ブランドン・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブランドン・ウッド
Brabdon Wood
Brandon Wood 2009 LAA.jpg
エンゼルス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州オースティン
生年月日 (1985-03-02) 1985年3月2日(34歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 2003年 ドラフト1巡目(全体23位)
初出場 2007年4月26日
最終出場 2011年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・ブランドン・ウッド(Richard Brandon Wood, 1985年3月2日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身の元プロ野球選手三塁手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代とエンゼルス時代[編集]

2003年、全米高校代表チームに選出されるなど、アマチュア時代から注目を集める。同年6月3日ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから1巡目(全体23位)でドラフト指名を受け、6月6日契約成立。この年からルーキー級でプレーを始める(61試合出場)。

2005年、A+とAAAトータルで134試合打率.321 ・ 43本塁打 ・ 116打点出塁率.381 ・ OPS 1.048と言うハイレベルな数字を叩き出し、7月10日フューチャーズ・ゲームに出場。カリフォルニア・リーグMVPとチーム内のマイナーリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー、MiLB.com が選ぶマイナーリーグ・オフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの三賞に輝いた[1]。また、オフのウィンターリーグではアリゾナ・フォール・リーグのオールプロスペクト・チームにも選出されている。シーズン終了後チーム内の有望株リストで1位にランクされ、ベスト・パワーヒッターに挙げられた[2]

2006年は、AA級で118試合出場。好成績を挙げ、6月20日テキサスリーグのミッドシーズン・オールスターに、8月28日には同リーグのポストシーズン・オールスターに出場した。ベースボール・アメリカ誌と Topps 社のAA級オールスターにも選ばれた[1]。前年に引き続き2年連続でチーム内のマイナーリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した他、有望株リストで1位にランクされ、ベスト・パワーヒッターに挙げられた[3]

2007年4月26日、メジャー初昇格。即日タンパベイ・レイズ戦において九番打者三塁手としてスタメン起用され、デビュー戦は4打数安打(2三振)に終わったが、29日のシカゴ・ホワイトソックス戦ではレフト前に初安打を放っている。その後はマイナー降格と再昇格を何度か繰り返したが、AAA級で111試合 ・ 打率.272 ・ 23本塁打 ・ 77打点と結果を出すと8月22日以降はメジャーに定着した [4]。壁は厚く、わずか13試合の出場に留まったものの、シーズン終了後有望株リストで1位にランクされ、3年連続でベスト・パワーヒッターに挙げられた[5]

これ以後、マイナーリーグで好成績を挙げるものの、メジャーリーグでは結果を残せないシーズンが続く[6]2010年はメジャーで過去最多の81試合に出場したが、.146という極端な低打率に終わった。2010年のウッドのOPS.382は、1912年以降に年間200打席以上を得たメジャーリーグ選手の中で歴代最低である[6]

パイレーツ時代[編集]

2011年4月22日に、ウェイバーでピッツバーグ・パイレーツに移籍した。同年は2チーム合計で自己最多の105試合に出場し、打率(.216)や本塁打(7)など、主要な打撃指標でいずれも自己最高の成績を残した。2011年11月2日にFAとなった。結果的に同年がメジャーリーグでプレーした最後のシーズンとなった。

ロッキーズ傘下時代[編集]

11月17日コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ。2012年はロッキーズ傘下AAAのコロラドスプリングス・スカイソックスでプレーした。オフの11月3日にFAとなった。

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2012年11月16日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ。

オリオールズ傘下時代[編集]

2013年5月9日、ロイヤルズからボルチモア・オリオールズに移籍した。シーズン終了後にFAとなった。

パドレス傘下時代[編集]

2013年12月にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだが、シーズン開幕前の2014年3月21日に放出された。

独立リーグ[編集]

2014年は独立リーグシュガーランド・スキーターズと契約して25試合に出場したが、82打数8安打、打率.098と成績が低迷し、引退を決意した[6]

引退後[編集]

2016年3月、マイナーリーグのトリシティ・ダストデビルズ(ショートシーズンA級)の監督となることが報じられた[6]

選手としての特徴[編集]

ベースボール・アメリカ誌の有望株リストでは2006年版3位、2007年版8位[7]、2008年版16位[8]にランクインし、「次代のカル・リプケン[6]と評されるなど大きな期待を受けていた選手だった。しかしマイナーリーグで好成績を残してもメジャーリーグに昇格すると打撃が通用しなかった[6]。メジャーでの通算打率は.186である。

引退後の取材で、現役当時は大きな期待が重圧となって精神的に変調をきたし、不安感不眠目まいなどに悩まされていたと語っている[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
2007 LAA 13 33 33 2 5 1 0 1 9 3 0 0 0 0 0 0 0 12 0 .152 .152 .273 .424
2008 55 157 150 12 30 4 0 5 49 13 4 0 1 1 4 0 1 43 3 .200 .224 .327 .551
2009 18 46 41 5 8 1 0 1 12 3 0 0 1 0 3 0 1 19 3 .195 .267 .293 .559
2010 81 243 226 20 33 2 0 4 47 14 1 0 8 1 6 0 2 71 3 .146 .174 .208 .382
2011 6 15 14 1 2 1 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 0 8 1 .143 .143 .214 .357
PIT 99 257 236 25 52 9 0 7 82 31 0 0 1 1 19 2 0 65 5 .220 .277 .347 .625
'11計 105 272 250 26 54 10 0 7 85 31 0 0 2 1 19 2 0 73 6 .216 .270 .340 .610
通算:5年 272 751 700 65 130 18 0 18 202 64 5 0 12 3 32 2 4 218 15 .186 .225 .289 .513

背番号[編集]

  • 32 (2007年 - 同年途中)
  • 3 (2007年途中 - 2011年途中)
  • 2 (2011年途中 - 同年)

参考資料[編集]

  1. ^ a b Awards/Honors:” (英語). MiLB.com. 2008年3月29日閲覧。
  2. ^ Ages are as of April 1, 2006. Top Ten Prospects: Los Angeles Angels , BEST TOOLS” (英語). Baseball America.com (2006年2月3日). 2008年3月29日閲覧。
  3. ^ Ages are as of April 1, 2007. Top 10 Prospects Los Angeles Angels , BEST TOOLS” (英語). Baseball America.com (2006年12月4日). 2008年3月29日閲覧。
  4. ^ Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). sportsnet.ca. 2008年3月29日閲覧。
  5. ^ Ages are as of April 1, 2008. Top 10 Prospects Los Angeles Angels , BEST TOOLS” (英語). Baseball America.com (2008年1月28日). 2008年3月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g Ted Berg (2016年3月30日). “Former MLB megaprospect Brandon Wood begins life as a minor league manager”. USA Today. https://ftw.usatoday.com/2016/03/brandon-wood-angels-prospect-padres-manager-minors-mlb 2019年4月25日閲覧。 
  7. ^ All-Time Top 100 Prospects” (英語). Baseball America.com (2007年2月28日). 2008年3月29日閲覧。
  8. ^ Top 100 Prospects: No. 1-20” (英語). Baseball America.com (2008年2月25日). 2008年3月29日閲覧。