ブリス・ポゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブリス・ポゼ(Brice Pauset、1965年6月17日 - )は、フランス作曲家

経歴[編集]

ブリス・ポゼは、ブザンソン生まれ、幼少時から音楽教育を受け、5歳でピアノを、8歳でヴァイオリンを学びはじめた[1]1975年から1984年までブザンソン地方音楽院フランス語版で、ピアノ、ヴァイオリン、チェンバロ室内楽教育学和声対位法など、本格的に音楽を学んだ[1]。次いで、ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院に移り、作曲と電子音楽を、ミシェル・ズバー (Michel Zbar) の下で学び[1]、ピアノをジェラール・フレミーフランス語版クロード・エルフェらに学んだ[2]。同じころに、音楽と並行して、パリ第1大学(ソルボンヌ)やルーヴェン・カトリック大学哲学を学び、1986年に博士号を得た[1]1988年に、パリ国立高等音楽・舞踊学校に入学を認められ、作曲と管弦楽法ミシェル・フィリポフランス語版ジェラール・グリゼーの下で学ぶ[1]1988年から1991年の間は、シエーナにも赴き、フランコ・ドナトーニにも師事した。1994年には、マルセル・ブルースティン=ブランシェ職業財団フランス語版の奨学資金を受けた。1994年から1996年まで、IRCAMで研究に従事した[2]

チェンバロはグスタフ・レオンハルトから個人教授を受けた[1]。さらに、アラン・バンキャールアンリ・デュティユーブライアン・ファーニホウミカエル・ジャレルにも師事した。

2008年フライブルク音楽大学の教授となり[2]、各地で講義や講演を行なうとともに、ピアニスト、チェンバロ奏者として演奏活動もしている[1]

2010年から2015年まで、ディジョンのディジョン歌劇場 (Opéra de Dijon) のコンポーザー・イン・レジデンスである[3]

おもな作品[編集]

ポゼは、様々なジャンルの作品を、合わせて80曲以上作曲している。

交響曲[編集]

  • 交響曲第4番 独奏ピアノとオーケストラのための『地理学者 (Der Geograph)』(2006年)
  • 交響曲第5番 大オーケストラのための『ダンサー (Die Tänzerin)』(2008年)
  • 交響曲第6番 オーケストラと6人の歌手、エレクトロニクスのための『凍りついた影 (Erstarrte Schatten)』(2009年)

その他[編集]

  • オーボエとアンサンブルのための8つのカノン
  • チェンバロのための3つの前奏曲
    • 2002年のアルバム『Préludes』に収録[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lehrende Prof. Brice Pauset KOMPOSITION”. Hochschule für Musik Freiburg. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c Brice Pauset, Komposition”. impuls. 2015年9月5日閲覧。
  3. ^ Brice Pauset”. Opéra de Dijon. 2015年9月5日閲覧。
  4. ^ Brice Pauset – Préludes - Discogs:このアルバムには、アントン・ヴェーベルン作品27『ピアノのための変奏曲』も収録されている。
  5. ^ Brice Pauset Compositions”. AllMusic, a division of All Media Network, LLC.. 2015年9月5日閲覧。
  6. ^ シューベルト:ピアノソナタD845、ブリス・ポゼ:コントラ・ソナタ”. マーキュリー. 2015年9月5日閲覧。