ブラッド・メルドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブラッド・メルドー
Brad Mehldau.jpg
ブラッド・メルドー(2001年)
基本情報
生誕 (1970-08-23) 1970年8月23日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル[1]
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1993年 -
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
ノンサッチ・レコード
共同作業者 ジョシュア・レッドマンチャーリー・ヘイデンパット・メセニーウェイン・ショーター
公式サイト www. bradmehldau.com

ブラッド・メルドーBrad Mehldau, 1970年8月23日 - )はアメリカジャズミュージシャンピアノ奏者、作曲家。

来歴[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州生まれ。ニューヨークニュースクール大学で学んでいた折に、教授陣のひとりであったジミー・コブのバンドに抜擢された[1]

1994年にジョシュア・レッドマンのバンドに加入。1995年にワーナー・ブラザース・レコードとの契約を得てメジャー・デビューした。メルドー(ピアノ)、ラリー・グレナディア英語版(ベース)、ホルヘ・ロッシ英語版(ドラム)のトリオ編成で〈アート・オブ・ザ・トリオ〉シリーズの5つのアルバムを残した。

2000年公開のアメリカ映画『スペース カウボーイ』や、2001年公開のフランス映画『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール英語版』の音楽を担当した[2]

ロックの楽曲を積極的にレパートリーに取り入れることでも知られ、ビートルズポール・サイモンレディオヘッドオアシスサウンドガーデンニック・ドレイクらの楽曲を自らのレパートリーに加えてきた[3]。また、チャーリー・ヘイデンウェイン・ショーターらとも共演した。

2003年2月15日に東京のすみだトリフォニーホールにおいて行われたピアノ・ソロ公演の模様は、ライヴ・アルバム『ライヴ・イン・トーキョー』(2004年)として発表された。

2005年3月録音の『デイ・イズ・ダン』(2005年)からトリオ編成におけるドラマーがジェフ・バラード英語版に交代した。同年12月にはパット・メセニーとレコーディング・セッションを行い、その時の録音は、2人の連名のアルバム『メセニー・メルドー』(2006年)[4]、『カルテット』(2007年)[5]として発表された。

ディスコグラフィ[編集]

単独リーダー作品[編集]

1990年代
2000年代
  • 『プレイシズ』 - Places(2000年録音)(Warner) 2000年
  • 『プログレッション:アート・オブ・ザ・トリオ Vol.5』 - The Art of the Trio V — Progression(2000年録音)(Warner) 2001年(「ヴィレッジ・ヴァンガード」におけるライヴ)
  • 『ラーゴ』 - Largo(2002年4月録音)(Warner) 2002年
  • 『エニシング・ゴーズ』 - Anything Goes(2002年10月録音)(Warner) 2004年
  • 『ハウス・オン・ヒル』 - House on Hill(2002年10月、2005年3月録音)(Nonesuch) 2006年
  • 『デイ・イズ・ダン』 - Day is Done(2005年3月)(Nonesuch) 2005年
  • 『ライヴ/ブラッド・メルドー・トリオ』 - Brad Mehldau Trio Live(2006年録音)(Nonesuch) 2008年(「ヴィレッジ・ヴァンガード」におけるライヴ。CD 2枚組。)
  • 『オード』 - Ode(2008年~録音)(Nonesuch) 2011年
  • 『ホェア・ドゥー・ユー・スタート』 - Where Do You Start(2008年、2011年録音)(Nonesuch) 2012年
  • ハイウェイ・ライダー』 - Highway Rider(2009年録音)(Nonesuch) 2010年(ジョシュア・レッドマンマット・チェンバレンらが参加。CD 2枚組。)
2010年代
  • 『ブルース・アンド・バラッズ』 - Blues and Ballads(2012年、2014年録音)(Nonesuch) 2016年
  • 『シーモア・リーズ・ザ・コンスティチューション』 - Seymour Reads the Constitution! (Nonesuch) 2018年
  • 『ファインディング・ガブリエル』 - Finding Gabriel(2017年3月~2018年10月録音)(Nonesuch) 2019年

ソロ作品[編集]

  • 『エレゲイア・サイクル』 - Elegiac Cycle(1999年6月録音)(Warner) 1999年
  • 『ライヴ・イン・トーキョー』 - Live in Tokyo(2003年2月録音)(Nonesuch) 2004年(「すみだトリフォニーホール」におけるライヴ。日本版はCD 2枚組。)
  • 『ライヴ・イン・マルシアック』 - Live in Marciac(2006年8月録音)(Nonesuch) 2011年(マルシアックにおけるライヴ。CD 2枚とDVDビデオ。)
  • 『アフター・バッハ』 - After Bach(2017年4月録音) (Nonesuch) 2018年

コンピレーション[編集]

  • 『アート・オブ・ザ・トリオ:レコーディングス 1996~2001』 - The Art of the Trio, Recordings: 1996-2001(7CD)(Nonesuch) 2011年
  • 『10イヤーズ・ソロ・ライヴ』 - 10 Years Solo Live(LP, 4CD)(Nonesuch) 2015年

