ブリッツガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブリッツガンダム(BLITZ GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「地球連合軍」が開発した5機の試作MSの1機だが、敵対国家である「プラント」の軍隊「ザフト」に強奪され、ザフトパイロットの一人「ニコル・アマルフィ」の搭乗機となる。黒を基調としたカラーリングが特徴で、光学迷彩となる特殊なステルスシステムを搭載している。「ブリッツ」はドイツ語で「電撃」を意味し、更に「ガンダム」にはバクロニムが設定されており「BLITZ General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System」とも表記される[1]。メディア・関連商品での公称は「ブリッツガンダム」と呼称されるが、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズやその関連作品群の作中においては、同作の他のガンダムタイプ同様に「ブリッツ」と呼称される。

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、関連作品に登場する派生機についても解説する。

設定解説[編集]

諸元
ブリッツ
BLITZ
型式番号 GAT-X207
分類 X200系[2]
電撃侵攻用試作MS[3]
全高 18.63m
重量 73.50t
装甲材質 フェイズシフト装甲
動力源 バッテリー
武装
  • 攻盾システム「トリケロス」
    • 50mm高エネルギービームライフル
    • ビームサーベル
    • 3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
  • ピアサーロック「グレイプニール」
特殊装備 ミラージュコロイドシステム
搭乗者

地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニーヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(G兵器 / 初期GAT-Xシリーズ)の1機。

本機は「ブリッツ(ドイツ語で電撃)」のコードネームのとおり、敵陣深くへの電撃侵攻を目的として開発された[4]。右腕の攻盾システム「トリケロス」を初め、他の系列機には無い特殊兵装を試験的に装備しており[5]、格闘戦において高い戦闘力を発揮する[6]

フェイズシフト装甲(PS装甲)」の採用による高い防御力に加え、新機軸の光学迷彩光学ステルス)システム「ミラージュコロイド・ステルス[7]」を搭載する。このシステムの採用のため、ブリッツは機体本体の固定火器を廃し[6]、フレームはX100系の標準フレームに特殊機能を加味したX200番台の特殊改装フレームを採用[7]、装甲構成に至るまで最適化がなされている[8][注 1]

後に本機の実験機と105ダガーベースをベースとしたNダガーNが登場している[9]

武装[編集]

攻盾システム「トリケロス」
右腕に装備された複合武装。実験的な兵装を多数装備するために考案されたもので[10]、シールドの裏面にビームサーベル、50mm高エネルギービームライフル、3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」を搭載し、攻守の切り替えを素早く行うことができる[6]
50mm高エネルギービームライフル[6][11][12]
中距離用の射撃武装。なお、本装備をレーザーライフル、またはレーザー砲であるとする資料も存在する[10][4]。至近戦闘を重視した設計から、他のGAT-Xナンバーに採用されているビームライフルと比較し威力は低い[12]
ビームサーベル
ビームライフル直下に装備されたビームサーベル。他のGAT-X機のサーベルと同型の装備。固定されているため、盾ごと振り回す形で使用する。
プラモデルキット「MGブリッツガンダム」やアクションフィギュア「MIAブリッツガンダム」等では取り外し、通常の手持ちサーベルとしても使用できるギミックが追加されている。
3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
杭状のロケット推進弾。敵装甲を貫徹後炸裂し、内部から打撃を与える[10]。アニメ『機動戦士ガンダムSEED』第29話(リマスター版第27話)では手持ちの槍として使用された例もある。
ピアサーロック「グレイプニール」
左腕に装備された有線式ロケットアンカー。クロー後部に内蔵されたブースターにより射出後の軌道変更を可能とする。クローは開閉させる事で打突攻撃に使用可能[6]。また、敵の捕獲に使用できるとした資料[10]、自機の固定に使用できるとした資料もみられる[12]
ミラージュコロイド・ステルス[13]
ミラージュコロイドを用いたステルスシステム[7]。ガス状の物質を機体周囲に展開する事で、電子・光学双方で機体を隠匿する[10][注 2]。この特性に対する説明として、ミラージュコロイドとはマイクロプリズムに近似する特性を持った物質であり、機体の裏側の映像を投影して隠匿を行っているとした資料がみられる[14]。また、ミラージュコロイドとは微粒子ガスによって視覚・電波・赤外線における自機の存在を隠匿することを可能にするものとした資料もみられる[12]。その他にはミラージュコロイドとはキャリアとして機能し、様々な帯域の電磁波を歪曲・干渉するため、ステルスに使用できるとした資料[15]、磁場によって機体周囲に覆われたコロイド状粒子がレンズのような役割を果たし、レーダー波を完全に吸収するとともに可視光線を歪めるとした資料が見られる[7]
このミラージュコロイドを使用している際はフェイズシフト装甲が展開できないため、著しく防御力が低下する[12]。ミラージュコロイドとフェイズシフト装甲が併用できない理由として、磁場によってコロイドを定着させる事を挙げた資料もみられる[14]。ただし、また、スラスターなどを使用すると熱源探知が可能になり、水中ではコロイド粒子が流出してしまうため使用できない。PS装甲同様に電力消費が著しく、ブリッツガンダムの場合連続80分間という使用時間の制限がある[7][注 3]

