ブランデンブルク辺境伯領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブランデンブルク辺境伯領
Mark/Markgrafschaft Brandenburg
ノルトマルク 1157年 - 1701年 プロイセン王国
ブランデンブルク伯領領の国旗 ブランデンブルク伯領領の国章
(国旗) (国章)
ブランデンブルク伯領領の位置
1320年のアスカーニエン家断絶までのブランデンブルク辺境伯領
公用語 ドイツ語
首都 ブランデンブルク
ベルリン(1417年より)
辺境伯
1157年 - 1170年 アルブレヒト1世
1608年 - 1619年ヨーハン・ジギスムント
変遷
辺境伯領建設 1157年10月3日
選帝侯1356年12月25日
プロシアと同君連合1618年8月27日
プロイセン王国1701年1月1日
現在ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
Arms of Brandenburg.svg
Arms of East Prussia.svg

ブランデンブルクプロイセンの歴史
ノルトマルク
965 - 983
プルーセン
先史 - 13世紀
リューティチ族英語版
983 - 12世紀
ブランデンブルク辺境伯領
1157 - 1618 (1806)
ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロイセン公国
1525 - 1618 (1701)
王領プロイセン
1454/1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン自由州
1918 - 1947
クライペダ地域英語版
1920 - 1939 / 1945 - 現在
回復領
1918/1945 - 現在
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在
カリーニングラード州
1945 - 現在

ブランデンブルク辺境伯領(ブランデンブルクへんきょうはくりょう、ドイツ語: Mark/Markgrafschaft Brandenburg)は、神聖ローマ帝国選帝侯の一人であるブランデンブルク辺境伯の所領の領地。現在のブランデンブルク州の大部分とベルリン、およびポーランドの一部に相当する。

地理[編集]

ブランデンブルク辺境伯領は中央ヨーロッパの北部に存在した。ラウジッツ辺境伯領をオットー1世が買収した際に領土が最も広くなり、北はバルト海、南はルサス高地と最大の版図を記録したが、永続的に領土を保持することはできなかった[1]

ブランデンブルク辺境伯領は量的には37,455km²と16世紀以来神聖ローマ帝国の領邦国家の中で最大の領土を保有した国家の一つであり、約35,000km²のザクセン選帝侯領に匹敵した[2]

対外関係[編集]

神聖ローマ帝国内における社会的、経済的な立場が非常に弱かったにも関わらず、ブランデンブルク辺境伯領は帝国内において重要な州に発展し、17世紀からはホーエンツォレルン家の拡大とともに権力を強化していった。また、周辺の領邦国家は辺境伯領の拡大に苦しめられた。

ブランデンブルク辺境伯領は南部のザクセン選帝侯領と密接な関係を維持した。ザクセンは中世以来ブランデンブルクの重要なパートナーでありライバルであった。

スラヴ人によって統治されたポメラニアは中世よりほとんど常に武力紛争状態にあった。また、ポーランドとはプロイセン公国との関係に基づいていた。ポーランドとの玄関口はフランクフルトであった。

輸出入はほとんどハンブルク経由でおこなわれていた。商品はライプツィヒ・メッセで購入可能であった。

人口[編集]

中世から三十年戦争の初期にかけて、ブランデンブルク辺境伯領の人口は20万人から40万人へと増加した。しかし、その人口増加は非常に不安定であり、頻繁な戦争、疫病、飢饉によって死亡率は高かった。また、人口密度は常に神聖ローマ帝国の平均よりも低かった。三十年戦争によりブランデンブルクの人口はかなり減少し、それは17世紀の終わりまで再び改善されなかった。その後、18世紀前半に人口増加が始った。

ブランデンブルク辺境伯領の人口
1320[3] 1486[4] 1564 1617 1634[5] 1690[6] 1750[7] 1800[7]
人口 200.000 308.750 381.000 418.666 300.000 413.516 767.354 1.124.806

