ブラインドスポッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブラインドスポッティング
Blindspotting
監督 カルロス・ロペス・エストラーダ英語版
脚本 ラファエル・カザル英語版
ダヴィード・ディグス英語版
製作 キース・コルダー英語版
ジェス・コルダー
ラファエル・カザル
ダヴィード・ディグス
出演者 ダヴィード・ディグス
ラファエル・カザル
音楽 マイケル・イェツェルスキー英語版
撮影 ロビー・バウムガルトナー
編集 ガブリエル・フレミング
製作会社 サミット・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 REGENTS
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月20日
日本の旗 2019年8月30日[1]
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $4,333,394[2]
世界の旗 $4,863,586[2]
テンプレートを表示

ブラインドスポッティング』(Blindspotting)は、2018年アメリカ合衆国サスペンスドラマコメディ映画。 監督はカルロス・ロペス・エストラーダ英語版、出演はダヴィード・ディグス英語版ラファエル・カザル英語版など。主演のディグスとカザルが製作と脚本も務めている。 カリフォルニア州オークランドで生まれ育った親友同士の白人と黒人の2人の青年の姿を通して、人種の違う者や貧富の差がある者が混在することによって起こる問題を描く社会派ドラマ[3]

ストーリー[編集]

黒人の青年コリンは保護観察期間中で、あと3日で期間が終わる予定である。彼は幼馴染みの白人の青年マイルズと一緒に引っ越し業者で働いていた。

ある日、コリンは仕事を終えて帰る途中、黒人男性が白人警官に追われ、背後から撃たれる場面を目撃する。それをきっかけに、コリンとマイルズは互いのアイデンティティや、急激に高級化する地元の変化などの現実を突き付けられる。さらに、かねてから問題児だったマイルズの予期せぬ行動が、あと3日で保護観察期間が終わる予定のコリンの身を脅かすことになる。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

バラク・オバマ前アメリカ合衆国大統領は、2018年のベストムービーに『万引き家族』や『ROMA/ローマ』、『ブラックパンサー』、『ブラック・クランズマン』などと共に本作を選出した[4][5]

Rotten Tomatoesによれば、164件の評論のうち、94%にあたる154件が高く評価しており、平均で10点満点中8.09点を得ている[6]Metacriticによれば、43件の評論のうち、高評価は38件、賛否混在が5件、低評価はなく、平均で100点満点中77点を得ている[7]

出典[編集]