ブラックナイトパレード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラックナイトパレード
ジャンル 青年漫画
風刺漫画
ロー・ファンタジー
ブラック・コメディ
漫画
作者 中村光
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表号 2016年49号 - 連載中
発表期間 2016年11月2日 -
巻数 既刊3巻(2018年12月現在)
その他 不定期連載
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ブラックナイトパレード』は、中村光による日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2016年49号より不定期連載中。

ストーリー[編集]

どこにも取り柄のない日野三春は大学受験に失敗、就活するも実らず三年の間コンビニバイト生活を送っていた。しかしクリスマスの夜、黒いサンタ服の男に遭遇する。その男に「悪い子」だと告げられた三春は、サンタの袋に捕食され、黒いサンタクロースの会社に連れて来られたのであった。 世にも奇妙な黒いサンタの会社で働き始めた三春は父親の謎とその背景にある陰謀に否が応でも巻き込まれていく。

世界観・用語解説[編集]

サンタクロース
クリスマスの夜に活躍する配達人。
赤いサンタクロース
本作のキーパーソン。かつては存在していたが、現在はいなくなっている。
黒いサンタクロース
世界中の「悪い子」にがっかりするようなプレゼントを贈るサンタクロース。メンバーの多くは「とっても悪い子」達によって構成される。
トナカイ
伝説のトナカイ達の名を継いだ、九人の配達員のこと。屋外にしか姿を見せず、誰がトナカイかは秘密とされている。特別手当として一千万円が給付され、リーダーはさらに一千万円もらえる。継ぐ名は『ダッシャー』『ダンサー』『プランサー』『ヴィクセン』『コメット』『キューピッド』『ドンダー』『ブリッツェン』『ルドルフ』。赤鼻のトナカイであるルドルフがリーダー。

登場キャラクター[編集]

日野 三春(ひの みはる)
本作の主人公。大学受験に失敗し、就活するも実らず三年間のコンビニバイトを経て黒いサンタの会社にスカウトされる。善良な性格で、困っている人を見捨てることが出来ないお人好し。趣味は他人のほしいものリストを見ることで、その結果配属された『石炭課』で頭角を表す。幼い頃に父親を亡くしている。
クネヒト
黒いサンタクロースの首領。顔が無い。両手首を繋ぐを身に着けている。その鎖の魔法のために「良い子」に触れられない。
クネヒトの相棒。寝床は赤いサンタクロースの人形。
志乃(しの)
黒いサンタクロースの一員として働く美少女。優しい性格だが、仕事の際には通常とは全く違った表情を見せる。実家は寺で仏像が親友。クネヒトに好意を寄せている。過去のトラウマから坊主頭となっており、カツラを被っている。
古平 鉄平(こひら てっぺい)
黒いサンタクロースの一員として働くイケメンの青年。サンタクロースの家では料理長として働く一方、職を掛け持ちしている。弟達を養うために人の三倍の金を必要とする。
工場長
サンタクロースの家にある工場で働く妖精のリーダー。外見は可愛らしいが、性格と声はおっさんそのもの。実は妖精達の親帽子の死体から剥いだ生皮を被っている。三春の上司で、彼に対してパワハラ気味。
妖精/子帽子
工場長の部下。「妖精」および「子帽子」は彼らの総称であり、正式名称は不明。設計図を食べることでおもちゃを生み出す能力を持つ。
田中 皇帝(たなか カイザー)
三春のバイト仲間にして天敵。金髪の典型的なDQNチャラ男。歯が1本欠けている。サンタクロースハウスで働いており、三春とはそこで再会する。再会後は三春を心理的に追い詰めるような態度をとるが、実はかつて窮地を彼に救ってもらったことで感謝しており、彼を守るために暗躍している。
赤井 稲穂(あかい いなほ)
自称有名コスプレイヤーだという美女。カイザーの元コンビニバイト同僚でもあった。ナルシストで恐ろしい性格。カイザーを「ダーリン」と呼び、固執している。彼が窮地に陥ったのは彼女が原因。その正体はトナカイの一人『ヴィクセン』。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

以下の出典は『集英社の本』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。