Bro.TOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Bro.TOM
出生名 Thomas Akiona Akima Jr.(出生名)
生誕 (1956-02-23) 1956年2月23日(64歳)
学歴 駒澤短期大学仏教科二部
ジャンル ヒップホップ
職業 歌手
レーベル SDR
共同作業者 バブルガム・ブラザーズ
REAL BLOOD
公式サイト ブラザートム|SDR
ブラザートム
別名義 小柳 トム(こやなぎ トム)(旧芸名)
TOM3
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州マウイ島
身長 188 cm
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1980年 -
著名な家族 小柳心(長男)
小柳友(次男)
事務所 トムさんの会社
スターダストプロモーション制作1部(マネジメント)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

Bro.TOM(ブラザー・トム、1956年2月23日 - )は、日本俳優、タレント、歌手[1]本名・日本名は小柳 富(こやなぎ とむ)、旧名・出生名はトーマス・アキオナ・アキマ・ジュニア(Thomas Akiona Akima Jr.)[要出典]。旧芸名は小柳 トム(こやなぎ トム)。別名はTOM3、ブラザートム[1]

アメリカハワイ州マウイ島出身[1]埼玉県熊谷市育ち[2]。有限会社「トムさんの会社」所属、マネジメントは「スターダストプロモーション」制作1部。所属レーベルはSDR。音楽デュオバブルガム・ブラザーズ」メンバー。小柳心は長男、小柳友は次男(共に俳優)。身長188cm。血液型A型。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

公式プロフィールにはアメリカハワイ州マウイ島出身とされているものの、2006年放送のNHKスタジオパークからこんにちは』出演の際、自身が「日本国内のアメリカ軍基地で生まれたらしい」と答えている。2006年11月19日放送の『ウチくる!?』では「札幌真駒内の基地」と話している。

父親がハワイ先住民マウイ族アメリカ人(軍人)で母親が日本人。また自身は帰化して日本国籍となった。その際、母方の「小柳」を姓とした。2008年5月10日放送の『日立 世界・ふしぎ発見!』では、「祖父方は中国からハワイへ渡った」と述べた。

埼玉県熊谷市にて母1人子1人の環境で育ち[2]、同市立玉井小学校、同市立玉井中学校を経て[3]、「早く手に職をつけて建築関係の職種につきたい」として埼玉県立熊谷工業高等学校へ進学[4]2008年1月発行の埼玉県熊谷市の広報誌「市報くまがや」にて、「熊谷市出身」として市長新春座談会に登場、プロフィールでマウイ島出身で熊谷市内にある玉井小学校・玉井中学校を卒業したと紹介され、初のライブは八木橋(同市にあるデパート)の屋上だったなど同市との縁を語っている。

幼少より楽器演奏が好きで中学、高校とブラスバンド部でトランペットを演奏し、高校時代には1970年代前半のフォークブームの中で吉田拓郎に憧れ、友人の逸見定男らと『ムーミン』に登場する冬の妖精から名付けたフォークバンド「モラン」を結成。音楽的評価の高いスターダストレビューが近隣校で活動していたこともあって音楽に笑いを織り交ぜた活動を行い[4]、地元・八木橋百貨店の地下にあったライブハウスのステージなどに立った[5]

高校卒業後は大成設備に工事係として就職したが、「楽器が好き」との思いが強まり半年後に退社、楽器店に再就職する[4]。その後河合楽器ピアノ調律技術者養成所にてピアノ調律を学び[6]ピアノ調律師に転向。そのかたわら、アマチュアで音楽活動も続けていた[4]

コメディアン活動[編集]

1980年、当時所属していたバンドの宣伝のため、日本テレビの『お笑いスター誕生!!』に出演。当初、別のバンドメンバーとコンビで出演する予定だったが、相方が拒否したため、1人での出演となった。小柳トムの名で出演し、警察官「小柳巡査」を演じる『お巡りさんコント』を披露。10週勝ち抜き、5人目のグランプリとなった。こうしてコメディアンとしての活動を始めた。この頃、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の巻末解説も「お巡りさんコントの人」として執筆している(17巻)。

