ブライダルインナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブライダルインナー ビスチェタイプ

ブライダルインナー英語:bridalinner)とは、結婚式の際にウエディングドレスを美しく着用するための下着を意味する。ドレスの下に着用し、その美しいラインを造り出せるようボディラインを整える補正下着の一種である。ドレス下着ウエディング下着などとも呼ばれるが、総称して「ブライダルインナー」と呼ぶことが多い。

概説[編集]

ブライダルインナーは一般の下着と比べ、主にウェディングドレスを綺麗に着こなすために素材やパターンに機能を施してあるブライダル専用の補正下着について言われる。ウェディングドレス及びその附属するアクセサリーティアラベールグローブ装身具など)は清潔感清純さを示すために白色を基調(ピュアホワイト(純白)、オフホワイト、アイボリーなど)としており、ブライダルインナーもドレスの色を乱さないよう、白色が標準である。

ウェディングドレスは元々西洋の文化であるため、日本人よりも肌が白く腕や脚が細くて長い長身白人女性の容貌体型に良く似合い、美しく見映えさせることを目的として考案されたデザインである [1]。そのため、ドレスを日本人がきれいに着こなすためには、ドレスに合う体型に整え、よりメリハリのあるプロポーションを作ることが必要とされる[2]。例えば、バストを上げ乳間を寄せることによりバストラインを美しく見せ、ウエストはドレスのラインにあわせて従来よりも高く細くすることにより、全体的に脚が長くみえるシルエットになり効果が表れる。したがって、補正下着は体型をきれいに整えるものであり、ブライダルインナーはさらにドレスもきれいに見せる目的がある。

種類[編集]

ブライダルインナー セパレートタイプ

どのようなドレススタイルが美しいと考えられるかは、着用するドレスや体型によって変わってくるので、様々なタイプのブライダルインナーが存在する。

代表的なアイテムは以下の通り。

ビスチェタイプ
ブラジャーとウエストニッパーが一体のもの
セパレートタイプ
セミロングブラジャーとウエストニッパーを別々に使用するもの
スリーインワンタイプ
ブラジャーとウエストニッパー、ガーターベルトが一体のもの

その他、ドレスのシルエットにあわせてロングブラジャーや背中が大きく開いたベアバック対応のVバックタイプのビスチェなどがある。

脚注[編集]

  1. ^ 憧れのウェディングドレス!その正しい選び方とは!?:純白は白人女性のように透き通るような白い肌の方にはよく似合う 2015年8月19日
  2. ^ みんなの結婚塾:日本人のためのブライダル用の下着

関連項目[編集]