ブラッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラッズ
Bloods - Gang Sign.jpg
チーム内のサイン
設立 1972年
設立場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
活動期間 1972年-
活動範囲 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ベリーズの旗 ベリーズ
フィリピンの旗 フィリピン
構成民族 黒人が大多数
構成員数
(推定)
9千人
主な活動 麻薬密売、強盗、恐喝及び強要、殺人
友好組織 ブラック・P・ストーンズヴァイス・ローズ
敵対組織 クリップスエイティーンス・ストリート・ギャング

ブラッズ(英文表記:Bloods)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置くストリートギャング

シンボルカラーは赤色を基調とし、五芒星をシンボルに使用する事もある。セットと呼ばれる二次団体的グループの名前は基本的にBで始まる。「ブラッズ」の由来は若い黒人ギャングを指す「ヤングブラッド」から来た説と、ベトナム戦争の黒人帰還兵がお互いに「ブラッズ」(兄弟・ブラザーがなまったもの)と呼びあった事から来た説がある。現在はクリップスと共に「2大黒人ギャング」、「2大ストリートギャング」などと言われている。

クリップスがバンダナズボンの左側に垂らすのに対し、ブラッズはズボンの右側に垂らす。また、クリップスはブラッズの頭文字であるBの存在を、ブラッズはクリップスの頭文字であるCの存在をそれぞれ認めていない。(下記DJ・クイックが例)

歴史[編集]

誕生[編集]

1969年にクリップスが結成されると数々の暴力事件を起こしながら急速に勢力を拡大していく。これに反発したコンプトンパイルズを中心にLA・ブリムズワッツグリーン・ジャケッツ(現バウンティー・ハンター・ブラッズ)、ハシエンダズ(現ハシエンダ・ビレッジ・ブラッズ)、シカゴブラック・P・ストーンズのロサンゼルス支部、サウス・ロサンゼルス・ウエストサイドのブラッド・アリー(現ローリン・20's・ネイバーフッド・ブラッズ)、イーストサイドのスワンズビショップスなどを中心にロサンゼルスのギャング組織の連合体として1972年に結成された。

勢力の拡大[編集]

その後も各地でクリップスと激しい抗争を重ねながらロサンゼルス外に勢力を拡張、1970年代後半にはサンディエゴフレズノといったカリフォルニア各地にセットを開設。更に1980年代半ばになるとクラック・ブームに乗ってワシントン州オレゴン州アリゾナ州ネバダ州テキサス州などにも大きく拡大していく事になる。特にアリゾナのセットは千名を超える大勢力であったという。

国外への拡大[編集]

1980年代後半には国境を越えてカナダバンクーバーへと進出、更にはローリン・20's・ネイバーフッド・ブラッズやシカゴで設立されたベリージアン・ブラッズといったベリーズ系メンバーの多いセットからの強制送還者を中心にベリーズにも進出し、わずか人口6万人のベリーズ・シティーに6百名以上のメンバー数を持っている。また、軍内のメンバーを通じてグアムにもセットが設立されている。

現在[編集]

90年代に入ると東海岸でも後述するユナイテッド・ブラッド・ネーションが結成され、全米にブラッズが存在する事となった。ある土地のギャングがクリップスになるとそのライバル組織はブラッズになると言われており、全米各地に浸透した両組織は大小問わず抗争を繰り広げる事になり、一説では2万人近い死者を出したとも言われている。また、90年代にはクレンショー地区でエイティーンス・ストリート・ギャングとの抗争も発生している。ロサンゼルス暴動後の1993年にはバウンティー・ハンター・ブラッズ、グレープストリート・ワッツ・クリップス、PJ・ワッツ・クリップスによるワッツ休戦協定が行われたが、メンバーの殺害により協定は破棄される事になる。以後、2010年代まで大規模な抗争は停滞状態にあるものの、散発的なセット間の争いは現在も続いている。

ユナイテッド・ブラッド・ネーション[編集]

東海岸においては1993年にニューヨークにて結成されたユナイテッド・ブラッド・ネーションが活動している。これは既存の黒人ギャング組織がラテンキングスやトリニタリオスといったカリブ海諸国をルーツに持つヒスパニック系ギャングに対抗するためにブラッズに転向する形で結成された連合体である。UBN結成に当たってはロサンゼルスのブラッズに縁を持つオマー・ポーティーがブラッズより承認を得て設立された。結成当初はポーティーのワン・エイト・トレイ・ギャングスターズを中心とした7つの組織の連合体であったが、後に有力組織セックス・マネー・マーダーなども加入しニューヨーク外にも勢力を拡大させた。東海岸全域で少なくとも7千人以上の規模を誇ると言われており、これらを含めた場合のブラッズの総数は2万人近くにも及ぶと推測される。しかしロサンゼルスから進出してきたブラッズ本家とは少なからず衝突している事が確認されており、決して友好的な関係にある訳ではない。

ブラッズ出身の有名人[編集]

  • ザ・ゲーム - シダー・ブロック・パイル出身。
  • カーディ・B - ユナイテッド・ブラッド・ネーション内の組織であるマック・ボーラー・ブリムズに所属していた。
  • DJ・クイック(DJ QUIK) - 本来の"Quick"からCを抜いている。ツリー・トップ・パイル出身。
  • YG -ツリー・トップ・パイル出身。
  • ブーヤー・トライブ - ウエストサイド・パイル出身。

出身。

  • B・リアル - マッド・スワンズ・ブラッズ出身。
  • マック・10 - クイーン・ストリート・ブラッズ出身。
  • ヤング・サグ - ユナイテッド・ブラッド・ネーション内の組織であるセックス・マネー・マーダー出身。
  • チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット
  • シュグ・ナイト - ブラッズ出身ではないが、パイルズとの関係が深くアソシエイト(準構成員)と言われている。また、デス・ロウ時代にバウンティー・ハンター・ブラッズは彼の金主であった。
  • 2パック - ブラッズ出身ではないが、モブ・パイルなどのパイルズと関係が深かった。後にそれがクリップスとの因縁を生む事に繋がった。
  • tekashi・6ix9ine - ユナイテッド・ブラッド・ネーション内の組織であるナイン・トレイ・ギャングスターズのアソシエイトであった。
  • ケンドリック・ラマー - パイルズのアソシエイトであった。また、父親はシカゴのギャングスター・ディサイプルズに所属していた。

参考文献[編集]

  • ソーレン・ベイカー『ギャングスター・ラップの歴史 スクーリー・Dからケンドリック・ラマーまで』塚田桂子訳・解説、DU BOOKS、2019年9月。

ウェブサイト[編集]

映画[編集]