ブランドン・ウォレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブランドン・ウォレス
Brandon Wallace
Brandon Wallace.jpg
引退
ポジション(現役時) F
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 99kg (218 lb)
基本情報
ラテン文字 Brandon Wallace
英語 Brandon Wallace
誕生日 (1985-03-14) 1985年3月14日(34歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドラフト  
選手経歴
2007 ボストン・セルティックス
ユタ・フラッシュ
アイオワ・エナジー
ロサンゼルス・ディーフェンダーズ
メルシン・ブユクセイア・ベレディエシ
ハポエル・ホロン
ズゴーズレク
ベーカーズフィールド・ジャム
秋田ノーザンハピネッツ

ブランドン・ウォレス (Brandon Wallace, 1985年3月14日 - ) は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。秋田ノーザンハピネッツに所属していた。

経歴[編集]

ジョージア州ステーツボロ出身。高校時代はシルバーブラフに所属した。そこでの成績は1ゲームあたり平均21.9ポイント、15.7リバウンド、4.5アシスト、および4.3ブロックを記録した。チームは24勝7敗で州の決勝戦に進出し、ウォレスは最終クォーターでウィニングショットを記録している。シルバーブラフのチーム史上初のタイトルであった。ウォレスはオーガスタ・クロニクル紙のプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選出され、マクドナルドのオール・アメリカンチームにも選出された。その他の高校時代の受賞は2001年と2002年のRegion Five Class AA Player of the Year、ベスト・ディフェンシブ・プレイヤーがある。ウォレスはメリーランド大学オーバーン大学サウスカロライナ大学からの誘いを受け、サウスカロライナ大学への進学を決めた[1]

サウスカロライナ大学でウォレスは着実にプレイを進化させた。一年生のときには平均3.7ppg、3.3rpg、1.0bpg、0.6spgを記録した。二年次では平均5.7ppg、4.5rpg、0.9apg、1.0spg、1.7bpgであった。55ブロックとダンクシュート30はチーム最高であった。三年次では平均7.6ppg、6.1rpg、2.3apg、1.9bpg、0.8spgを記録し、四年次では平均9.9ppg、9.4rpg、1.9apg、1.3spg、2.9bpgを記録した。大学時代のブロックショットは249で、当時のサウスイースタン・カンファレンスで9位であった。彼はまたサウスイースタン・カンファレンス史上ブロックで5位、リバウンドで6位を記録している[1]

大学時代の成功にもかかわらず、ウォレスは2007年のNBAドラフトで指名されなかった。しかし彼はボストン・セルティックスサマーリーグチームに誘われた。サマーリーグでの試合の後、セルティックスは二年間で10万ドルという契約を提示した[2]。ウォレスはセルティックスでスモールフォワードとしてプレイし、ダンテ・ジョーンズ、ジャッキー・マヌエルとロースターを争った後、2007-08シーズンのロースターに選出された[3]。しかしながら2007年12月18日、シーズンイン直前にセルティックスから放出され、プレイすることは無かった[4]。ウォレスはNBAデベロップメント・リーグのドラフト2巡目でベーカーズフィールド・ジャムに指名された。

2008年8月4日、ウォレスはトルコのメルシン・ブユクセイア・ベレディエシと契約した[5]。その後はポーランドのズゴーズレクでプレイし、平均18分で7.8ppg、5.6rpgを記録、ポーランドのオールスターチームにも選出された。2009年10月23日にはイスラエルのハポエル・ホロンと契約する。2011年、bjリーグ秋田ノーザンハピネッツと契約したが、負傷のため11月14日に契約解除。

私生活[編集]

ウォレスには2007年11月生まれの息子がいる。彼は2009年8月に高校時代の恋人と結婚した。

成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011-12 秋田 6 6 14.7 .441 .000 .583 4.3 0.3 0.3 1.2 6.2


参照[編集]

  1. ^ a b Player Bio: Brandon Wallace :: Men's Basketball
  2. ^ Marc J. Spears, Reassigned in a flash, The Boston Globe
  3. ^ Marc J. Spears, Wallace in, Jones and Manuel out, The Boston Globe, October 26, 2007.
  4. ^ Peter May, Rookie Wallace gets cut loose, The Boston Globe, December 19, 2007
  5. ^ Seth Emerson, [1], "The State", August 4, 2008