劇中での活躍[編集]

オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で製造されたが、 ザフト軍クルーゼ隊による潜入作戦によりイージスバスターデュエルと共に強奪され、以降はその際乗り込んだ同隊のニコル・アマルフィが専任パイロットとなり、アークエンジェル追撃任務に従事する。
特殊な光波防御システムを有するユーラシア連邦の宇宙要塞「アルテミス」にアークエンジェル (ガンダムシリーズ)が避難した際には、ミラージュコロイドを展開して潜行し、光波防御システムが展開される前に取り付いて展開装置を破壊して回り、バスターやデュエル、母艦「ガモフ」が要塞を攻撃する糸口を掴んだ。
また、連合軍第8宇宙艦隊との低軌道会戦では隠密性とMSとしての機動性を活かして敵艦に接近し、グレイプニールやランサーダートで敵艦を次々沈める活躍を見せた。
しかし、唯一連合側に残された試作MSストライクやアークエンジェルとは幾度も戦闘を繰り広げるが撃沈には至らず、オーブを出港したアークエンジェルを待ち伏せしての戦闘で、ストライクと交戦した際にグレイプニール、トリケロスを右腕ごと切り落とされて海に落下。その後ストライクとの闘いでPS装甲ダウンしたアスラン・ザラのイージスを庇い、左腕で1本のランサーダートを持って突撃し、ソードストライカーの対艦刀で胴体を斬りつけられ爆散、ニコルも戦死した。

SEED ASTRAY』では、切断されたブリッツの右腕がオーブ軍に回収され、ゴールドフレーム天に使用されている。

『機動戦士ガンダムSEED Re:』では大気圏内用の専用装備が登場。デュエルと同じくディンの主翼などを流用したユニットだが、こちらはビーム砲の代わりに、補助翼としても使える特殊装備を持つ。これはゴールドフレーム天が持つマガノイクタチのような形状をした2対の鉤爪で、背部からアームで展開し、4つの爪で掴むように相手を拘束する事ができる。単に形状が似ているだけでなく、捕捉した相手のバッテリーをコロイド技術を用いて、強制放電させる(エネルギー吸収やVSアストレイで実装された非接触での強制放電は不可能)など、マガノイクタチの前段階ともいえる機能を持つ。ほか、熱探知対策の為に背部のスラスターカバーが延長されている。

コピー機[編集]

SEED DESTINY ASTRAY B』に登場するリリー・ザヴァリーの一人の機体。基本はオリジナルと同一だが、技術発展の分進んだ技術が投入されており、一例に装甲がVPS装甲に改装、複雑な文様を浮かび上がらせることが出来る(設定画では白をベースに紫とアクセントの黄でカラーリングしている)。 カラーリングはイラストレーターのHIRONOXによって行われた[16]

備考[編集]

設定を担当した下村敬治はインタビューに際し、ブリッツガンダムの武装構成は監督である福田己津央のアイデアであると語っている[17]

ネロブリッツ[編集]

漫画作品『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』に登場。デザインはビークラフトの新谷が担当している[18]

諸元
ネロブリッツ
NERO BLITZ
型式番号 GAT-X207SR
装甲材質 フェイズシフト装甲
動力源 核エンジン[19]
武装
  • 攻盾システム「トリケロス」
    • 3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
  • 6連ランチャー&クロー
    • ダミーバルーン×6
  • 可変アームユニット×2
特殊装備
搭乗者 ダナ・スニップ
設定解説
地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」が、アクタイオン・インダストリー社を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」に基づき、再製造されたブリッツを改修した機体[20]。パイロットはダナ・スニップ中尉。
ブリッツの実質的な量産型であるGAT-SO2R NダガーNの技術が使用され、ユニウス条約に違反して核エンジンが搭載されている[19]。ミラージュコロイドによる隠密行動という戦術は共通しているが、本機では更なる近接格闘能力の向上を目的とした改修が加えられている[20]
型式番号のSRは、「ステルス・リーインフォースメント:Stealth Reinforcement(隠密性強化)」の略であり[20]、機体名の「ネロ」はイタリア語で「黒」を意味する。

