミドル級王座
  • BBBofC英国スーパーミドル級王座
  • EBU欧州スーパーミドル級王座
  • WBA世界スーパーミドル級暫定王者(防衛1→正規王座認定)
  • WBA世界スーパーミドル級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ ブーテV7 英国人マギーを一蹴 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月21日
  2. ^ 36歳のマギーが暫定王者に WBA・S・ミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月1日
  3. ^ Karoly Balzsay vs Brian Magee is Tentative For July 7th Boxing Scene.com(英語) 2012年6月12日
  4. ^ Karoly Balzsay-Brian Magee in Play For September 22 Boxing Scene.com(英語) 2012年7月12日
  5. ^ WBA公式サイト WBA Official Ratings as of September 2012参照
  6. ^ ケスラーが王座返り咲き WBA世界S・ミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月9日
  7. ^ Brian Magee, former boxing champion, is latest sportsman to test positive for Oxilofrine and is banned for six months”. The Telegraph.co.uk (2013年7月22日). 2013年9月9日閲覧。

関連項目[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ジェイミー・バルボサ
WBA世界スーパーミドル級暫定王者
2011年7月30日 - 2012年10月30日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
カロリー・バルザイ
WBA世界スーパーミドル級王者

2012年10月30日 - 2012年12月8日

次王者
ミッケル・ケスラー