ブリタモリ大百科事典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブリタモリ大百科事典
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2005年10月8日 - 2006年3月25日
放送時間 土曜 19:00 - 20:30(90分)
放送回数 15回
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ タモリ
出演 山本まゆ子
増田みのり
鈴木芳彦
テンプレートを表示

ブリタモリ大百科事典』(ブリタモリだいひゃっかじてん)とは、ニッポン放送で2005年10月8日から2006年3月25日に放送されていたバラエティ番組

概要[編集]

2000年代前半、ニッポン放送の週末ナイターオフ枠にて、タモリの冠番組であった『タモリの週刊ダイナマイク』を編成して来たが、2005年度のナイターオフから、番組構成を大幅変更し、統一テーマとして「東京」を中心掘下げ、週替わりのテーマに対し、調査員がさまざまな物事を取材リポート[1]を中心に深く掘り下げ、場合によっては特別編集員として、専門家がスタジオ出演若しくは電話中継を結ぶ。前後半のパートでの調査員レポートに対し、タモリが合否を付ける、所謂「独善的超密室系娯楽番組」として、タモリの趣味に精通する内容であった[2]

番組タイトルは『ブリタニカ百科事典』を捩っており、因みに、1982年にタモリが番組と同タイトルの「現代用語辞典 ブリタモリ」(講談社)を(赤塚不二夫加藤芳一長谷邦夫)との共著で出版している。

また、番組開始前の前年度にニッポン放送の経営権問題が発生した事により、スポーツ新聞紙上でタモリのナイターオフ番組の打切りを示唆されていたが[3]、2005年度も編成され、番組最終回では、次シーズンも継続する体でリスナーに向けて挨拶をしたが、レギュラーでのタモリのナイターオフ番組は今番組が最後の番組となった。 後にタモリがニッポン放送にて番組出演を果たしたのが、この番組から7年後に編成された、ニッポン放送開局60周年記念番組 『われらラジオ世代』迄、編成される事が無かった[4]

出演者[編集]

メインパーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

リポーター[編集]

調査員の扱い

放送時間[編集]

JST表記

  • 土曜 19:00 - 20:30

放送時間変更等[編集]

2005年
2006年

タイムテーブル[編集]

  • 19:00 オープニングトーク
  • 19:10 山本まゆ子の東京ローカル通信
  • 19:20 鈴木芳彦アナのレポートコーナー
  • 19:35 タモリの東京学
  • 19:45 りそな銀行 Presents ブリタモリ応接室~社長さんがやってきた!~
  • 20:00 増田みのりアナのレポートコーナー
  • 20:10 本日の特別編集員登場
  • 20:20 今週のプレゼント
  • 20:25 お便り紹介&エンディングトーク

脚注[編集]

  1. ^ この秋は”. みのりの日記(ニッポン放送) (2005年10月4日). 2018年3月1日閲覧。
  2. ^ 1242 きいとこっ! Vol.104 2005.10.2(SUN)”. ニッポン放送 (2005年10月2日). 2018年1月1日閲覧。
  3. ^ 2005年3月18日 日刊スポーツ 社会面
  4. ^ タモリ×ももクロ、異色の共演……「われらラジオ世代」10月25日夜放送”. RBB TODAY (2013年10月25日). 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]

タモリの趣味の掘り下げで構成されているテレビ番組
ニッポン放送制作・NRN系列全国ネット ニッポン放送の週末ナイターオフ番組
前番組 番組名 次番組
2005年度
ブリタモリ大百科事典
ニッポン放送 タモリのナイターオフ番組
ブリタモリ大百科事典