ブランドン・イングラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブランドン・イングラム
Brandon Ingram
20150329 MCDAAG closed practice Brandon Ingram (3).JPG
ニューオーリンズ・ペリカンズ  No.14
ポジション SF/SG
背番号 14
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 86kg (190 lb)
ウィングスパン 221cm  (7 ft 3 in)[1]
シューズ アディダス
基本情報
本名 Brandon Xavier Ingram
ラテン文字 Brandon Ingram
誕生日 (1997-09-02) 1997年9月2日(21歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州キンストン
出身 デューク大学
ドラフト 2016年 2位 
選手経歴
2016-2019
2019-
ロサンゼルス・レイカーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
受賞歴

ブランドン・ゼイヴィア・イングラム (Brandon Xavier Ingram 1997年9月2日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州キンストン出身のプロバスケットボール選手。NBAニューオーリンズ・ペリカンズに所属している。ポジションはスモールフォワード。ミドルネーム"Xavier"は日本語表記ではザビエルだが、英語の発音上はゼイヴィア。

来歴[編集]

ハイスクール[編集]

Iマクダナルズ・オール・アメリカンゲームでのイングラム (2015年)

ノースカロライナ州のキンストン高校時代は、マクダナルズ・オール・アメリカンに選出されるなど注目された[2]

氏名 出身 高校 / 大学 身長 体重 コミット日
ブランドン・イングラム
SF
ノースカロライナ州キンストン キンストン高校 6 ft 8 in (2.03 m) 191 lb (87 kg) 2015年4月27日 
Scout:5/5 stars   Rivals:5/5 stars   247Sports:5/5 stars    ESPN:5/5 stars
全リクルート順位: Scout: 3, 1 (SF)   Rivals: 4, 2 (SF)  ESPN: 3, 1 (SF)
  • 注意: 多くの場合、Scout、Rivals、247Sports、ESPNの間で身長、体重が一致しない可能性がある。
  • これらの場合、平均をとっている。ESPNグレードは100ポイントスケールに基づいている。

出典:

  • "Duke Basketball Commitment List". Rivals.com. Retrieved March 8, 2017.
  • "2015 Duke Basketball Commits". Scout.com. Retrieved March 8, 2017.
  • "ESPN". ESPN.com. Retrieved March 8, 2017.
  • "Scout.com Team Recruiting Rankings". Scout.com. Retrieved March 8, 2017.
  • "2015 Team Ranking". Rivals.com. Retrieved March 8, 2017.

カレッジ[編集]

大学は地元の有力校でもあるデューク大学に進学[3]。1年生ながらスターターとして活躍し、平均17.3得点6.8リバウンド2アシストを記録、ACCの新人王と2ndチームに選出された[4]イングラムは、1年間プレーしただけで2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明した[5]

スタッツ[編集]

所属 年度 GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
デューク大学 2015–16 36 34 34.6 .442 .410 .682 6.8 2.0 1.1 1.4 17.3

NBA[編集]

2016-17シーズン[編集]

2016年のNBAドラフトで全体2位という高い評価を受けてロサンゼルス・レイカーズから指名された[6][7]。このドラフトで指名を受けた2番めに若いプレーヤーであった[8]。 2016年8月23、レイカーズとルーキー契約を結んだ[9]。10月26日のシーズン開幕戦でベンチから初出場し9得点を上げた[10]。11月23日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦でキャリアハイとなる16得点を記録した[11]。ルーキーシーズン終了後、NBAオールルーキーチームの2ndチームに選出された[12]

2017-18シーズン[編集]

2018-19シーズン[編集]

2018-19シーズン後に行われたアンソニー・デイビスが絡んだトレードでロンゾ・ボールジョシュ・ハート2019年のNBAドラフト全体4位指名権を含む3つの1巡目指名権、金銭と共にレイカーズからニューオーリンズ・ペリカンズにトレードされた。[13]

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 ロサンゼルス・レイカーズ 79 40 28.8 .402 .294 .621 4.0 2.1 .6 .4 9.4
2017–18 ロサンゼルス・レイカーズ 59 59 33.5 .470 .390 .681 5.3 3.9 .8 .7 16.1
2018–19 ロサンゼルス・レイカーズ 52 52 33.8 .497 .330 .675 5.1 3.0 .5 .6 18.3
Career 190 151 31.7 .458 .329 .662 4.7 2.9 .6 .6 13.9

脚注[編集]

  1. ^ Brandon-Ingram”. draftexpress.com (2015年). 2017年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  2. ^ ACC Basketball: Brandon Ingram performs well in McDonald's All-American Game
  3. ^ Elite recruit Brandon Ingram’s attention on 4th title, then decision
  4. ^ Allen named 3rd team AP All-American, Ingram earns honorable mention
  5. ^ Duke freshman Brandon Ingram declares for NBA draft
  6. ^ Holmes, Baxter (2016年6月23日). “Lakers take Brandon Ingram with second pick of draft”. ESPN.com. 2016年6月23日閲覧。
  7. ^ Lakers take Brandon Ingram with second pick of draft
  8. ^ Brandon Ingram and NBA Rookie of the Year Odds”. LakersNation.com (2016年8月24日). 2016年8月31日閲覧。
  9. ^ Lakers Sign Brandon Ingram”. NBA.com (2016年8月23日). 2016年8月23日閲覧。
  10. ^ Young Lakers roar past Rockets 120-114 to win Walton's debut”. ESPN.com (2016年10月26日). 2016年10月27日閲覧。
  11. ^ Warriors dish out franchise-record 47 assists in 43-point rout of Lakers”. ESPN.com (2016年11月23日). 2016年11月24日閲覧。
  12. ^ Rohrbach, Ben (2017年6月27日). “Draymond Green, Joel Embiid headline NBA's All-Defensive, All-Rookie team announcements”. Yahoo.com. 2017年6月27日閲覧。
  13. ^ Sources: Lakers reach deal for Pelicans' Davis”. ESPN.com (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。
[ヘルプ]