ブランフォード・マルサリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブランフォード・マルサリス
BMarsalis@2011WYPS2.jpg
2011年
基本情報
出生名 ブランフォード・マルサリス
生誕 (1960-08-26) 1960年8月26日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル ジャズ
ポストバップ
担当楽器 サクソフォーン
共同作業者 ウィントン・マルサリス
デルフィーヨ・マルサリス
ケニー・カークランド
テレンス・ブランチャード
ジェイソン・マルサリス
エリス・マリサリス
ジョーイ・カルデラッツォ
ジェフ・テイン・ワッツ
公式サイト 公式サイト

ブランフォード・マルサリス (Branford Marsalis1960年8月26日- )は、アメリカジャズサクソフォーン奏者。

教師・作曲家・ピアニストとして知られた父エリス・マルサリスと同じく全員がジャズ・ミュージシャンであるマルサリス兄弟の長男としてルイジアナ州ニューオーリンズにて生まれる。彼は、ジャズ界において卓越したテナーとソプラノサクソフォーン奏者として、また兄弟の中でも最も才能に恵まれ、優れた音楽の改革者の一人として非常に有名である。

来歴[編集]

4歳からピアノ、小学生当時からクラリネット、15歳でサクソフォーンを始め、ニューオーリンズの芸術専門学校、そしてバークリー音楽大学で学んだブランフォードは、1980年代前半にアート・ブレイキー・ビッグバンドでの演奏、クラーク・テリーとの共演、そしてブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに参加してプロとしての活動を開始した。1982年から1985年にかけては、弟ウィントン・マルサリスとのクインテットで演奏し、1985年にはスティングのバックバンドに加わった。ライブ・エイドではスティングの演奏のみ( フィル・コリンズとの『見つめていたい』共演時を含む)伴奏者として出演している。また、彼はマイルス・デイヴィス・グループのツアーにも後期のメンバーとして参加した。1986年には自分のグループを結成しアルバムを発表。

日本では1987年に、父のエルス・マルサリスと共演した「サントリーホワイト」のCMがテレビで放映されたことで話題になった[1]

1992年から1995年にかけてアメリカNBCの人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』の音楽監督を務めた。1994年にはジャズと リズムアンドブルースヒップホップロックとの融合を目的に、新ユニット「バックショット・ルフォンク」の活動を始めた。

2002年には父親と共同で自主レーベル「マルサリス・ミュージック」を設立した。 2013年3月、Saint Mary's University of Minnesotaから博士号(Doctor of Arts Leadership)が授与された。

ミュージシャンズ・ビレッジ・プロジェクト[編集]

アメリカ南部にハリケーン・カトリーナが壊滅的打撃を与えた後、ハリー・コニック・Jrとともにニューオーリンズの音楽文化遺産回復の指導的役割を担う活動を始めている。その一環として、2005年12月6日、彼らは特定非営利活動法人ハビタット・フォー・ヒュマニティおよび同ニューオーリンズ支部と共同で、ニューオーリンズにて『ミュージシャンズ・ビレッジ』計画を発表した。ミュージシャンズ・ビレッジには『エリス・マルサリス・ミュージックセンター』を中心に居住可能な家が建設される予定であり、これらは財政難にあえぐミュージシャンたちに手ごろに入手できる家として提供される。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

1980年代
  • 『シーンズ・イン・ザ・シティ』 - Scenes In The City (1984年)(Columbia)
  • 『クラシカル・ロマンス』 - Romances for Saxophone(1986年)(Columbia)
  • 『ロイヤル・ガーデン・ブルース』 - Royal Garden Blues(1986年)(Columbia)
  • 『ルネッサンス』 - Renaissance(1987年)(Columbia)
  • 『ランダム・アブストラクト』 - Random Abstract(1988年)(Sony)
  • 『トリオ・ジェピー』 - Trio Jeepy(1989年)(Sony)
  • 『ドゥ・ザ・ライト・シング』 - Do The Right Thing(1989年)
1990年代
  • モ'・ベター・ブルース』サウンドトラック - Mo' Better Blues(1990年)(Sony)
  • 『クレイジー・ピープル・ミュージック』 - Crazy People Music(1990年)(Sony)
  • 『ザ・ビューティフル・ワンズ・アー・ノット・イエット・ボーン』 - The Beautyful Ones Are Not Yet Born(1991年)(Columbia)
  • 『ブルース・ウォーク』 - I Heard You Twice The First Time(1992年)(Sony)(第35回グラミー賞受賞(最優秀器楽ジャズ・グループ部門))
  • 『ブルーミングトン』 - Bloomington(1993年)(Columbia)(ライヴ)
  • バックショット・ルフォンク名義, 『バックショット・ルフォンク』 - Buckshot LeFonque(1994年)(Columbia)
  • 『愛しき女へ』 - Loved Ones(1996年)(Columbia)
  • 『ザ・ダーク・キーズ』 - The Dark Keys(1996年)(Columbia)
  • バックショット・ルフォンク名義, 『ミュージック・エヴォルーション』 - Music Evolution(1997年)(Sony)
  • 『レクイエム:ケニー・カークランドに捧ぐ』 - Requiem(1999年)(Sony)
2000年代
  • 『コンテンポラリー・ジャズ』 - Contemporary Jazz(2000年)(Sony)(第43回グラミー賞受賞(最優秀器楽ジャズ・グループ部門))
  • 『クリエイション:20世紀フランス音楽作品集』 - Creation(2001年) (Sony Classical)
  • 『フットステップス』 - Footsteps of our Fathers(2002年)(Marsalis Music)
  • 『ロメール・ベアデン・リヴィールド(ロメール・ベアデンに捧ぐ)』 - Romare Bearden Revealed(2003年)(Marsalis Music)
  • 『エターナル』 - Eternal(2004年)(Marsalis Music)
  • 『至上の愛ライブDVD』 - Coltrane's Love Supreme Live In Amsterdam(2004年)(Marsalis Music, Rounder Records)(DVDビデオ)
  • 『ブラッグタウン』 - Braggtown(2006年)(Marsalis Music)
  • ノースカロライナ交響楽団、グラント・ルウェリンと共同名義, 『アメリカ残像』 - American Spectrum(2008年)(BIS)
  • 『メタモルフォーゼン』 - Metamorphosen(2008年)(Marsalis Music)
2010年代
  • ジョーイ・カルデラッツォと共同名義, 『ソングス・オブ・マース・アンド・メランコリー』 - Songs of Mirth and Melancholy(2011年)(Marsalis Music)
  • 『フォー・MFズ・プレイン・チューンズ』 - Four MFs Playin' Tunes(2012年)(Marsalis Music)
  • In My Solitude: Live At Grace Cathedral(2014年)(Marsalis Music)(ライヴ)
  • カート・エリングと共同名義, Upward Spiral(2016年)(Marsalis Music)
  • The Secret Between the Shadow and the Soul(2019年)(Sony Masterworks)

コンピレーション[編集]

  • 『ザ・ベスト・オブ・ブランフォード・マルサリス』 - Steep Anthology (Columbia/Sony) 2004年(「サントリーホワイト」のCMの「スティープス・イーク」がボーナストラックとして収録)

主なセッション参加アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 様々な音楽と接点を持つブランフォード・マルサリス”. ALSOJ NET (2012年). 2018年12月31日閲覧。