ブラッディエンジェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラッディエンジェルズ』は、みず谷なおきによる日本漫画作品。『週刊少年サンデー増刊号』(小学館)にて、1986年から1987年まで連載された。全12話、単行本は全2巻。

神奈川県西湘市という架空の市を舞台とした、新米婦人警官・内海夕紀と高御堂聖の活躍を描いたコメディ作品。

ちょうどこの時期、本作をはじめ『逮捕しちゃうぞ』(藤島康介)や『毎日が日曜日』(高田裕三)など、婦人警官もののコメディ漫画の連載が各誌で相次いだ。

登場人物[編集]

内海 夕紀 (うつみ ゆうき)
神奈川県警察西湘警察署交通課の新米警察官。階級は巡査。20歳。本作の主人公の1人。童顔で背が低くて胸も無い幼児体形のためによく女子中高生に間違われ、本人もコンプレックスを感じている。家庭的な性格をしており、家事が得意。聖とは高校時代の同級生で、いつも喧嘩ばかりしているが聖の最大の理解者であり、作中で大喧嘩した後も普段通り夕食を作って待っていた。また、自分の幸せを押し殺してまで他人の幸せを応援するタイプで、自分は失恋しながらも料理が全く出来ない聖に石戸の弁当を作らせるために料理の特訓を課したり、聖と石戸のデートのお膳立てをしたりしていた。普段は臆病で泣き虫で、聖の運転するミニパトの助手席で恐怖のあまり泣きながら暴走族へ停止を呼びかけたりする反面、警察官としての仕事に誇りを持っており、歌手・朝倉瀬里が西湘署で警察官一日体験をした際、彼女の軽はずみな発言に激怒して平手打ちをしている。剣道二段の腕前で、上社兵衛(ヒョウ)の喧嘩の戦績に初めての黒星をつけた人物でもある。石戸に想いを寄せていたが、彼が聖に気があることを知り、失恋。その後はヒョウから想いを寄せられており、夕紀自身もまんざらでもない様子である。西湘市内の暴走族たちからは陰でアイドルと慕われており、最終話では夕紀を銃撃した犯人が逆上した暴走族たちに追い詰められるという一幕もあった。臆病で怖がりだがホラー映画怪談が大好きで、そういった話になると喜んで目を輝かせるため、この手の話が苦手な聖からは「生けるキョンシー」と揶揄される。聖と同居しており、住まいの部屋番号は「203」。西湘署には1986年10月1日付けで配属。
高御堂 聖 (たかみどう ひじり)
神奈川県警察西湘警察署交通課の新米警察官。階級は巡査。20歳。本作の主人公の1人。見かけは背が高い長髪の美人で、街を歩いているとナンパされることが多々あるが、性格は荒くガサツで家事が全然出来ないため、家事全般は同居する夕紀に任せっきり。日常でも服装などに全く頓着せず、女らしさとは全く無縁のオトコ女である(聖自身もそれは自覚しており、鯖須と夕食に行った折に『私はヨメには向いていない』と言っている)。伸縮式の警棒を愛用し、公私関係なく常に所持している。夕紀とは高校時代の同級生。コンニャクが嫌い。合気道三段・柔道初段の実力で、刃物を持った通り魔の男にもまったく動じない強さを持つ。さらに射撃の腕前も一流で、警察学校での成績は常にトップだった。そのために刑事課長の鯖須に「交通課勤務よりは刑事に向いている」と目を掛けられたが、当人は交通課の仕事に誇りを持っており、最終的には鯖須の勧誘を断った。ただ、正義感は強いが後先を深く考えずに突っ走る性格のため、追跡した暴走族のヘッドを病院送りにしたり、ミニパトをオシャカにしたり(第1話でミニのパトカーを潰し、その後乗り換えたBe-1のパトカーも最終話で潰している)とやりすぎの面が目立つ。そのため聖自身はおろか相棒の夕紀も常に生傷が絶えず、始末書の提出や自宅謹慎は日常茶飯事。夕紀とペアで西湘署のトラブルメーカーとして認識されている。石戸とは始末書の数などくだらないことで張り合っていたが、後に互いを特定の異性として意識し合う仲になり、石戸のために(夕紀の指導もあって)苦手な料理にも取り組むようになった。住まいは夕紀と同居。西湘署には1986年10月1日付けで配属。
石戸 伴 (いしと ばん)
神奈川県警察西湘警察署交通課白バイ隊の警察官。階級は巡査。22歳だが無精髭のため、実年齢よりも老けて見られる。県警本部から異動してきた白バイ隊員。聖と同じく無鉄砲な性格で始末書と謹慎処分の常習者。聖とは口喧嘩が多いものの、内心は聖に気がある。ヒョウとは従兄弟同士で、ヒョウに喧嘩の仕方を教えた張本人でもある。夕紀を悲しませたと勘違いしたヒョウに殴られたが、それをきっかけに4人での交流が始まった。西湘署には夕紀や聖の配属から1~2ヶ月ほど後に配属。乗車する白バイはスズキ・GSX-R750。普段の足は2代目ホンダ・シティ。聖ほどではないが怪談の類は苦手。