なお、現在でも新作コントを月一本のペースで作りネタを書いた台本を共演者やお笑いタレントに見せて笑わせており、2002年と2003年にはコントライブ「小柳トムの吉田」、「たった一人で出来ること」を開催している。

音楽活動[編集]

1983年、同業者でコミック歌手の近藤伸明(現 Bro.KONE(ブラザー・コーン))とバブルガム・ブラザーズを結成。1991年には『NHK紅白歌合戦』に初出場(HOUND DOGの出場辞退による)。

1993年にソロ・ミニアルバム『手のひらがまだ小さかった頃、俺たちも神様だった』をリリース(Bro.KORNもほぼ同時期に、ソロ・ミニアルバム『MIRAKLE』をリリース)。

1995年にバブルガム・ブラザーズの活動と平行しソロ活動も開始、アルバムもリリース。この時期、元Human SoulのJaye公山とSilky藤野とのユニット「REAL BLOOD」を結成。1999年にアルバム『REAL BLOOD』をリリース。メンバー自身が手売りするというものであった。

2000年、トムのオリジナルミュージカル『Miracle Blind Boys』を上演。このミュージカルにREAL BLOODプラス1としてクラシック界からルーサー“No.1”市村ベースボーカルとして参加。以後そのままREAL BLOODメンバーとなる。

2003年、3枚目のアルバム『±0』をリリース。

なおバブルガム・ブラザーズは解散はしておらず、長く活動を停止していた期間を挟み、2008年より活動を再開した。

俳優活動[編集]

その他の活動[編集]

2005年駒澤短期大学仏教科二部に社会人入試で合格。50歳目前で大学に行った理由は仕事帰りにお酒を飲む毎日に飽きたことと全然知らない人に会ってみたいから。アロハシャツが正装で、大学の面接の際にもアロハシャツを着ていったというエピソードがある[7]

2006年4月5日心筋梗塞により入院。仮に死亡するとしたら残された情報を調べられる事から、TOMはパソコンに保存してあったアダルト画像を全部消去したとのこと[8]。しかし、2週間の療養を経て仕事に復帰する事が出来た。2006年11月よりGyaOにて放送中の音楽アニメバラエティ番組『キムサウンドストーリー』に出演中。

2010年8月には『月からおちたモモンガ』を発表し、絵本作家としてもデビューしている[9]。2012年7月には、福島第一原子力発電所事故により熊谷市内の学校の体育館に避難した福島の人たちを支援して交流が生まれたことを機に『ラース 福島からきた犬』を発表[4]

2011年4月より「熊谷市親善大使」を務める[2][3]

ヘビースモーカーであり、煙草を1日100本も吸うことがある。また、前述の心筋梗塞で手術を受けた際もタバコを手離さなかった。

私生活[編集]

前妻との間に長男・小柳心、次男・小柳友の2人の息子を儲けた後、2007年5月に離婚[10]

2003年のテレビ番組での共演で知り合い2007年頃より交際を発展した、すでに芸能界から引退した元タレントで22歳年下の女性と、2012年2月29日に再婚した[10]

離婚により疎遠となっていた2人の息子とは、2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を機に「Zoom」を用いて撮影した3ショット動画をYouTubeに公開して話題を呼んだ[11]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

他CMナレーション多数

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 倒産回避請負人 裁きの銀(2002年)
  • HOKURO 百発病伝説(2003年) - 真行寺(医者) 役

舞台[編集]

音楽活動[編集]

CD[編集]

アルバム - いずれもREAL BLOOD名義。

  • 1997年 - REAL BLOOD
  • 2000年 - MIRACLE BLIND
  • 2003年 - REAL BLOOD ±0

シングル

  • 2007年 - 恋はビヨーン~No Mo-so No Love~( amtm ※ブラザートム×Aimi)

