ブリル・ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Brill-Building (NY).jpg
タイムズスクエア

ブリル・ビルディングBrill Building)はニューヨーク市マンハッタンの49丁目通り、ブロードウェイ1619番地のオフィス・ビル。タイムズ・スクエアの少し北にある。

音楽事務所やスタジオが入っており、名曲がいくつか生まれた。

「ブリル」は、小間物商で成功し同ビルを買った人物の名字。Victor Bark Jr.が設計し、1931年に Alan E. Lefcourt ビルディングとして竣工。[1][2]11階建て総床面積16300平米。

LLC社が2013年に買収、現在改装中。[1]

ビッグバンド時代[編集]

トミーとジミー。1955年撮影。
バカラック(右)とスティービー・ワンダー。

戦前からたくさんの音楽出版社・事務所が入居していた。1941年のASCAPストライキ中には多くのライターがペンネームを使った。

ブリル・ビルディング産の曲はよくビルボードのトップになり、ベニー・グッドマン楽団や グレン・ミラー楽団、ジミー英語版およびトミー・ドーシー楽団などが演奏した。

この時期の音楽出版社にLeo Feist Inc.、 Lewis Music Publishing、 Mills Music Publishingがある。

また、この時代に活躍した作曲家は以下の通り。

ブリル・ビルディング・サウンド[編集]

キャロル・キング

同ビルと周辺のミュージシャンがつくる音楽はブリル・ビルディング・サウンドと呼ばれ、1950年代後半から1960年代末まで流行した。最盛期の1962年には165の音楽会社が入居し、出版・印刷・デモ作り・レコードの宣伝・ラジオのプロモーターとの契約が一ヶ所でできた。 [3]

キャロル・キングが当時を振り返る:

「毎日小さい個室に乗り込む。そこにはピアノとベンチ(ピアノ用)、、運が良ければ作詞家用のイスがある。そこにすわって作曲していると、となりの部屋から作曲中の歌が、自分のとそっくりなのが聴こえてくる。ブリル・ビルディングでのプレッシャーはほんとうに「すばらし」かった。なぜってドン・カーシュナーがソングライターに競争させたから。彼はよく言っていた。"僕らには新しいスマッシュ・ヒットが必要だ"と。で、あたしたちはみんな部屋に戻って曲を書く。で、次の日にボビー・ヴィーのプロデューサーの前でオーディションするの」

The Sociology of Rock by Simon Frithから[4]

ブリル・ビルディング方式はロックンロールの最初の波がやんだ後に流行り、ある意味でロックンロール以前への逆流だった。歌手などはだれの首もすげかえ可能だったので、出版社・事務所の経営陣に権力が移行した。[5]

作曲家・作詞家[編集]

左からベイヤーセイガー、キング、ワイル、マン
ポール・サイモン(2007年撮影)
ソニー・ボノとシェール

主なアーティスト[編集]

ブリル・ビルディングにゆかりのある楽曲[編集]

主なミュージシャン[編集]

キング・カーティス
  • アレンジャー・指揮者: ティーチョ・ウィルトシャー、ギャリーシャーマン、アラン·ローバー、ジミー·ウィズナー、アーティ·バトラー、クラウスオーガーマン、スタン·アップルバウム。ティーチョ・ウィルシャー
  • ベース:ジョージ·デュヴィヴィエ、ミルト·ヒントン、ラス・サヴァクス、ボブ·ブッシュネル、ジョー·マッチョジュニア、アル·ルーカス、ディック・ロモフ(Dick Romoff)、ジェームズ·ティレル、ジミー·ルイス、ロイド·トロットマン、ウェンデル・マーシャル, チャック・レイニー
  • ギター:アル・ゴーゴニ、カール·リンチ、トレード·マーティン、バッキー·ピザレリ、エベレットバークスデール、ビル・サイカー(Bill Suyker)、ヴィニー·ベル、アル・カイオラ英語版、アル・カサメンティ(Al Casamenti)、アートライアーソン、エリック·ゲイル、ラルフ·カサーレ、チャールズ·メーシー、ヒュー・マクラッケン、ウォーリーリチャードソン、ドン·Arnone、チャールズ·マクラッケン、ジョージ·バーンズ、アランハンロン、サル・ディトロイア(Sal Ditroia)、ケニー・バレル、マンデル·ロウ。
  • ピアノ・オルガン: Ernie Hayes, Paul Griffin, Leroy Glover, フランク・オーウェンズ, Bernie Leighton, Artie Butler, スタン・フリー英語版
  • トランペット: ジミー・ノッティンガム英語版, アーニー・ロイヤル英語版, ジミー・マクスウェル英語版, バーニー・グロウ英語版、Irwin "Marky" Markowitz, ジミー・セドラー,ダッド・バスコム英語版, ラマー・ライト・ジュニア, バート・コリンズ, ジョー・シャープリー
  • パーカッション: George Devens, フィル・クラウス, ボビー・ローゼンガーデン英語版, ウィリー・ロドリゲス英語版, Martin Grupp

