ブルザイズ東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブルザイズ東京
正式名称 ブルザイズ東京
愛称 ブルザイズ
競技種目 アメリカンフットボール
創設 1993年
本拠地 東京都港区
ウェブサイト 公式サイト

ブルザイズ東京(Bullseyes Tokyo)とは、日本社会人アメリカンフットボール Xリーグ Central Divisionに所属するアメリカンフットボールクラブチーム。「複数市民オーナー制」を採用している。ホームタウンは東京都港区

歴史[編集]

  • 1993年3月チーム設立。独立リーグ「Iリーグ」を組織してリーグ戦を行う。
  • 1994年 日本社会人アメリカンフットボール協会に準加盟を果たし、準加盟リーグで全勝優勝。
  • 1995年 関東社会人2部リーグに所属し、ブロック優勝。同1部との入替戦にも勝利する。
  • 1996年 「Xリーグ」発足に伴うリーグ再編によりメトロポリタンリーグⅠ部に所属し、全勝優勝。
  • 1997年 メトロポリタンリーグⅠ部所属。優勝(6勝0敗)
  • 1998年 Jr.Xカンファレンス移行。1勝3敗(Aブロック)
  • 1999年 X3 CENTRAL 優勝 (5勝0敗)
  • 2000年 X3 CENTRAL 2位 (4勝1敗)
  • 2001年 X3 CENTRAL 優勝 (4勝1敗)X2-X3入替戦勝利。
  • 2002年 X2 EAST 5位 (1勝4敗)
  • 2003年 X2 CENTRAL6位 (5敗) 日本美容専門学校のスポンサード チアリーダーOxlip
  • 2004年 X2 EAST4位(2勝3敗)
  • 2005年 X2 EAST 優勝 (5勝0敗) X-X2入替戦敗退 下館ゴルフ倶楽部のスポンサード
  • 2006年 X2 CENTRAL 優勝 (3勝2分)X-X2入替戦、X空位決定戦敗退。
  • 2007年 X2 CENTRAL 優勝 (4勝1敗)X-X2入替戦敗退。
  • 2008年 X2 CENTRAL 優勝 (5勝0敗) ROCKBULLの入替戦辞退によりXリーグ昇格。
  • 2009年 X CENTRAL
  • 2010年 X EAST 1st Stage 1勝4敗 2nd Stage 0勝2敗 総合10位
  • 2011年 X EAST 1st Stage 1勝4敗 2nd Stage 1勝1敗 総合10位
  • 2012年 X EAST 1st Stage 1勝4敗 2nd Stage 0勝2敗 総合11位 入替戦[警視庁戦]敗退/X2降格
  • 2013年 X2 CENTRAL 3位(4勝1敗)
  • 2014年 X2 EAST 3位(3勝2敗)
  • 2015年 X2 EAST 優勝(5勝0敗) 昇格戦勝利によりXリーグ昇格
  • 2016年 X-League Central Division 
  • 2017年
  • 2018年 X2 EAST 優勝、X1 Area自動昇格

チームの特徴[編集]

複数市民オーナー制[編集]

通常、実業団チームやクラブチームは特定企業からのスポンサードを得て運営費用を賄っているが、ブルザイズ東京は、1997年度よりNFLグリーンベイ・パッカーズの市民株主(オーナー)制度を応用し、 複数市民オーナー制(通称:グリーンベイ方式)を創設。複数の個人オーナー及び法人スポンサーからの年会費をチーム運営費に充当する制度を採用している。2016年は8社のスポンサー、12名の個人オーナー、100名以上の後援会員がチームを支援。

チーム名の由来[編集]

英語の"bull's eye"には「目標を達成すること」「標的の中心」という意味が有り、"Bullseyes"とは「一番に向かって自らチャレンジする人達」という意味の造語である。ヘルメットのマークはそれをモチーフに、雄牛をデザインしている。

チームカラー[編集]

ブルー・ホワイト

その他[編集]