武装(ネロ)[編集]

攻盾システム「トリケロス」
左腕に装備された複合武装。改修前に装備されていたビームサーベルとレーザーライフルは撤廃されている[要出典]
3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
ベース機のものと同様の装備。「トリケロス」に設けられた発射口から射出する[要出典]
6連ランチャー&クロー
右腕に装備されたクロー付き6連装ランチャー。ダミーバルーンなども射出可能となっている[21]また、クローは格闘戦や敵の捕獲に使用される[要出典]
可変アームユニット
ベース機との最大の相違点である背面に装備された大型可変アームユニット兼対ビーム戦兵器。大型のクロー1つと小型の3つのクロー、パイルバンカーで構成されており[要出典]、単純な物理兵器でありながら、試験データ上ではPS装甲をも握砕する破壊力を誇る[20][注 4]
また、この装備は内部の屈折率を自由に変化させることで、アームで受けたビームを任意の方向へ送り返すことができるクリスタル化という技術が使われている[22]。クリスタル化時は不可視状態となるので、見えないアームとして使用することも可能である[22]。また、屈折時には内部に充填された液化金属を用いている[23]
ミラージュコロイド
大戦末期の技術革新により、C.E.71当時に比べ、粒子の定着時間が延長されている。加えて本機は核エンジンを搭載しているため、実質上使用時間に制限は無い[要出典]

劇中での活躍(ネロ)[編集]

同僚のエミリオ・ブロデリック中尉が搭乗するロッソイージスと共に、アグニス・ブラーエ達マーシャンの殲滅任務を受け、彼等の母艦アキダリアを追撃した。その能力を生かし、マーシャン達を追い詰めるが、ジェスの介入やエミリオの撃破など、立て続けに不利な状況に陥り、ミラージュコロイドを使って撤退しようとした直後にジェスの援護を受けたディアゴのマーズジャケットの攻撃を受け、大破した。その後、機体はジャンク屋組合によって改修され、技術検証と並行して修復が行われた。

ネブラブリッツ[編集]

諸元
ネブラブリッツ
NEBULA
型式番号 LN-GAT-X207[13]
全高 18.77m[13]
重量 76.11t[13]
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲[13]
動力源 バッテリー[24]
武装
  • 攻盾システム「トリケロス」
    • 50mmレーザーライフル
    • ビームサーベル
    • 3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
  • ピアサーロック「グレイプニール」
  • ツムハノタチ
  • マガノイクタチストライカー
    • マガノイクタチ
    • マガノシラホコ×2
特殊装備 ミラージュコロイドシステム
搭乗者 リリー・ザヴァリー

ライブラリアン」がブリッツを独自改修・再設計した機体で、後述の説明にあるようにライブラリアンの機体では唯一の量産機で20機存在する。型式番号冒頭の「LN」は「ライブラリアン・ネブラ」の略で、「ネブラ」はラテン語で「霧」を意味する。機体カラーの赤は、グゥド・ヴェイアのパーソナルカラーだったものを、リリーが希望したことによる[13]

ブリッツとゴールドフレーム天ミナの融合が図られており、元からある装備に追加して、背中にはマガノイクタチとマガノシラホコを装備したマガノイクタチストライカーを、さらにランサーダートの予備弾を右腕又は右腰に、ツムハノタチを左腕又は左腰にそれぞれ装備することが可能である[13]

頭部は通信機と廃熱性が強化されマスク部の廃熱スリットが追加され、ミラージュコロイドシステムを強化したミラージュコロイドテレポートシステムを装備[13]。名前の通りに機体が瞬間移動していると思われていたが、実際は戦闘エリアに複数存在するネブラブリッツの1機がミラージュコロイドを展開して姿を消し、別の場所で姿を消している別のネブラブリッツが姿を現す事で瞬間移動しているように誤認させているのである[25]。ただし、この機能は搭乗者のリリー同士に備えられた「量子通信」能力が必要不可欠となる[26]マガノイクタチも強化されており、コロイド制御技術の向上により触れずとも強制的に放電できるようになっている[要出典]