上社 兵衛 (かみやしろ ひょうえ)
神奈川県西湘市立東高等学校の生徒。学年は3年生(初登場の回のみ2年生)。通称はヒョウ。長ランリーゼントという格好で、喧嘩に明け暮れる不良学生。不良内での通り名は「東のコマンドー」。しかし喧嘩が三度の飯より好きなだけで根は善良であり、学校には普通に通っていて女生徒からの人気も高い。当初は喫煙をしていたが、夕紀に煙草を止めるように言われ、火の付いた煙草を素手で掴んで奪い取られたことから自分のことを心配してくれていると気づき、以降は煙草を止めた。5つのビルを経営する裕福な家庭に生まれたが、母親は病死。父親は年がら年中旅行していて、家族の温かみに触れずに育ったことが不良になった原因と思われる。現在は学校に一番近い所にあるビル『キャッスル上社』の一室で一人暮らしをしている。住まいの部屋番号は「505」。過去の喧嘩の戦績は「33戦32勝1敗」で、唯一負けた相手が夕紀だった。その夕紀とは非番だった夕紀が街に繰り出した際にナンパされて困っていたところを助ける形で出逢い、喧嘩の約束の時間までの暇つぶしとして夕紀にボウリングに付き合うように言って付き合わせる。40点そこそこのスコアしか出せなかった夕紀に空気の読めていないフォローをしたり、夕紀の顔をまともに見られないことをマインドコントロールに掛けられたと思い込むなど、女心や恋愛に鈍感であったが、聖との決闘に勝った際に、警棒を防いで腫れ上がった左腕(後に骨にヒビが入っていたことが分かる)を心配する夕紀を見て恋だと自覚するようになった。後に夕紀を悲しませたと勘違いして従兄である石戸を公務中に殴って公務執行妨害逮捕されるが、当の石戸の計らいで釈放され、以降は4人で交流するようになった。夕紀との仲も接近しているが、リーゼントは夕紀にカットされ坊主頭にされてしまった。
交通課課長
神奈川県警察西湘警察署交通課の課長。階級は警部補。本名・年齢は不明。夕紀・聖・石戸の直属の上司。問題児たちを抱えていつもイライラしているが、彼女たちの警察官としての資質を見抜いており、「将来有望な警察官」として評価している。いつも怒鳴り散らしているため、刑事課の面子からは「ぷっつん課長」と渾名されている。警察官としての本分を忘れておらず、県警本部等の上層部から朝倉瀬里の警察官一日体験をさせるように命令を受けた際には上層部の命令だからと従うも、内心は鉛筆をへし折るほどに不満を滲ませていた。刑事課長の鯖須とは旧知の仲で犬猿の仲。かつて鯖須が刑事課に引き入れようとした際に、「一生涯、一交通課警察官でありたい」として断ったらしい。
鯖須 (さばす)
神奈川県警察西湘警察署刑事課の課長。階級、名前、年齢は不明。通称はスッポンの鯖須。スキンヘッド・サングラス・スーツに開襟シャツ・葉巻、というヤクザのような風貌の刑事。聖を目に掛けており、何とか刑事課に引き入れたいと思っているが、断られた。しかしその後も聖と夕紀の理解者である。女性とは縁が無く、妻子は居ない。自らを「こんなジイさんで悪いが」という台詞からも、聖らを娘のように可愛がっていることが窺える。交通課課長とは旧知の仲で、一番嫌いな男と公言してはばからないが、かつては交通課課長を刑事課に引き入れようとしたことがあるらしい。愛車はメルセデス・ベンツ(車種は不明)。なお、初登場時は開襟シャツではなく、普通のワイシャツを着てネクタイも締めていた。
上温湯 隆生(かみおんゆ たかお)
神奈川県警察西湘警察署刑事課の警察官。階級は不明。年末のある日、西湘署に配属になった人物。前所属先は不明。なぜか勤務外でも拳銃、しかも日本の警察官が使用しない.44マグナムを所持している。年末最後の非番だった聖が街に繰り出した際に引っ手繰りの現場に遭遇し、犯人を検挙した際に現れる。西湘署の場所が判らず、迷い人状態になっていたので聖に署まで連れて行ってもらう。聖はその日に出勤だった夕紀から「珍しく私と違う日に休みを取るとはねー」と言われて上温湯との仲をからかわれるが、2人が恋仲に発展することはなく、2人がお互いを意識し合うような描写もない。風貌はどことなくとぼけて頼りなさそうに見えるが、たまたま前を通った銀行内の異変を察知し、単身乗り込んで強盗事件を解決したこともある。しかしスーパーでの強盗事件の際には犯人に不意をつかれて拳銃で殴られて気絶してしまい、犯人を逃がしてしまった。
西湘警察署署長
