ブライアン・C・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ブライアン・C・シュミットBrian C. Schmidt, 1966年 - )は、カナダのカールトン大学政治学部助教授。

1966年、ドイツ系アメリカ人の家庭に生まれた。

ニューヨーク州立大学アルバニー校で博士号取得後、同大ニュー・プラッツ校、ウェールズ大学を経て、現職。

政治理論専門家ジョン・ガネル(John G. Gunnell)に依拠した方法を用いて、国際関係論の歴史(特に第二次世界大戦以前)の再検討を中心課題としている。

目次

著作

単著

  • The Political Discourse of Anarchy: A Disciplinary History of International Relations, (SUNY Press, 1998).

編著

  • International Relations and the First Great Debate, Routeledge, 2012.

共編著

  • Imperialism and Internationalism in the Discipline of International Relations, co-edited with David Long, (State University of New York Press, 2005).

論文

  • "The Historiography of Academic International Relations", Review of International Studies, vol. 20, no. 4 (1994).
  • "Lessons from the Past: Reassessing the Interwar Disciplinary History of International Relations", International Studies Quarterly, vol. 42, no. 3 (1998).
  • "Together Again: Reuniting Political Theory and International Relations Theory", British Journal of Politics and International Relations, vol. 4, no. 1 (2002).
  • "Anarchy, World Politics and the Birth of a Discipline: American International Relations, Pluralist Theory and the Myth of Interwar Idealism", International Relations, vol. 16. no. 1 (2002).
  • "Realism as Tragedy", Review of International Studies, vol. 30, no. 3 (2004).
  • "Competing Realist Conceptions of Power", Millennium, vol. 33, no. 3 (2004).

今日は何の日(7月21日

もっと見る

「ブライアン・C・シュミット」のQ&A