アルドン[編集]


1619番地(Brill Building)と1650番地で現在経営中の会社一覧[編集]

ブロードウェイ1619番地[編集]

  • Broadway Video
  • Postworks LLC/Orbit Digital
  • Famous Music
  • Coed Records, Inc.
  • Mills Music
  • Southern Music
  • TM Music
  • SoundOne
  • Helios Music/Glamorous Music
  • KMA Music
  • New Vision Communications
  • Paul Simon Music
  • en:Key Brand Entertainment
  • Maggie Vision Productions
  • Alexa Management
  • TSQ LLC
  • Mission Big

ブロードウェイ1650番地[編集]

  • アルドン・ミュージック
  • Action Talents agency
  • en:Bang Records
  • Bell Records, Inc.
  • Buddah Records, Inc.
  • Capezio Dance Theatre Shop
  • Diamond Records
  • Gamble Records, Inc.
  • H/B Webman & Co.
  • Iridium Jazz Club
  • Princess Music Publishing, Corp.
  • Scepter/Wand Records
  • Web IV Music, Inc.
  • We Three Music Publishing, Inc.
  • Just Sunshine Records
  • Allegro Sound Studios (後にGeneration Sound Studiosへ改名)

フィクションでの登場[編集]

1996年映画グレイス・オブ・マイ・ハートイリアナ・ダグラスがキャロル・キングらしき人物を演じた。

1957年映画『成功の甘き香り』において、このビルは住居用ではないにもかかわらず、主人公(バート・ランカスター)とその妹がブリル・ビルに住んでいる。

参照[編集]

  1. ^ a b Gray, Christopher, "Streetscapes: The Brill Building: Built With a Broken Heart", The New York Times, December 30, 2009
  2. ^ New York City Landmarks Preservation Commission, "Brill Building", New York City, March 23, 2010
  3. ^ “Don Kirshner”. The Daily Telegraph (London). (2011年4月18日). http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/culture-obituaries/music-obituaries/8459328/Don-Kirshner.html 
  4. ^ Frith, Simon (1978). The Sociology of Rock. ISBN 0-09-460220-4.
  5. ^ Covach, John Rudolph. What's That Sound?: An Introduction to Rock and Its History (2nd ed.). New York: W.W. Norton, 2009.
  6. ^ Tom & Jerry meet Tico & The TriumphsBlackCat Rockabilly Europe
  7. ^ egarding Claus Ogerman, his publishing companies and The Brill Building in New York
  8. ^ Beverly Ross 公式サイト
  9. ^ http://darintodream.com/004_02_06.htm

10. ^http://www.allmusic.com/album/oh-carol-the-complete-recordings-1956-1966-mw0000321918/credits 11. ^http://aln2.albumlinernotes.com/Atlantic_-_Volume_Five.html 12. ^http://albumlinernotes.com/The_Bacharach_Sound.html

関連項目[編集]

  • Emerson, Ken (2005). Always Magic in the Air: The Bomp and Brilliance of the Brill Building Era. Viking Penguin. ISBN 0-670-03456-8. Reviewed by The New York Times here.
  • Postal, Matthew A. (2010). "The Brill Building" (designation report). New York: Landmarks Preservation Commission. LP-2387.
  • Scheurer, Timothy E., American Popular Music: The Age of Rock, Bowling Green State University, Popular Press, 1989. Cf. especially pp. 76, 125.

座標: 北緯40度45分40秒 西経73度59分04秒 / 北緯40.7611度 西経73.9845度 / 40.7611; -73.9845