歴史[編集]

ブランデンブルク辺境伯領は、ザクセン公であったアルブレヒト熊公を初代ブランデンブルク辺境伯として1157年に設置された。アルブレヒト熊公の死後は息子オットー1世がブランデンブルク辺境伯となり、ポーランドへと領地を延ばした。13世紀半ばの重要な発展としては、ベルリン1242年)、フランクフルト・アン・デア・オーダー1253年)の開基と、シュテッティンおよびウッカーマルクの獲得(1250年)が挙げられる。

アスカーニエン家1320年に断絶した後、ヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ4世がブランデンブルク辺境伯領を獲得、以降ヴィッテルスバッハ家の世襲となるも、1373年ルクセンブルク家カール4世オットー5世(ルートヴィヒ4世の6男)から辺境伯領を取得し、長男のヴェンツェルに与えた。

1415年ホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯フリードリヒ6世(ブランデンブルク辺境伯としてはフリードリヒ1世)が神聖ローマ皇帝ジギスムント(カール4世の次男、ヴェンツェルの異母弟)からブランデンブルク選帝侯位を獲得し、ベルリンを居城とした。1539年にはヨアヒム2世ルター派に改宗した。ホーエンツォレルン家は17世紀前半の三十年戦争の頃から台頭し始め、勢力を拡大させた。

1618年にはヨーハン・ジギスムントが婚姻関係によって神聖ローマ帝国の領域外かつポーランドの封土であるプロシア公領を手に入れ、同君連合ブランデンブルク=プロイセンを形成した。また、1648年にはヒンターポンメルン (de:Hinterpommern) (現在のポーランド領西ポモージェ県)を獲得した。ホーエンツォレルン家は政治的影響力を拡大しようと努め、さらにフリードリヒ・ヴィルヘルム(大選帝侯)によって、デンマークスウェーデンポーランド王国に対する優位を主張しつつ、西部ではフランスと対立することになる。北方戦争時にはプロシア公領をポーランドの支配下から完全に独立させた。

フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯が没するとフリードリヒ3世があとを継いだ。彼はスペイン継承戦争で神聖ローマ帝国側に付き、その見返りに1701年ハプスブルク家から帝国外のプロシア公領の王(プロイセン王)としての称号を認めさせ、プロイセン王国が成立した。この結果ブランデンブルク選帝侯の地位はプロイセン王と兼任されることになり、ブランデンブルク辺境伯領はプロイセン王国の一部のように扱われるようになる。ブランデンブルク選帝侯領はプロイセン王国の成立後も形式上は神聖ローマ帝国の領邦として留まったが、神聖ローマ帝国が正式に解体された1806年に正式にプロイセン王国領ブランデンブルク州英語版となった。

その後ブランデンブルク州は一貫してドイツの中核的な州であったが、第二次世界大戦後、1945年オーデル・ナイセ線を境として、東のポーランド領と西のドイツ領に分割された。1949年に成立したドイツ民主共和国は、1952年州制度を廃止して旧ブランデンブルク州でドイツ側に残っていた部分を、コトブス県、フランクフルト県、ポツダム県に3分割した。

1990年ドイツ再統一の結果、ブランデンブルク州(ブンデスラント、Bundesland Brandenburg)が復活した。

経済[編集]

農業[編集]

ブランデンブルク辺境伯領では少数の貴族が土地を持ち、農民が耕作する義務を負っていた。ブランデンブルク辺境伯領の土壌は非常に悪く、小麦を栽培することができなかったが、ライ麦大麦を栽培できた[8]。中世になると、農民たちは家賃を払うためにオート麦などの生産を開始した。

ブランデンブルク辺境伯領の農業は、ヨーロッパ全体の経済の変動と、それに対応する政治的出来事および政府の措置に依存し続けた。13世紀にかけて発生した大飢饉や穀物の価格の下落などに農民と農作物からの収益に依存する貴族たちは苦しめられた。これらが農村部から都会への移住を促し、農地が放棄され、多くの村々が荒廃していった[9]

