ブルゴーニュ伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブルゴーニュ伯:Comté de Bourgogne )は、現在のフランス東部、フランシュ=コンテを支配した諸侯ブルゴーニュ自由伯ブルゴーニュ宮中伯ブルグント伯などとも呼ばれる。ブルゴーニュ公ブルグント王とは異なるので注意を要する。ブルゴーニュ伯は、神聖ローマ皇帝への臣従義務を免除されていたので、ドイツ語でFreigrafschaft Burgund「フライ・グラーフシャフト(=自由伯領)」ブルグントと呼ばれていた。これがフランス語では、Franche-Comté「フランシュ・コンテ」と称されるのである。

14世紀におけるブルゴーニュ伯領(青色の領域)とブルゴーニュ公国(赤色の領域)の位置関係

ブルゴーニュ伯一覧[編集]

ブルゴーニュ=イヴレ家[編集]

  • オット=ギヨーム(986年 - 1026年)
  • ルノー1世(1026年 - 1057年)
  • ギヨーム1世(1057年 - 1087年)
  • ルノー2世(1087年 - 1097年)
  • エティエンヌ1世(1065年 - 1102年) 1097年以降は名目のみ
  • ルノー3世(1102年 - 1148年) 1127年までは名目のみ 
    • ギヨーム2世(1097年 - 1125年) 事実上の伯
    • ギヨーム3世(1125年 - 1127年) 事実上の伯
  • ベアトリス1世(1148年 - 1184年)

ホーエンシュタウフェン家[編集]

アンデクス家[編集]

  • オトン2世(1208年 - 1231年) ベアトリス2世の夫、アンデクス公、メラーノ公
  • オトン3世(1231年 - 1248年) メラーノ公
  • アデライード(1248年 - 1279年)
    • ユーグ・ド・シャロン(1248年 - 1266年) アデライードの最初の夫
    • フィリップ・ド・サヴォワ(1267年 - 1279年) アデライードの2番目の夫、サヴォイア伯

シャロン家(ブルゴーニュ=イヴレ家)[編集]

  • オトン4世(1279年 - 1303年) 1295年以降は名目のみ
  • ロベール(1303年 - 1315年) 名目のみ
  • ジャンヌ2世(1315年 - 1330年)

カペー家[編集]

カペー=ブルゴーニュ家[編集]

  • ウード(1330年 - 1349年) ジャンヌ3世の夫、ブルゴーニュ公
  • フィリップ1世(1349年 - 1361年) ブルゴーニュ公

カペー家[編集]

ダンピエール家[編集]

ヴァロワ=ブルゴーニュ家[編集]

ハプスブルク家[編集]

ナイメーヘンの和約により、1678年にフランス王国へ併合された。