ライブラリアンの強化型Gは全機がストライカーシステムに対応しており[注 5]ストライカーパック用背部プラグが追加されている[13]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プラモデルキット「マスターグレード ブリッツガンダム」においては肩部アーマーにコロイド展開用の装置を持つという解釈がなされている
  2. ^ レーダーと目視双方で隠匿するとした資料もみられる[3]
  3. ^ 85分とする記述も存在する[8]
  4. ^ なお、同様の機能を持つ武装として、ザフト軍のグフクラッシャーが装備するインパクトバイスが存在する[20]。ただし、インパクトバイスが炸薬による連撃によって破壊するのに対して、本武装はクローによる握砕である点が異なる
  5. ^ アストレイ ミラージュフレームは対応していない。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ MGブリッツガンダム』付属のデカールを参照。
  2. ^ SEED DESTINY MSエンサイクロペディア 2008, p. 7.
  3. ^ a b データコレクションSEED上巻 2004, p. 30.
  4. ^ a b SEEDモデルVol.4 紅の炎編 2004, p. 38.
  5. ^ MIAブリッツガンダム 2004- 付属データカード
  6. ^ a b c d e SEED MSエンサイクロペディア 2008, p. 86-89.
  7. ^ a b c d e MGブリッツガンダム 2012, p. 10-11- 組立説明書
  8. ^ a b SEED メカニック&ワールド 2012, p. 46-47.
  9. ^ SEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編 2006, p. 95.
  10. ^ a b c d e HGブリッツガンダム 2003- 組立説明書
  11. ^ ファクトファイル第113号 2006, p. 2-4.
  12. ^ a b c d e SEED OFIFICIAL FILE メカ編Vol.1 2003, p. 10-11.
  13. ^ a b c d e f g h i 1/100ネブラブリッツガンダム 2009- 組立説明書
  14. ^ a b 電撃ホビーマガジン2003年2月号 2003, p. 32-35.
  15. ^ 電撃ホビーマガジン2004年2月号 2004, p. 53.
  16. ^ 電撃ホビーマガジン2014年1月号 2014, p. 104.
  17. ^ グレートメカニック7 2002, p. 69-74.
  18. ^ 終わらない「スターゲイザー」”. ASTRAYなブログ. 2020年2月15日閲覧。
  19. ^ a b SEED DESTINY MSエンサイクロペディア 2008, p. 109.
  20. ^ a b c d e STARGAZER コンプリートガイド 2006, p. 68-69.
  21. ^ Δ ASTRAY第2巻 2007, p. 153.
  22. ^ a b Δ ASTRAY第2巻 2007, p. 190.
  23. ^ 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY 公式セトナのなぜなに?質問箱 第11回
  24. ^ モビルスーツ大百科 機動戦士ガンダムSEED 連合・オーブ篇 2011, p. 168-169.
  25. ^ VS ASTRAY Vol.2 2011, p. 33.
  26. ^ VS ASTRAY Vol.2 2011, p. 65.

参考文献[編集]

  • 書籍
    • 『グレートメカニック 7』双葉社、2002年12月。ISBN 4-575-46411-2。
    • 『ホビージャパンMOOK機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.4 紅の炎編』ホビージャパン、2004年10月。ISBN 4-89425-347-X。
    • 『機動戦士ガンダムSEED OFIFICIAL FILE メカ編Vol.1』講談社、2003年2月。ISBN 4-06-334678-1。
    • 『データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日。ISBN 4-8402-2817-5。
    • 『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER コンプリートガイド』メディアワークス、2006年12月。ISBN 4-8402-3729-8。
    • 『ホビージャパンMOOK 機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日。ISBN 4-89425-415-8。
    • 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年7月1日。ISBN 978-4-7580-1108-2。
    • 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月25日。ISBN 978-4-7580-1126-6。
    • 『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY Vol.2』メディアワークス、2011年11月。ISBN 978-4-04-870296-6。
    • 『ガンダムの常識 モビルスーツ大百科 機動戦士ガンダムSEED 連合・オーブ篇』双葉社、2011年11月。ISBN 978-4-575-30366-7。
    • 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月。ISBN 978-4-575-46469-6。
  • コミックス
    • ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY 第2巻』メディアワークス、2007年6月。ISBN 978-4-04-713932-9。
  • 雑誌
    • 『電撃ホビーマガジン 2003年2月号』メディアワークス。
    • 『電撃ホビーマガジン 2004年2月号』メディアワークス。
    • 『電撃ホビーマガジン 2014年1月号』メディアワークス。
  • 分冊百科
    • 『ガンダムファクトファイル 113号』ディアゴスティーニ・ジャパン、2006年12月19日。
  • プラモデルキット
    • 『ハイグレード 1/144 ブリッツガンダム』バンダイ、2003年4月。
    • 『1/100 ネブラブリッツガンダム』バンダイ、2009年12月。
    • 『マスターグレード 1/100 ブリッツガンダム』バンダイ、2012年6月。
  • 玩具商品

関連項目[編集]