貿易[編集]

可能性が限られているのにも関わらず、ブランデンブルク辺境伯領は1680年に外洋貿易を開始した。最盛期には年間20〜30隻の船を送り出し、約3000人もの奴隷を販売し、西アフリカに複数の拠点をもった[10]。しかし、列強との競争、船の破損等で次第に勢力が弱まり、最終的にフリードリヒ・ヴィルヘルムが辺境伯に就任した際に撤退した[11]

[脚注の使い方]

脚注[編集]

  1. ^ Johannes Schultze: Die Mark Brandenburg. 1. Band. 4. Auflage, Duncker & Humblot, Berlin 2011, ISBN 978-3-428-13480-9, 15. Johann I. und Otto III. (1220–1267). a) Die Zeit der gemeinsamen Regierung, S. 136–154, Wollgast: S. 140–143; Bautzen und Görlitz: S. 140.
  2. ^ Gerhard Köbler: Historisches Lexikon der deutschen Länder – die deutschen Territorien vom Mittelalter bis zur Gegenwart, C.H.Beck, 7. Auflage, München 2007, für Bayern: S. 50, für Kurhannover: S. 252.
  3. ^ Marksteine – Eine Entdeckungsreise durch Brandenburg-Preußen. Katalog zur Eröffnungsausstellung des Hauses der Brandenburgischen Geschichte vom 18. August – 11. November 2001, Herausgegeben vom Haus der Brandenburgischen Geschichte beim Museumsverband des Landes Brandenburg e.V., Henschel Verlag, Berlin 2001, S. 26.
  4. ^ Otto Büsch, Wolfgang Neugebauer: Moderne Preussische Geschichte 1648–1947: Eine Anthologie (= Veröffentlichungen der Historischen Kommission zu Berlin, Band 52/1). Walter de Gruyter, Berlin / New York 1981, S. 291.
  5. ^ Büsch, Neugebauer (1981), S. 291.
  6. ^ Büsch, Neugebauer (1981), S. 291 dort: Bevölkerungsdichte Kurmark: 656 Menschen je QM, Neumark: 505 Menschen je QM zwischen 1680 bis 1700.
  7. ^ a b Bratring, Band 1, Band 2, Band 3.
  8. ^ Peter Knüvener, Dirk Schumann: Die Mark Brandenburg unter den frühen Hohenzollern. In: Beiträge zu Geschichte, Kunst und Architektur im 15. Jahrhundert, Schriften der Landesgeschichtlichen Vereinigung für die Mark Brandenburg. Band 5, Lukas Verlag, 1. Auflage, Berlin 2015, S. 20.
  9. ^ Peter Knüvener, Dirk Schumann: Die Mark Brandenburg unter den frühen Hohenzollern. In: Beiträge zu Geschichte, Kunst und Architektur im 15. Jahrhundert, Schriften der Landesgeschichtlichen Vereinigung für die Mark Brandenburg. Band 5, Lukas Verlag, 1. Auflage, Berlin 2015, S. 24.
  10. ^ Ingrid Mittenzwei, Erika Herzfeld: Brandenburg-Preußen 1648–1789 – Das Zeitalter des Absolutismus in Text und Bild. Verlag der Nation, 3. Auflage, Berlin 1990, S. 136 f.
  11. ^ Jahrbuch für Geschichte Lateinamerikas, Anuario de Historia de America Latina, Band 32, Heft 1, Seiten 257–302, ISSN (Online) 2194-3680, doi:10.7788/jbla-1995-0116 Kapitel: Amerikanische Kolonialwaren und Wirtschaftspolitik in Preußen und Sachsen: Prolegomena (17./18. und frühes 19. Jahrhundert), S. 266.

関連項目[編集]

現在のブランデンブルク州旗