ブラッド・ケラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブラッド・ケラー
Brad Keller
カンザスシティ・ロイヤルズ #56
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ホール郡フラワリーブランチ英語版
生年月日 (1995-07-27) 1995年7月27日(25歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 MLBドラフト8巡目
初出場 2018年3月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブラッド・マイケル・ケラーBrad Michael Keller, 1995年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ホール郡フラワリーブランチ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2013年MLBドラフト8巡目(全体240位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ダイヤモンドバックスでプロデビュー。パイオニアリーグのルーキー級ミズーラ・オスプレイ英語版でもプレーし、2球団合計で15試合(先発13試合)に登板して7勝3敗、防御率2.44、65奪三振を記録した。

2014年はルーキー級アリゾナリーグ・ダイヤモンドバックス、ルーキー級ミズーラ、A-級ヒルズボロ・ホップス英語版でプレーし、3球団合計で15試合(先発12試合)に登板して6勝4敗、防御率4.31、58奪三振を記録した。

2015年はA級ケーンカウンティ・クーガーズでプレーし、28試合(先発27試合)に登板して8勝9敗、防御率2.60、109奪三振を記録した。

2016年はA+級バイセイリア・ローハイドでプレーし、24試合に先発登板して9勝7敗、防御率4.47、99奪三振を記録した。

2017年はAA級ジャクソン・ジェネラルズでプレーし、26試合に先発登板して10勝9敗、防御率4.68、111奪三振を記録した。

ロイヤルズ時代[編集]

2017年12月14日にルール・ファイブ・ドラフトシンシナティ・レッズから指名され、直後の金銭トレードによってカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[1]

2018年の開幕はメジャーで迎え[2]、3月29日のシカゴ・ホワイトソックスとのシーズン開幕戦でメジャーデビューを果たした[3]。この年メジャーでは41試合(先発20試合)に登板して9勝6敗、防御率3.08、96奪三振を記録した。

2019年開幕投手を務めた。4月17日のホワイトソックス戦で、ティム・アンダーソンが4回に2ランホームランを放った際に3塁側ベンチに向かって挑発的にバットを放り投げたことに激怒、6回の次打席で報復死球を投じたことから小競り合いとなり両チームから選手が出て乱闘寸前の状態になった。結果アンダーソンと共に退場処分を受けた[4]。19日にMLBより5試合の出場停止処分を受けた[5]

投球スタイル[編集]

最速97mph(約156.1km/h)のヘビーシンカーでゴロを量産する[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 KC 41 20 1 0 0 9 6 0 5 .600 583 140.1 133 7 50 1 2 96 8 0 50 48 3.08 1.30
2019 28 28 0 0 0 7 14 0 0 .333 709 165.1 154 15 70 2 9 122 9 1 80 77 4.19 1.35
2020 9 9 1 1 0 5 3 0 0 .625 215 54.2 39 2 17 0 2 35 1 0 16 15 2.47 1.02
MLB:3年 78 57 2 1 0 21 23 0 5 .477 1507 360.1 326 24 137 3 13 253 18 1 146 140 3.50 1.28
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2018 KC 41 7 19 0 3 1.000
2019 28 3 14 1 1 .944
2020 9 4 7 0 0 1.000
MLB 78 14 40 1 4 .982
  • 2020年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 56(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jeffrey Flanagan (2017年12月14日). “KC adds pair of high picks in Rule 5 Draft” (英語). MLB.com. 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ Maria Torres (2018年3月29日). “Hours before opener, Royals announce 25-man roster, cut Kyle Zimmer, Wily Peralta” (英語). The Kansas City Star. 2019年5月3日閲覧。
  3. ^ Chicago White Sox at Kansas City Royals Box Score, March 29, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年5月3日閲覧。
  4. ^ Wソックス戦で乱闘寸前の騒動、発端はバット投げ日刊スポーツ 2019年4月18日(2019年5月8日閲覧)
  5. ^ ロイヤルズ・ケラー、Wソックス監督に出場停止処分日刊スポーツ 2019年4月20日(2019年5月8日閲覧)
  6. ^ 「カンザスシティ・ロイヤルズ」『2019MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 43頁

関連項目[編集]