神奈川県警察西湘警察署の署長。階級は警視。氏名は不明。温和な人物で、夕紀や聖の活躍に期待を寄せるも、過激な彼女らに胃を病むこともしばしば。朝倉瀬里のファンでもあり、彼女が西湘署で警察官一日体験をするきっかけをつくったが、そこには交通マナーを平気で破り反省の色がない彼女に、道路交通法を守らないことの危険さを理解してもらう、という意図もあった。
朝倉 瀬里 (あさくら せり)
アイドル。18歳。本名は権藤瀬里香(ごんどう せりか)。神奈川県警察のイメージガールに抜擢されているが、実は免許取りたてで、スピード違反初心者マーク不貼付で聖に摘発され、同行を求められる。アイドルであることを利用して違反切符を免れようとするなど物事を軽く考えるきらいがあり、彼女が警察官一日体験をすることに聖と交通課課長は不満だった。一日体験が終わり、署に戻ろうとした際に交通事故の現場処理に向かうように指令が出た際に「面白そうだから事故現場を見てみたい」と軽はずみなことを口にしたため、激怒した夕紀に平手打ちされた。事故現場では3人の遺体や潰れた車など、事故の凄まじさを目の当たりにしたことで交通ルールの大切さと命の尊さを知り、その後の記者会見で交通ルールを遵守することの重要性を語り、事件・事故の最前線で働く警察官たちに対する感謝の言葉を贈っている。愛車はフェラーリ・テスタロッサ
律子(りつこ)
夕紀・聖の高校時代の同級生。苗字は不明。聖の回想シーンにのみ登場。夕紀・聖・もう一人(氏名不詳)との仲良し4人組で、少年隊のライブに行くためのチケットを購入しにプレイガイドに行くが、途中で道に迷って購入に遅れ、4枚買うべきところを3枚しか買えず、聖に責められた。この時、夕紀は「正直いって苦しいのよね、今月は」と言って自ら不参加を申し出て身を引く。「問題が生じて誰かが犠牲にならなければいけない時はその貧乏くじを自ら引き受ける」という夕紀の人柄を感じさせるシーンである。
小林(こばやし)
神奈川県警察の警察官。階級は巡査。石戸の同期。下の名前と年齢は不明だが、石戸をさん付けで呼び、敬語で話すことから、石戸よりも年下だと思われる。海沿いの派出所勤務だが、正式な所属先は明らかにされていない。地元で観光客の居眠り運転による事故防止のために怪談話を振りまくが、それが大ヒットした末に定着したことで「実際に事故が減った」ため、所属先の署長からの命令で署員が持ち回りで亡霊役を担当している。
椎名 門(しいな もん)
有限会社S&W探偵事務所所属の探偵。通称はシナモン。1万人を超える組員を抱える暴力団・丹波組の組長の娘・丹波静香の捜索を父親より依頼され、発見したところを偶然その場に居合わせた聖に誘拐未遂に勘違いされて逮捕され、身柄を拘束される(聖の胸を揉んだことによる強制猥褻罪も含んでいると思しき描写もある)。その後、取調中に入ってきた鯖須の口添えで釈放され、さらに鯖須からも静香を捜す旨の依頼を受け、聖とコンビを組んで神田組の組員を倒し、静香を捜し出して保護した。捜索している静香の顔写真などは所持していなかったが、本人曰く「一度見た女の子の顔は絶対忘れん!!」。車を抱え上げることが出来るほどの力の持ち主。鯖須とはシナモンが子どもの頃からの知り合いで、鯖須は養子に迎えることも考えていたほど惚れ込んでいた。
作者の短編読切「シナモン・シリーズ」からのスピンオフキャラクター。
丹波 静香(たんば しずか)
女子高に在籍する女子高生。実家は1万人を超える組員を抱える暴力団・丹波組で、父親は組長。ヤクザの娘ということで友達が出来ず、「普通の女の子になりたい」という想いから家出する。家出したときは敵対する暴力団・神田組との縄張り争いで一触即発の状態だったため、父親から捜索依頼を受けたシナモンたちは捜索を急いだ。最後はシナモンから父親に代わってお仕置きされ、父親が自分のことを心から心配していたことを知り、家に帰った。

備考[編集]

  • 作品の世界観は、作者の別作『人類ネコ科』などと同一の世界である。例えば、ヒョウが西湘南公園で喧嘩する際に語った「西のランボー」こと「守ーなんとかっつーオールバックのヤロー」とは「人類ネコ科」の登場人物・守山修一郎のことである。
  • 現実世界では、パトカーミニパトにはドアの所に「○○県警察」(東京の場合は警視庁、北海道の場合は北海道警察、京都・大阪の場合は△△府警察)と記載されているが、本作では警察署の名称が直接使用されており、さらに「西湘けいさつ」と「警察」の文字が平仮名で記載されている。
  • 夕紀の警察手帳の表紙には「神奈川県警察」と書かれているが、上温湯の警察手帳は「警察手帳」となっている。
  • S&W探偵社とは、シナモン(椎名門)と共同経営者である鷲生隆(わしゅう たかし)の頭文字(「椎名&鷲生」)である。