ブラッド・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラッド・トンプソン
Brad Thompson
Thompson pitching to the Brewers.jpg
セントルイス・カージナルスでの現役時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州ラスベガス
生年月日 (1982-01-31) 1982年1月31日(37歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト16巡目でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2008年5月8日
最終出場 2010年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブラッドリー・ジョセフ・トンプソンBradley Joseph Thompson, 1982年1月31日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。セントルイスESPNのラジオ・パーソナリティを務めている。

経歴[編集]

プロ入りとカージナルス時代[編集]

2002年MLBドラフトセントルイス・カージナルスから16巡目指名され、入団。

2003年は傘下のA級ピオリア・チーフスとA+級パームビーチ・カージナルスで計5試合に登板した。

2004年はAA級テネシー・スモーキーズとAAA級メンフィス・レッドバーズで計15試合に登板した。

2005年は開幕をAAA級メンフィスで迎え、ここでは9試合に登板する。5月8日サンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューを果たした。

2006年ワールドシリーズのメンバーに名を連ねた。

2007年はカージナルスの先発ローテーションとして1年を過ごした。

2008年4月23日にAAA級メンフィスへ降格した。また、この年に結婚している。

2009年11月4日に自由契約となった。

ロイヤルズ時代[編集]

2010年は、カンザスシティ・ロイヤルズと契約を結んだ。6月3日に自由契約となった。

アストロズ傘下時代[編集]

その後、ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結ぶ。傘下のAAA級ラウンドロック・エクスプレスで15試合に登板するも、成績不振で8月に自由契約となった[1]

2011年[編集]

2011年は、負傷し1年間プレー出来なかった。冬季に2012年を見通して、ドミニカ共和国ウィンターリーグリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナに参加した。

ツインズ傘下時代[編集]

2012年1月19日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。傘下のAA級ニューブリテン・ロックキャッツで4試合に登板するも、成績不振で自由契約となった。

独立リーグ時代[編集]

ツインズ退団後、アトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュで11試合に登板した。

2013年は、同じアトランティックリーグのサマセット・ペイトリオッツで19試合に登板した。

その後[編集]

2014年からは、ランディー・カレーカー、ダマーコ・ファーと共にセントルイスESPNのラジオ・パーソナリティを務めている。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 48 (2005年 - 2009年)
  • 57 (2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]