共同名義アルバム[編集]

サイドマン作品[編集]

1990年代
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『ムード・スウィング』 - Moodswing(1994年録音)(Warner Bros.) 1994年
  • マーク・ターナー英語版の作品に参加, Yam Yam(1994年録音)(Criss Cross Jazz) 1995年
  • ペリコ・サンビート英語版の作品に参加, Ademuz(1995年録音)(Fresh Sound) 1998年
  • クリス・ポッターの作品に参加, Moving In(1996年録音)(Concord) 1996年
  • リー・コニッツ英語版の作品に参加, 『アローン・トゥゲザー』 - Alone Together(1996年録音)(Blue Note) 1997年
  • アンソニー・ウィルソンの作品に参加, Anthony Wilson (MAMA) 1997年
  • リー・コニッツの作品に参加, Another Shade of Blue(1997年録音)(Blue Note) 1999年
  • アヴィシャイ・コーエンの作品に参加, Adama(1997年録音)(Stretch) 1998年
  • ウィリー・ネルソンの作品に参加, 『テアトロ』 - Teatro (Island) 1998年
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『タイムレス・テイルズ』 - Timeless Tales (For Changing Times) (Warner Bros.) 1998年
  • マーク・ターナーの作品に参加, 『イン・ディス・ワールド』 - In This World(1998年録音)(Warner Bros.) 1998年
  • スコット・ウェイランドの作品に参加, 12 Bar Blues (Atlantic) 1998年
  • ルース・キャメロンの作品に参加, Roadhouse (Ruth Cameron album)(1999年録音)(Verve) 2000年
  • クリス・チークの作品に参加, Vine(1999年録音)(Fresh Sound) 2000年
  • フルーリンの作品に参加, Close Enough for Love(1999年録音)(EmArcy) 2000年
  • チャールズ・ロイドの作品に参加, 『ザ・ウォーター・イズ・ワイド』 - The Water Is Wide(1999年録音)(ECM) 2000年
  • チャールズ・ロイドの作品に参加, 『ハイペリオン・ウィズ・ヒギンズ』 - Hyperion with Higgins(1999年録音)(ECM) 2001年
2000年代
2010年代
  • ジョシュア・レッドマンの作品に参加, 『ウォーキング・シャドウズ』 - Walking Shadows(2012年録音)(Nonesuch) 2013年
  • ペトラ・ヘイデンの作品に参加, Petra Goes to the Movies(2012年録音)(ANTI-) 2013年
  • アントニオ・サンチェス英語版の作品に参加, 『スリー・タイムス・スリー』 - Three Times Three(2013年録音)(CAM Jazz) 2014年
  • ジミー・コブの作品に参加, 『ジ・オリジナル・モブ』 - The Original Mob (Smoke Sessions) 2014年
  • ルネ・フレミングの作品に参加, 『クリスマス・イン・ニューヨーク』 - Christmas in New York(2013年、2014年録音)(DECCA) 2014年
  • デイナ・ステファンズ英語版の作品に参加, Peace (Sunnyside) 2014年
  • ピーター・バーンスタインの作品に参加, Signs Live!(2015年録音)(Smoke Sessions) 2017年(CD 2枚組)
  • ウォーレン・ウルフ英語版の作品に参加, Convergence (Mack Avenue) 2016年
  • ウォルフガング・ムースピール英語版の作品に参加, 『ライジング・グレース』 - Rising Grace(2016年録音)(ECM) 2016年
  • デイナ・ステファンズ英語版の作品に参加, Gratitude (Contagious Music) 2017年
  • ピーター・バーンスタインの作品に参加, Signs Live! (Smoke Sessions) 2017年
  • ウォルフガング・ムースピールの作品に参加, 『ホエア・ザ・リヴァー・ゴーズ』 - Where the River Goes (ECM) 2018年
  • Kyle Craneの作品に参加, Crane Like the Bird (Crane Like the Bird) 2019年
  • ペドロ・マーティンズの作品に参加, Vox (Heartcore) 2019年

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b allmusic (((Brad Mehldau > Biography)))
  2. ^ 映画 ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール - allcinema
  3. ^ 稲田利之「ブラッド・メルドー」『Jazz The New Chapter』1、柳樂光隆、シンコーミュージック、2014年、92頁。
  4. ^ Metheny Mehldau”. Nonesuch Records. 2016年9月27日閲覧。
  5. ^ Quartet”. Nonesuch Records. 2016年9月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「ピアノ特集:ブラッド・メルドー研究」『Jazz Life』2000年 6月号 ジャズライフ
  • 「アーティスト特集:ブラッド・メルドー」『Keyboard magazine』2007年12月号 リットーミュージック
  • 杉田宏樹「現代のトップピアニストたち」『ジャズと言えばピアノトリオ』 光文社〈光文社新書〉2011年
  • 稲田利之「ブラッド・メルドー」『Jazz The New Chapter』柳樂光隆編 シンコーミュージック 2014年
  • 牧野直也『リマリックのブラッド・メルドー(ポスト・ジャズからの視点 I)』アルテスパブリッシング 2017年