楽曲提供[編集]

作詞

作曲

作詞・作曲

著書[編集]

エッセイ[編集]

  • ブラザートムの楽しい子育て日記「パパボンはバカなのだ!byブラザートム」 (2006年10月、トムさんの会社)

絵本[編集]

  • 月からおちたモモンガ(2010年8月4日、SDP、ISBN 978-4-903620-76-3)[9]
  • ラース 福島からきた犬(2012年7月24日、SDP、ISBN 978-4-903620-96-1)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ブラザートム のプロフィール”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d ブラザートム; 島崎遥香 (2019年2月22日). 映画「翔んで埼玉」きょう公開 埼玉出身・ブラザートムさん&島崎遥香さん対談 存分にイジってほしい県民. インタビュアー:森本勝利. 埼玉新聞.. https://www.saitama-np.co.jp/news/2019/02/22/01_.html 2020年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b 熊谷親善大使”. 熊谷市 (2017年8月24日). 2020年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e ブラザートム (2012年6月10日). ブラザー・トムさんインタビュー 自分の人生を切り開いて!. (インタビュー). スクールパートナーズ. 高校生新聞オンライン.. https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/661 2020年8月25日閲覧。 
  5. ^ “スタレビも巣立ったデパ地下のライブハウス”. YOMIURI ONLINE. (2015年1月22日). オリジナルの2015年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150127041417/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150122-OYT1T50020.html 2020年8月25日閲覧。 
  6. ^ 土田宏 (2008年3月). ピアノ調律師 インタビュー vol.1. インタビュアー:新井将之. First Impact. ピアノ調律師.net.. https://www.piano-t.net/article/interview_vol_0001_01.html 2020年8月25日閲覧。 
  7. ^ INLIFE 男の履歴書 ブラザートム
  8. ^ 週刊ポスト2016年9月16・23日号
  9. ^ a b ““ウルトラの父”になったブラザートム、親バカ全開”. 映画.com. (2010年8月9日). https://eiga.com/news/20100809/16/ 2020年8月25日閲覧。 
  10. ^ a b “ブラザートム 22歳差再婚!元タレントのセクシー美女と”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年3月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/31/kiji/K20120331002945430.html 2020年8月25日閲覧。 
  11. ^ “ブラザー・トム親子が初コラボ 長男・小柳心、次男・友とのトーク公開”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200428/geo20042805000006-n1.html 2020年8月25日閲覧。 
  12. ^ 三浦翔平、実写『エンジェル・ハート』で暗殺者に ほか出演者も発表”. ORICON STYLE (2015年9月13日). 2015年9月13日閲覧。
  13. ^ “磯村勇斗演じる遊星が逮捕でピンチ!?「SUITS/スーツ」第5話”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2018年10月31日). https://www.tvguide.or.jp/column/chokusou-drama/20181031/01.html 2020年4月12日閲覧。 
  14. ^ “小芝風花主演『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』に佐藤寛太&ブラザートムが出演”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2019年6月9日). https://realsound.jp/movie/2019/06/post-372687.html 2020年4月12日閲覧。 
  15. ^ “半年後に隕石が落ちるとしたら…?羽田美智子主演『隕石家族』4・11スタート”. TVLIFE web (学研プラス). (2020年1月20日). https://www.tvlife.jp/entame/257253 2020年4月12日閲覧。 
  16. ^ そして天使は歌う ぼ・ぼ・僕らは正義の味方” (日本語). 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ 8月5日(土)公開!『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』ゲスト決定&予告映像第2弾公開!”. 仮面ライダーエグゼイド|テレビ朝日 (2017年7月2日). 2017年7月2日閲覧。
  18. ^ 内博貴、初ラップに四苦八苦 自己採点は「3点…」”. ORICON STYLE (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。